「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

<   2010年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

かたち と ひよこ



陶房かたちの作陶展
今年も開催いたします。

今回は「ひよこスタジオ」との共同開催なので
タイトルは「かたち と ひよこ」 (←そのまんまです


そのDMが
ようやく出来上がりました!



d0133128_22584582.jpg




















d0133128_22594972.jpg


































画像をクリックすると
別ウインドウが開いて拡大できるはずです(この技は
DM制作をお願いしたデザイナーさんのお仕事です)


そしてDMの写真は
水曜・午後会員のNさん作のお茶碗と
それを描いた ひよこスタジオ・山本先生の絵。

陶と絵の響き合いを感じていただけるでしょうか?

展示場所は陶房かたちの隣の古い家になります。

みなさまのお越しを
会員一同こころよりお待ちいたしておりますm(- -)m


ええと。
なかじまさんはまだ作品作ってませんね?
出さないんですか?

by katachi_web | 2010-09-29 23:22

ご案内



緑鳥のKANAさんから
10月17日に千葉で開催される
「三十祭」というイベントのご案内が届きました。

KANAさんとの最初の出会いは谷中・音地の「手作り市」。
以来、鬼子母神の市や千駄木のレインボーキッチンで偶然の再会!が続き
ご縁を感じて
昨年の「祖母の家の手しごと展」にもご参加いただきました。

オーストラリアとご縁の深い彼女の作るアクセサリーは
プリミティブで繊細。
ご本人同様、自由の匂いがします。

秋の行楽シーズン、
ゆるゆる楽しいお祭りはいかがでしょうか。

詳しくは→こちら

by katachi_web | 2010-09-28 15:28

C-コレ№3


今日も午前・午後とも定員いっぱいの方にご参加いただき
ありがとうございました。

そんな中
C-コレ登場の許可もゲット!

作者の帰り際
まさに無理やり撮らせていただいた写真は
こちら~

d0133128_2375444.jpg














C-コレ№3
会員Mさん作「練り込みカップ」

土 :信楽+練り込み顔料(黄)
成型:板作り
装飾:白化粧線象嵌、純白化粧泥
釉薬:乳白、4号トルコ青結晶

コメント: いやー、かなりこってます。
      一部、陶芸には付き物のクラックが入っていますが
      圧倒的なオリジナリティーによりコレクション入りです。
      
      全体写真からは詳細がわかりにくいかもしれないので
      今回は特別に?部分写真も。


d0133128_238431.jpg
 


      













こちら外側のアップ。
丸いシールを貼ったことで浮き出た釉薬の濃淡が(純白化粧泥の影響も大です)
硬さと軟らかさ、2つの質感を醸し出しています。

      

そして、内側はこんな感じ。


d0133128_2391931.jpg

















丸いテーピングの中に見える線象嵌。
手間を惜しまず施したいくつかの技法が重なり合うことで
繊細で複雑な表情を見せてくれています。

板作りの型紙もご本人作。
この作品の後も
同じ型紙を使ったカップがいくつか作られていて
様々な技法が試されています(現在、焼成待ちです)

今後もどんなオリジナル作品が生み出されるのか
とても楽しみです。


by katachi_web | 2010-09-27 23:17 | ● C-コレ

職人冥利



サンダルからいっきにブーツ姿がいっぱい。

そんな中、自由が丘のレディースアパレルショップshower partyさん
「なひや姉妹」の作品を納めに行ってきました。


d0133128_23151538.jpg














写真は納品前のディスプレイ。

ナチュラル&クラフト感のあるお洋服の中で
「なひや姉妹」の作品が馴染んでいてうれしいな。

「なひや姉妹」を最初に発掘?いただき
その後もご担当いただいているSさんは
おしゃれ&とても可愛い方。
奈津おぢさんはお話中ずっとでれでれです。

おっと、もちろんそれだけでなく
自由でやりがいのある会社の気風に感心したり
お客様の声をキャッチしたり
ちゃんと勉強もしてきました。

何より
Sさんたちが日ごろお客様に対し
「なひや姉妹」の作品を
どんなに熱心にアピールしてくださっているかを知り、、、

うれしい気持ちとともに
身の引き締まる思いがしました。

わたしたちが直接お客様に接することはできないけれど
代わりに、いえそれ以上に
作品への思いを届けてくれる人たちがいる。
まさに、職人冥利です。

わたしたちにできることは
Sさんたちに感謝をして
それに応えられるくらい
これからもきちんと作っていくこと
それだけです。

いろんなことに気が付かせてくれた雨の自由が丘、、、
ありがとうございましたm(- -)m

by katachi_web | 2010-09-26 23:25

冬になる前に (待ってました!)



