ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

よく降りました~


今日も不思議なお天気でしたが
「なひや姉妹」は
荻窪「六次元手作り市」に参加させていただきました☆

d0133128_23252422.jpg
















六次元さんは
伝説のJAZZ BARだった頃の内装などを活かした
趣ある素敵なカフェ&ギャラリー。

出展者さんも個性豊かな方が多く
他の手作り市とは一味違う
アーティスティックな市でした。

温もりあるテーブルと
おしゃれなランプの光効果か
「なひや姉妹」の作品も
いつもと違う一面が見られた感じです?

足をお運びいただいたみなさま
お世話になったスタッフの方々
他の出展者のみなさん
どうもありがとございました!!!

さらにここで。

久々の「奈津おぢさんの可愛い人コレクショ~ン」

d0133128_23304093.jpg























とっても可愛い「六次元」の道前宏子さん。
「なひや姉妹」のアクセサリーをしてくださったところをパチリ。

アクセサリーを撮るフリをして彼女の写真を撮っている
奈津おぢさんのウキウキ状態
みなさまに伝わってしまいそうですね(笑)
by katachi_web | 2009-05-31 23:42

なでなでの日


走り梅雨でしょうか。
雨がしとしと
肌寒い1日です。

陶房では午後から窯出しを行いました。

d0133128_16461757.jpg

















今回の窯は「なひや姉妹」の数字入り作品の他
粉引に鉄絵を施した新作と
注文いただいた角皿がメイン。

この子たちはこれから
砥石で研磨→水洗い→乾燥→シリコン処理→再び乾燥に入ります。

この工程はまるで
自分の子供を「なでなで」しているみたいだなぁと
いつも思います。

使ってくださる方に可愛がってもらえるよう
最大限にきれいにする親心?!
とても好きな時間です。


「なひや姉妹」の作品は
31日に荻窪で行われる「六次元手作り市」に出展します。

定番の数字シリーズ以外に
今回は違うマークもこっそり。

器好きの方の心の扉
開けられますように、、、

d0133128_1762735.jpg
by katachi_web | 2009-05-28 17:11

梅雨になる前に


緑あふれる季節です。

陶房の入り口前にいちごがなっている様子をお伝えしましたが
隣にある祖母の家の前も
すでにこんな感じに緑に覆われています。


d0133128_1046387.jpg



















こうなるとわたしはうれしくなります。

何がうれしいって?


緑がきれい!

ではなくて

猫が頻繁にやってくるから(笑)


たぶん、木が茂ると
隠れやすいと思うからなのでしょうか

木陰でお休みしていたり
土の上で身体をごろごろしてたり。

雨の日以外は
ほぼ毎日の猫訪問があるのです。

今年も梅雨になる前に
たくさんの猫に会えるといいなぁ~♪



雨と言えば。

17日の日曜日 「なひや姉妹」で出展予定だった
鬼子母神「手造り市」

雨のため中止でした。

ちょうど会員の方たちが遊びに来て下さると言って
いたので なおさら残念、、、申し訳ありませんでした。


今後の「なひや姉妹」の活動については
しっかり者の3女が書いてくれている
「なひや姉妹ブログ」をご覧ください。

今年の姉妹は
例年になく働く気になっておりまして(笑)
日々制作にいそしんでおります~
by katachi_web | 2009-05-21 11:29

ワークショップクラス増設のお知らせ☆


「陶房かたち」では
6月より新たに
水曜日午前中のワークショップクラスを
開講することになりました。

初回は6月3日10:00amから。
他のクラス同様 月に4回となります。

現在 月曜午前中クラスが定員一杯のために
午後のクラスにお越しいただいている会員の方も
ご都合合いましたら ぜひご利用くださいませ。


さてさて

それにしても今日は気温が上昇。
でも
湿度は低く 爽やかで気持ちのよい一日でした。

四季のある日本では
昔から季節のお料理に合わせて器を変えますが

今日は不思議に
白い器の「釉薬」がいつもより美しく見えて
器から料理を決めることになりました。


海外で買った絵や香水が
日本に持って帰ってくると
色が違っていたり
香りがきつかったりするのは
「湿度」が関係していると言います。


もしかしたら
お料理がのっていない「器」それ自体にも
湿度や気温の関係で
美しく見える「旬」があるのかもしれません。

d0133128_2359899.jpg

by katachi_web | 2009-05-19 00:00

陶房の前には塩


陶房の前では今
可愛い「いちご」が揺れています~

d0133128_218431.jpg




















こんな風に書くと
まるで最初から自分で育てたようですが

実は先日の「かたちマーケット」で買った戦利品。
すでにいちごの子供たちがなっていたものをゲットしたのです。

でも
「サボテンを枯らす女」と言われているわたしのことなので(笑)
この子たちが色づいていくのをドキドキしながら見守る毎日でした。

ここまでくればちょっと安心?!
あとは収穫のタイミングだけのよう(ホっ)

と、親ごころ?を話していたら

会員の方から
「真っ赤になるのを待っていたらその間にナメクジに中身だけ食べられたことがあるわよ~」

「・・・・

う~、塩 撒いときます」

という訳で

現在 陶房前には「盛り塩」ならぬ「撒き塩」がされております。

ワークショップにお越しのみなさま
どうか足元にはお気を付けてお入りくださいませ~m(--)m


それにしても

マンホールの上でスクスク育っている
いちごたちを見ていると

与えられた環境で「己を生き抜く」強さ
伝わってきます。

こんなに可愛いのに

しかも強いだなんて

「無敵の我が子」です!

あ~無事に収穫できたとしても
わたしには食べられそうもないな~
by katachi_web | 2009-05-15 21:41

古いもの


幼いころから
新品ピカピカって感じのものより
使い古したようなものが
好きでした。

骨董屋さんでアルバイトしたこともあるし

今も制作の根底には
「前からそこにあったようなものを作りたい」思い
流れています。


7月に
陶房の隣にある「祖母の家」で
「手しごと展」(仮)をやることになりました。

3年前
唯一の住人だった祖母が亡くなってから
ほとんど使われることがないままになっていた
古くて汚い日本家屋。

今回のことで調べたら
築約60年。
今 流行の「アラ冠」ってやつでした。

去年の秋くらいから
「駐車場にしては?」という声が周りで飛び交うようになり

逆に
自分の中に「何とかあの家を残したい!」
という気持ちが大きくなっていくのを感じていました。

いっそのこともっと古ければ
古民家再生プロジェクト対象(?)になっちゃってる
のでしょうが、、、どうも はんぱですな~(笑)

それでも
欄間や古いガラス窓の付いた扉など
丁寧な仕事が当たり前だった時代の良さが
そこかしこに見受けられます
(身内のヒイキ目も半分でしゅっ!)

もしかしたら
わたしの古いもの好きの原点なのかな、、、

どうしたら
祖母の家に上手く
再生の息吹を吹き込むことができるのか
楽しく考える
うららかな5月の日々です。



d0133128_2252656.jpg
by katachi_web | 2009-05-10 23:26