ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

C-コレNo.31/32/33



ちゅゆ

あけましたね。

そして

ことしの
なちゅは

おぼん明けが
あちゅさの
ぴーく

9月も
あつあつー

という

世にも
おぞろじい
魔法(予報です)

でてましたね。


すでに

聞いただけで
おかしくなってしまった
おぢでございます(もとからか)



気を取り直して
今日はC-コレをお届けしようと思っておりますの。


ええ。

今回もまた
ずいぶんと前に写真を撮らせてもらい
忘れた頃の更新でしゅ、、、m(^^)m




No.31
Tさん作 刺繍模様カップ


d0133128_22111029.jpg













土:信楽
成形:手びねり
装飾:赤下絵具
釉薬:透明


生成り色の飲みやすそうなかたちに
ナチュラルな赤い模様がぴったりな
愛らしいカップ。
なんとなく作者のイメージに重なります。


模様は
刺繍のデザイン画集からヒントをいただいたそう。
いろんなものが参考になりますね。


この作品の評判がよかったため
これ以降、この赤い下絵具
工房内でちょっと流行ってます(笑)





No.32
Yさん作  浅水色のカップ


d0133128_22273893.jpg













土:2号土
成形:手びねり
装飾:白化粧
釉薬:浅水釉


装飾とハンドル位置のバランスが
絶妙なカップ。

鉄分の入った土を使って
ニュアンスを出しつつ
白化粧で浅水らしい爽やかな色合いも
両立させました。


作り方としては
2号土で成形後、白化粧を塗り
少し乾燥させたあと
金のこで表面を削り

素焼き後

白く残した帯状のところには透明釉薬の後に撥水剤、
その後全体に浅水釉薬をかけ

最後に
ハンドルの角の部分の釉薬を少し削り取って
シャビー感を出しました。

隠れたところに丁寧なお仕事あってこその
自然な仕上がりなんですね。




No.33
Mさん作 掻き落とし柄カップ


d0133128_22404649.jpg













土:混土
成形:手びねり
装飾:紺化粧泥
釉薬:透明釉



ベテラン会員Nさん大絶賛の
そばちょこ型のカップです。


本来なら、あまり溶けることのない化粧泥が
少し流れた感じになって
全体も青みがかっています。
還元で焼いたような深みが出ました。


作り方は、成形後
紺色の化粧泥で絵を描き
細かい部分を針で掻き落とししています。
Mさんは、こういう絵をササっとと描いてしまう才能をお持ちの方。


ただし
今回は土と釉薬の相性
また窯の中で隣にあったものなど
いろいろな条件が揃ってこの色が出たのだと思うので
次回も必ず同じようにいくかどうかはわからず、、、


本当に、これが
陶芸の難しいところなんですが


最後に窯の神様に委ねる工程が入るという意味では

それが陶芸の面白いところ、でもありますね♪



かたち









<学生さん通信>
未だ浮かばずで今回も行けそうもなく、、、(悲)
最近ではこのままでもいいのかなってときもあったりで。
でもどちらにしてもずっとずっと応援しています〜♪
















by katachi_web | 2016-07-28 23:17 | ● C-コレ
<< 8月の窯(2016) 7月の窯(2016) >>