午後のワークショップに参加してくれたYさんの
帰り際のひと言。

「急に年末のような気候になっちゃって、、、」


う~ん、まさにそんな感じ?!


身体はもちろん
服だって寝具だって
つまりは生活全般
急激な気温の変化についていくのが大変です。


そして陶房では

不思議なものでこの時期になると
白系の釉薬よりも暗めの色の釉薬を使う人が多くなります。

食器にも「衣替え」があるようです。

土鍋やスープカップなどの「冬支度」の前に
短い秋を器でも楽しめたらステキですね。


そうそう
先日の静脈点滴の一件以来
「鉄分補給」が食生活のテーマになった中島は
最近よくプルーンをいただきます。
晩生種は今まさに旬。


d0133128_23253767.jpg














あ、もちろん寝る前の鉄剤もお忘れなく。
写真、プルーン手前の水色の粒がそれです。

by katachi_web | 2010-09-25 23:51

シリーズ化は本当だった!(C-コレ№2)

おまたせしました?!(←誰か待ってて~)

ようやく今月の本焼が上がり
ご本人の了解も取れたところで
「かってにかっぷコレクション」
略してC-コレ・第2弾の登場です!!


じゃ~ん。




d0133128_1615479.jpg















C-コレ №2
会員Sさん作 「掛け分けカップ」

土 :赤4号
装飾:白化粧象嵌、朱泥化粧泥、茶化粧泥
釉薬:乳白釉・チタンマット釉、透明釉

コメント:陶房かたちの重鎮・Sさんのカップ。
「今回は気に入った作品を参考にして」作られたそうです。

陶芸は成型・仕上げ・釉がけなど工程がたくさんあり
1つの作品が出来上がるまでに1ヵ月以上かかります。

そのため
いざ釉がけの段階になると
どんな釉薬を掛けようと思って作ったのか
「忘れてしまった~」なんてことが多いのです(← ね、なかじまさん。)

なので
最初に作りたい作品のイメージを明確にし
できればそれをデッサンや記録として残しておくと
出来上がりの完成度はぐっと高まります。

そのことを再確認できる、とてもよい例だな、と思いました。
( ↑ 再確認したのは、、、もちろんなかじまです。はい。)



     
by katachi_web | 2010-09-24 16:19 | ● C-コレ

人形(ひとがた)?



わたくしごとが続いて恐縮ですが今日は父の命日でした。
お参りにきてくださった方々やお供え物を頂戴したみなさま
覚えていてくださり、ありがとうございましたm(--)m



それに関連したこと、だと思うのですが、たぶん。

昨日茨城に住む友人より届きました。



d0133128_22333487.jpg






















こ、これはいったい、、、???
「お父上に」というようなことが書いてあるものの
これが何かという肝心なことは何もなく、、、


う~む。
どこかの国の人形(ひとがた)・形代(かたしろ)なのでしょうか。

民族衣装を着たおかみさん(女性)の「うなじ」から言って
手縫いの人形であることは明らかですが
他に手がかりになるようなものもありません。




d0133128_22432037.jpg


















昔から変わっているとは思ってましたがまさかここまでとは(笑)

携帯すら使わない人なので伝書鳩でも飛ばして聞くべきかとも思ったのですが
この先もこの人の友人をやっていく以上
「これは何?」と普通に聞いてはいけない気がして(←なんでなんだ!
考え中。

確か中国のへき地やモンゴルなどによく旅行していると聞いたので
その辺りの風習にのっとっているのかもしれない
というのが今のところの推理です。


とにかく、またしても感謝の1日。
父もさぞ喜んでいることと思います(人形も)m(- -)m

by katachi_web | 2010-09-22 23:12

あられもない姿



昨夜、遅くまでがんばって窯のスイッチを入れたので
今日は「大手を振って」外へ。

なんてたって、窯焚き&冷却の時間は
作品に触れませんからね(←でも次の作品は作れます!


