「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

カテゴリ:● C-コレ( 17 )

C-コレNo.31/32/33



ちゅゆ

あけましたね。

そして

ことしの
なちゅは

おぼん明けが
あちゅさの
ぴーく

9月も
あつあつー

という

世にも
おぞろじい
魔法(予報です)

でてましたね。


すでに

聞いただけで
おかしくなってしまった
おぢでございます(もとからか)



気を取り直して
今日はC-コレをお届けしようと思っておりますの。


ええ。

今回もまた
ずいぶんと前に写真を撮らせてもらい
忘れた頃の更新でしゅ、、、m(^^)m




No.31
Tさん作 刺繍模様カップ


d0133128_22111029.jpg













土:信楽
成形:手びねり
装飾:赤下絵具
釉薬:透明


生成り色の飲みやすそうなかたちに
ナチュラルな赤い模様がぴったりな
愛らしいカップ。
なんとなく作者のイメージに重なります。


模様は
刺繍のデザイン画集からヒントをいただいたそう。
いろんなものが参考になりますね。


この作品の評判がよかったため
これ以降、この赤い下絵具
工房内でちょっと流行ってます(笑)





No.32
Yさん作  浅水色のカップ


d0133128_22273893.jpg













土:2号土
成形:手びねり
装飾:白化粧
釉薬:浅水釉


装飾とハンドル位置のバランスが
絶妙なカップ。

鉄分の入った土を使って
ニュアンスを出しつつ
白化粧で浅水らしい爽やかな色合いも
両立させました。


作り方としては
2号土で成形後、白化粧を塗り
少し乾燥させたあと
金のこで表面を削り

素焼き後

白く残した帯状のところには透明釉薬の後に撥水剤、
その後全体に浅水釉薬をかけ

最後に
ハンドルの角の部分の釉薬を少し削り取って
シャビー感を出しました。

隠れたところに丁寧なお仕事あってこその
自然な仕上がりなんですね。




No.33
Mさん作 掻き落とし柄カップ


d0133128_22404649.jpg













土:混土
成形:手びねり
装飾:紺化粧泥
釉薬:透明釉



ベテラン会員Nさん大絶賛の
そばちょこ型のカップです。


本来なら、あまり溶けることのない化粧泥が
少し流れた感じになって
全体も青みがかっています。
還元で焼いたような深みが出ました。


作り方は、成形後
紺色の化粧泥で絵を描き
細かい部分を針で掻き落とししています。
Mさんは、こういう絵をササっとと描いてしまう才能をお持ちの方。


ただし
今回は土と釉薬の相性
また窯の中で隣にあったものなど
いろいろな条件が揃ってこの色が出たのだと思うので
次回も必ず同じようにいくかどうかはわからず、、、


本当に、これが
陶芸の難しいところなんですが


最後に窯の神様に委ねる工程が入るという意味では

それが陶芸の面白いところ、でもありますね♪



かたち









<学生さん通信>
未だ浮かばずで今回も行けそうもなく、、、(悲)
最近ではこのままでもいいのかなってときもあったりで。
でもどちらにしてもずっとずっと応援しています〜♪
















by katachi_web | 2016-07-28 23:17 | ● C-コレ

C-コレNo.30



なんだか急に“しけしけ”してきましたね。


土も乾きにくくなり
季節の動きを感じる今日この頃、
みなさまお元気にお過ごしでせうか?