しかし
暑さのせいでしょうか
またしてもやられてしまったようで、、、
少々ぐったり。

もしかして
身体のどこかが、根本的におかしいのかしら。

考えられるのは
夏の間、手を抜きすぎた食生活。
「極力火を使わないぞ大作戦」がいけなかったかな~

帰宅後
早速、仕舞い込んだままになっていた
「カムカム鍋もどき」を洗ってみました。

(注:カムカム鍋は玄米を炊くときに圧力鍋の内釜として使うもの。
以前土鍋の土でその「もどき」を自作)


みましたが

火にかけた圧力鍋により部屋全体が暑くなることを想像したら、、、
やっぱりまだ早い。

早々に断念、また棚の中に。

食生活の改善は
暑さの改善が鍵のようですな。


そうそう
帰宅途中
今年の初めに「今、最も旬なnora」として
ご紹介したたまちゃんを見かけました。

その頃のたまちゃんはこちら。


d0133128_2144746.jpg

















ねこ好きじゃない人が来ると隠れてしまう
ひかえめな佇まいがなんとも可愛い猫でした。



しかし
今日見たたまちゃんは、、、、


d0133128_2183689.jpg

















暗くてちょっとわかりずらいですが
「あられもない姿」であることはおわかりいただけるはずです。

しかも
「たまちゃ~ん」と呼ぼうが、近くを自転車が通ろうが
オナカ全開のまま。

なんというか
人相(猫相)まですっかり変わってました。

実は、この春、たまちゃんの縄張りだった建物が取り壊されて
新しいビル建築が始まっていたので
心配はしていたのです。

ううっ。たまちゃん、きっと、苦労したんだね、、、



今日の食事が明日の身体を作り
今日の環境が明日のこころを作る。

ねこも人間も同じなのかな。

やっぱり玄米炊いてきますっ。

by katachi_web | 2010-09-21 21:26

すりすり



これから本焼スタートです。

窯詰めはわりとスムーズにいったのですが
少しだけ窯の中に余裕があったので

「ちょっと新しい釉薬を作ってテストをしよう」と始めたところ
止まらなくなってしまいました、、、


釉薬は
長石や陶石などの出発原料に
灰や石灰石などの媒溶材を加え
さらにカオリンや珪石などのブレーキ材で骨格を作り

そこへ
銅や鉄、コバルトなどの着色材となる鉱物を入れて完成させます。

いままでの釉薬レシピとテストピースを参考に
どんな色で、どんな質感を出したいかを想像しながら材料を量り
乳鉢に入れて水を足し
すりすりしていると、、、

まるで魔女気分?!
大好きな時間です。



d0133128_095480.jpg















今日は9つの釉薬ができました。

窯から出てきたときは
今見ている色とは全く別の色になるのですが
焼成前は想像するしかありません。

いい色になりますように、、、、


by katachi_web | 2010-09-21 00:17

改めて感謝を申し上げます



わたくしごとですが
今日は父の一周忌の法要でした。


d0133128_2154252.jpg




















早いなと感じつつ
正直「やっとここまできた」という思いも。

家業のこと、相続のこと
右も左もわからず
わかっているのは
「他にやる人がいない」という選択肢だけ。

「いったいぜんだい、ぜんぶ解決する日はくるのだろうか?」
と思った日もありましたが
たくさんの人の力をお借りして
なんとか目処だけは付いてきました。

一時は「職業替え」すらささやかれていた中島ですが(笑)
今日、墓前に「家業のことは大丈夫。でも陶芸も続けます」と報告。
父もそれを望んでくれているような気がしました。

とにかく、今はいろんな思いがない交ぜなので
言葉で上手く言い表せそうもありません。

ただ
暦の上ではやはり一区切りの今日。
この1年、励まし、支えてくださったすべてのみなさまに
改めて感謝の気持ちだけは、伝えておきたいと思いました。
本当にどうもありがとうございました。

そしてこれからもどうぞよろしくお願いいたしますm(- -)m

中島奈津子

by katachi_web | 2010-09-19 21:59