訳あって
このところブログが滞りがちですが
工房は元気に続けております。


本格的な梅雨に入る前には
外観のリニューアルも終了予定。
楽しみ〜♪


さて
今日は久しぶりに
C-コレをお届けします。



d0133128_21221813.jpg














C-コレNo.30
Mさん作
しのぎフりーカップ&ソーサー


土:大島耐火・半磁器
成形:手びねり
釉薬:乳白結晶釉



実は少し前に
写真を撮らせてもらっていたのに
おぢがぐずぐずとUPしない間に
すでに売れてしまったらしい作品です。


窯出ししてから
たくさんの方に
作り方についてご質問をいただいたこともあって
記念すべき(?)C-コレ30回記念で
コレクション入りとさせていただきました。


作り方は
手びねりで成形後
通常の削りより少し柔らかめの状態で「しのぎ」、

素焼後
ベンガラで錆びた感じを出して、
乳白結晶釉をムラ感がでるように拭き掛けています。


この錆びたような質感と
温かみのある作風は
作者Mさんならではのものです。


それに触発されて
すでにこの作り方を取り入れている方がいるのですが
不思議とその作品は
また別の印象だったりして、、、

それが
作者の個性ですね。


同じ作り方で作っても
決して同じにはなりません。



だからこそ、

よい作品の作り方は
これからもどんどんご紹介していきたいと思います。


幸いこのお教室には
以前に他のお教室に通っていたという方がたくさんいるので


それぞれがもっている
土への学びを持ち寄って


会員同士
常に「モノづくり欲」を
交換、刺激し合える場で
ありたいと願って。


かたち




<看板犬(見習い)通信>

テトです。
相変わらず大きくなりませんが
わたしったら最近
いびきがひどいんです。


d0133128_21245312.jpg




















<学生さん通信>
復学しました!
今期そちらの分野の履修もしています。
教えていただきたいことがたくさんです〜♪






by katachi_web | 2016-05-25 21:44 | ● C-コレ

C-コレNo.29



よく降りました〜

みなさま、お元気でせうか。


この時期
湿度が高くて陶土が乾かないのは大変ですが
万年荒れた手が、何やらしっとりしているのは
うれしい。


みなさん、握手をするなら今ですよ〜(誰もいらんか)




さてさて

6月も本焼を2回やっていまして
その2回目の窯から出た作品の中から

今だけ限定の釉薬を使ったカップを
ご紹介します。



C-コレNo.29
Yさん作 
月白釉コーヒーカップ


d0133128_2213187.jpg











土:半磁器・土鍋土
成形:手びねり
釉薬:白月釉薬



個性的で、繊細なハンドルが印象的な作品です。


まるでロクロ成形のような美しさですが
Yさんはいつも手回しロクロを使用。

その集中力で
美意識が高い彼女ならではの作品を
ささっと作ってしまいます。


デザイナーさんというご商業柄
頭の中で最終形が明確になっていることも
高い完成度に繋がっているのでしょう。


この釉薬は、おぢが昔作ったもので
ごく淡い青っぽさが
還元で焼いているかのような
効果を生んでいて
繊細なこの作品にはぴったり。



写真ではわかりにくいのですが
吹きがけしているため
ごく薄い部分があり
それが土鍋土と反応し
すこし茶色っぽい部分が残っているのも
アジアの陶器な感じで
いいのです(マニアックですみません)



中身は何が似合うかな?

台湾の工芸茶?
ベトナムコーヒーもいいな。



ちなみに
おぢの釉薬レシビノートはあてにならなず(書き間違えが多く、やっても同じならない)
この釉薬も再現できそうもないため
お使いになる方は、どうぞお早めにお願いします?!



かたち






《ファミファミ通信》
本当になんら変わっていなのです。感謝、尊敬、役に立ちたい気持ち、れいんぼう、、、
ただ、何かこちらから動く⇨キズつく、といった反射のような構造が、意識下に刷り込まれてしまったか、意識的なコントロールがきかない。この間、それはいろんなことを試してきたけれど、どうしてもそれを払拭することができず今月も行けそうにないです(元々意識下が勝る人なので・涙)。
もしかしたら、長らく、その時々の自身の気持ちを笑って見ないようにして、大切に扱ってこなかった罰なのかもしれません。
でもそれは、被害者意識とかでは全くなく、やり方を変える必要があることを、どこかが教えてくれているのだと思うのです。1日も早く、新たらしい、ワクワクする方法を見つけられると信じています♪










by katachi_web | 2015-07-05 22:38 | ● C-コレ

C-コレ№27と№28




先日の『C‐コレ№??』でご紹介させていただいた
作者のおひとりから

「これからは(Cコレに)載るのを目標にしようと思った、、、」との
お言葉をいただきました。


ううっ、そんなふうに思ってもらって
おぢもうれしいよぅ。


というワケで~


C‐コレ№27と28
のご紹介です(正確な番号もわかりました・笑)



Tさん作
呉須絵カップ

d0133128_228455.jpg













土:赤2号土1:近江土1
成形:手びねり
装飾:化粧泥・焼貫ゴス(呉須)
釉薬:乳白釉



おおらかな模様の染付が
印象的な汲み出しです。


ダミは(ゴスの薄い部分)、
薄いゴスをたっぷり含ませた筆を
迷いなく動かしていくのがポイント。

その上に濃いゴスで
骨描きをしています。

染付といえば、普通は透明釉をかけますが
敢えて、乳白釉を施すことで
ゴス絵部分は、ほんわり
化粧泥を塗っていない土の色の部分は、薄めのグレーになって
全体的に優しい雰囲気に。


「絵はニガテで、、、」と言う方に
トライしやすい組み合わせですね。



続いて


C‐コレ№28
Mさん作 掻き落とし文様カップ


d0133128_2282330.jpg











土:赤2号
成形:手びねり(水挽き)
装飾:白化粧泥・黒化粧泥
釉薬:透明釉



Mさんは、月曜午前クラスで
“常にきっちり丁寧なお仕事をされる”ことで有名な方。
今回、ビアカップに初挑戦されました。


このカップのポイントは
何と言っても口元に施した
掻き落とし技法。

白と黒の2色の化粧泥を各3回塗り重ねてから
上に塗った化粧泥だけを、針で引っ掻き、文様を出しています。

力を入れすぎると、2色とも削ってしまい
下の土の色が見えてしまうので、難しいのですが
さすが、Mさん、美しく仕上がりました。


さらに、全体に金ノコの削り目を、敢えて残すことで
化粧部分とのテクスチャーの違いが、より鮮明になっているのも
多くの方の参考になりそうです。




以上、C-コレ2作品でした。




かたち









≪学生さん通信≫
水無月とか書かれるとへコんでしまい、、、
だけど根が楽天的なので少しすると忘れていて、気づくとハンカチ染めてますの♪
迷惑???











by katachi_web | 2015-06-07 22:22 | ● C-コレ

c-コレ№??

以前ここで「勝手にカップコレクション」という
シリーズものをやっていたのを覚えていてくれる方が
いますでしょうか?


会員が作ったカップ作品の中から
コレクション登録をさせてもらうというもので


選ぶ基準は
多くの人に参考になる技法だったり
お人柄があらわれているものだったり
キラリと光る個性だったり
文字通り勝手でした(笑)


最近窯から出た作品の中に、
「これはどうやっているんですか?」と
質問を受けることが続き
そう言えば、昔はコレクションをやっていたわね~と
思い出したのです。


しかし、あまりに久しぶり過ぎて
コレクション番号がどこまできているのかが不明に。

(「c-コレ」という「カテゴリ」内を見ると
№10で止まっているのですが、絶対もっとあったはずなので)



次回のコレクションまでにはちゃんと調べておくので
今回そこは許してねー
ってことで

№はわかりませんが
久々のc-コレです!




C-コレ№??
水曜日午前会員Mさん作 「シャビーカップ&ソーサー}



d0133128_20531456.jpg














土:大島耐火・半磁器
成形:手びねり
装飾:しのぎ、ベンガラ
釉薬:乳白結晶


コメント:
いつも圧倒的な個性が光る、Mさんの作品。

よく、「陶芸と言ったら、ロクロ成形か手びねりか?」
というようなことを聞く人がいますが
そんなときおぢは
「それは手段であって、目的ではないのでどちらでもないかと・・ごにょごにょにょ」
となってしまいます。

その人がこういうものが作りたいという思い(目的)が大切なのであって
手段が先にくるというのは、違うと思うので。

その点、Mさんの作品は
ロクロで作ろうが手びねりだろうが
最終的にMさんの色になっていて
その話を体現してくれます。


作り方としては
土は、強度とやりやすさを考えて
半磁器土と大島耐火が半々。

手びねりで成形後
カップ、ソーサーともに
しのぎを入れて、仕上げます。


素焼後
錆びっぽい感じにしたいところに
ベンガラをのせて
乳白結晶をムラになるように
吹き掛けをしています。


乳白結晶は、とても面白い釉薬で
薄いと黄色っぽいカサカサ
濃いと白いツヤありマット
さらに濃いとカサっとしたピンクになります。


この作品は
中が白いマットなので使いやすく
外は狙い通りのシャビー感。


1つの釉薬でいくつもの
表情が出ているよい例ですね。






続いては


Cーコレ№??
月曜午後会員Mさん作 「呉須霧コーヒーカップ」


d0133128_2113574.jpg















土:赤4号
成形:手びねり
装飾:呉須
釉薬:霜降り


コメント:そのぽってりした印象が安心感を与えてくれるコーヒーカップです。


自然に見える取っ手は
普通に付けてから一週置いて
少し乾いた状態(カタチが変わらない状態)になってから
再度、土を丁寧に足していっています。

それが本体との一体感をうみ
あたたかい雰囲気を醸し出すことに成功しました。


そこに
斬新な呉須の模様。



濃いめに掛けた
霜降り釉が
呉須を良い感じに溶かしてくれて


バランスのよい作品に仕上がっています。


作者は、この組合せをよく使っているのですが
今回ほど
「これは何をかけているのか?」と聞かれたことは
ありませんでした。

おそらく
それくらい
この作品のカタチと、模様と、色が
ぴったり合っていたのでしょう。



以上、
2点とも
多くの方の次につながるカップで
コレクション入りとなりました♪



かたち








≪ファミファミ通信≫
ありがとうございます(嬉)楽しみです。よろしくお願いしますm(- -)m

by katachi_web | 2015-04-20 21:26 | ● C-コレ

C-コレ№23と№24

まずは今月1回目の窯から
いきなりのC-コレ、です。

じゃん。

d0133128_10533784.jpg











C-コレ№23
Mさん作 「小さなスープカップ」

土 :信楽
成型:手びねり
装飾:黒化粧+弁柄の描き落とし
釉薬:透明釉




さらに、じゃん。


d0133128_10541546.jpg















C-コレ№24
Kさん作 「象嵌フリーカップ」

土 :近江土
成型:手びねり
装飾:白化粧
釉薬:ビードロ釉



コメント:

久しぶりの『勝手にカップコレクション』(C-コレ)に
エントリーさせていただいたのは
Mさんの小さいサイズのスープカップと
Kさんのフリーカップ。

お二人とも陶芸を始めてまだ日が浅いのに
「化粧泥の技法」が映える昨品に仕上がりました。


まずは、Mさんのスープカップからいきますと

成形後、削り&取っ手付けをして強めに乾燥
黒化粧と弁柄を混ぜたものを帯状に刷毛塗して
針でかき落としました。

釉薬は、透明釉を薄めに吹き
ツヤ感控えめで現代的な印象に。

そして何と言っても
「絵」がご本業のMさんだけに
かき落としのイキイキした線が光る☆作品になっています。



そして
Kさんのフリーカップは
成形、削り後に
針で線彫り、白化粧の象嵌を施しました。

外側の象嵌の部分を無釉にして
土味を残したところがポイント。
近江土の良さが最大限に活きています。


なんと、Kさん、陶芸を始めて
これがまだ3作品目だそうで
ひとつひとつ
丁寧な仕事ぶりがうかがえる作品です。


という訳で
今、窯出しを待つ今月2回目の窯にも
C-コレエントリー作品
期待しています♪

おしまい。




おぢぢ通信

ややや、久しぶりの更新。うれしいな。


最近、珍しくいっぱい働いていているので(他の人の普通くらいか?)
いろいろなことが100歩進みました。

あと3日間で目指せ500歩です。

よい春が迎えられるよう、がんばります。

by katachi_web | 2012-02-29 11:00 | ● C-コレ

C-コレ№22

工房では今月2回目の窯が
数分前にスタートしました。

寒い中
窯詰をしていて
ふと思い出したのですが

数年前の冬
この窯場の床下で
noraが子供を産みました。

定期的に暖かくなること
親猫は知ってたのだと思います(さすが



そう言えば

今流行りだという
『ゆるかわ』『脱力系』だって

猫は大昔からやってますよね?(さすが2



さてさて

今日は
約2か月ぶりに
C-コレをお届けしてしまいます。

じゃん。


d0133128_2140121.jpg












C-コレ№22
Yさん作 「ルーシー・リーのカフェオレボウル」

土 :半磁器
成型:手びねり
装飾:イッチン、弁柄
釉薬:カナリア釉、チタンマット釉

コメント:
陶芸は「学生のとき以来」というYさん。

工房では、初めてとなる2作品ですが
この完成度はさすがです。

ルーシー・リーがお好きだとのことで
技法を取り入れながらも
オリジナルのカフェオレボウルに仕上がっています。

作り方としては

半磁器土で成形、削り後
同じ半磁器のドべをイッチンで盛り
イボイボ?を付け
素焼へ。

次に
写真右は
イボの先端に丁寧にペーパーをかけ
弁柄を施した後
チタンマット釉を
内側は濃いめに
外側は薄めにそれぞれ吹掛け

薄く吹いたところと弁柄が反応して
うっすらサーモンピンクになっているのが
やさしい印象を与えています。

左側の器は
カナリア釉を全体に厚めに吹いたことで
現代釉ならではの
モダンなボウルになりました。

作りたいものが明確なYさんなので
釉薬のテストを繰り返しながら
頭の中のイメージと
出来上がりの差を
少しずつ縮めていけたらいいなと思います。
これからも楽しみです。



そしてここからはお話変わって
ぼけおぢです。

昨日は
授業の最後に
『テスト』なるものがありました。

マークシートなんて何年振り?
だったので
回答の仕方を忘れてまして

回答欄の四角の中に
レ点(チェック)を入れてる始末。

途中
周りの人の鉛筆をこする音を聞き

「答えのところを塗り潰すんだった!」と

イチからやり直し。

出来具合を含め
単位
だいぶ心配です、、、(しくしく


それでも
今回のスクリーング期間を
自分なりに乗り切ったので

そのご褒美として
終了後は
急いでお芝居へ、、、


ぐふふふ。

当日券は
補助席だったので
近くで観られちゃったのも
よかったみたい。

幸せでした。


あ、なんでこんなに好きかは
聞かないで。
たぶん、魔法
かかってますから。


とにかく
役者さんたちから
たくさんのエネルギーをいただき
とっても元気になりました。

m(- -)m

来月も行きたいな、、、
もうひとつの課題も
がんばれる
かな(大口?



by katachi_web | 2011-11-28 22:35 | ● C-コレ

C-コレ№10

昨日、1月末日に焚いた本焼の窯出しを終えました。

そして、出ましたよ。
久々の勝手にカップコレクション入りが!

思えば、このコレクションは
楽しみにしているブログに
“シリーズ”ものが載っていて
「いーな、いーな」と思ったのがきっかけでした。

しかし
その楽しみブログは
最近全然更新がなく、泣くおぢ。(←ここがおぢ?

C C-コレクションを元気に続けて
更新を待ちましょ~ということで(へ?

約2か月ぶり、しかも記念すべき№10をお届けいたします!

d0133128_958269.jpg
















C-コレ№10-1(写真 右)
会員 Sさん作 「グラデーションカップ」
土 : 黒土
成型:電動ロクロ
装飾:上部白化粧刷毛塗り
釉薬:鉄赤500

コメント:昨年10月に会員になられたばかりのSさんですが
個性的な大きなコーヒーカップで堂々のコレクション入りです。

実は、色のグラデーションは、釉がけをした本人以外、焼きあがってきて
初めてわかるものです

なぜなら、釉薬を濃く吹いたところは「赤く」
薄く吹いたところは「黒く」なる性質を利用した技法だから。

なので、色の出方を想像しながら霧吹きで釉掛けしていく作業は
技術と集中力が必要だったはず。

努力の甲斐あって、自然なグラデーションとナチュラルな光沢が
美しく仕上がりました。


さらに。

C-コレ№10-2(写真 左)
会員 Iさん作 「しましまカップ」
土 : 大島耐火
成型:手びねり
装飾:茶化粧泥象嵌
釉薬:ビードロ・黄伊羅保

Iさんもかたちで作陶され始めてからは日が浅く、これは
3つ目の完成作品となります。

外側に茶色の線象嵌を入れたことで作品全体がシャープな印象になり
対照的な丸い取っ手と良いバランスを生んでいます。

中はビードロ釉を流し掛け、外側は黄伊羅保釉を薄く吹きました。
伝統的な釉薬がモダンなカタチと上手くかみ合ったカップです。


2つのカップの共通点。
それは、それぞれの良さが上手く引き出されているところでしょうか。

Sさんは、男性らしい“力で引くロクロ”の魅力に、板作りのような取っ手と
黒と赤の強いコントラストが映えていますし

Iさんの方は、丸い取っ手、中の飲み物の色がわかるよう使い勝手を優先させた
配慮で、女性らしい印象。

どちらも持ち味を最大限に活かす作品で、初のコレクション入りとなりました!

by katachi_web | 2011-02-05 12:56 | ● C-コレ

C-コレ№9 (plus ごんた)

昨日も今日も
あたたかで
うれしかったです♪

そのせいでしょうか
工房近くの
ぐ~たらアイドル犬
”ごんた”に異変が。



こちらが以前にもご紹介した
いつもの姿。
d0133128_2345827.jpg


















大げさでなく
見ると
ほぼ100%の確率で
うとうと。




昨日のごんたは
違ってました。

d0133128_2352578.jpg

















もしや
もしやの
番犬風?!


さらに
今日の午後Aさんが見たときにも
ゴキゲンで誰かに飛びついていたらしく、、、


2日続けて起きてるなんて
今までのごんたからは
考えられないことです。


犬にもキャラ替えがあるのかな。
今後も注目したいと思います。


さて。
工房の重大ニュースのあとは


今日、やっと全員の許可を得ることができた
C-コレ№9です!

d0133128_011461.jpg















C-コレ№9
会員 Tさん作「カップ」
    Kさん作「一輪挿し」
    Mさん作「ふたもの」

土 : 黄土・近江土・信楽(白)
成型:手びねり・電動ロクロ
装飾:緑化粧泥
釉薬:チタンマット釉・乳白結晶釉・乳白釉


コメント:今回は変則的にカップ以外のものも
同時にコレクション入りです。

その理由は
これらの作品にすべて共通した装飾が行われていて
偶然にも同じ窯から出てきたから。

その装飾とは「緑化粧泥」を使ったもの。

緑色なんてどこにもないじゃない?と思った方。

そのはずなんです。

今回は緑化粧泥の中で緑を発色させている
金属「クロム」と

釉薬の中に入っている金属「チタン」が

窯の中で化学反応をおこして
「ピンク色」になる

その効果を狙った装飾なのです。


それぞれ
使った土も釉薬も違うのですが
淡いピンクがやさしく発色。

まるで
なつおぢさんのような色、です(ブーブーブーイングー


by katachi_web | 2010-12-05 00:35 | ● C-コレ

C-コレ№8

本焼窯を一旦締め切らせていただきました。
次回は展示会終了後、27日(土)の予定。

作品展前
ラストの窯は
明日の
上絵窯となりそうです。


当たり前ですが
工房には現在
完成作品があふれてます。

これはチャンス?!
久しぶりにいってみましょう。
C-コレ№8です。

d0133128_22494167.jpg














C-コレ№8
会員 Mさん作 「テキスタイルそばちょこ」

土 : 大島耐火(白)
成型:電動ロクロ
装飾:下絵の具
釉薬:透明釉


コメント:

なぜ「そばちょこ」がカップコレクションに?
なんて細かいことは気にしないでね(笑

「そばちょこ」は万能カップですから。

信楽より白く上がる土に
オリジナルの色に調合した下絵の具が映えてます。

図案は
テキスタイルからヒントをもらったようで
明るくモダンな印象に仕上がりました。

写真左のカップの細い線は
撥水剤の効果を使って実現させたもの。
(詳しく知りたい方は後日ご質問ください)
細かい作業です。

透明釉は
内側しっかり浸しがけ
外側を軽く吹くことで
せっかくの絵が流れる心配も
内側の使用感を気にする心配もクリアしました。


作者の水曜午前会員のMさんは
今年の夏くらいにご入会いただいた方ですが
以前は別のお教室で長く作陶されていたそうです。
(陶房かたちはなぜかそういう方が多い)

今回
6年近いブランクがあってのロクロ成型。

その間増えたご家族の分も
揃えられたことがうれしい
幸せのカップです(だから、そばちょこです!

by katachi_web | 2010-11-18 00:02 | ● C-コレ