ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

乾燥中に、、、

1年以上ずっと働きかけてきたことに
今日、一筋の光が見える
はずでした。

が、土壇場でダメでした。

まだ白紙に戻ったわけではないけれど
光どころか、今までで一番大きな山がドンと
現れてしまった感じ。


まぁ、相手のあることですから
間に入って、動いてくださる方がいることに
こころから感謝をして
こちらはベストを尽くすだけです。

って、すみません。
これ、工房のことではなくて
「家業」の方のことです。
父親がやり残して、最期まで気に掛けていた仕事。

なので、ここに書くことでは
ないのですが
最近、すべての出来事がリンクしている気がしておりまして、、、

でも
昔と変わったな
と思うのは
物事を無理に動かそうとしなくなったことかな。

できる限りのことを尽くしたら
あとは違うことをやる、ってくらいの気持ちが
ちょうどいいのかもしれないと
思ったりしています。


そうは言っても
この“大きな山が現われた”場所は「駒込」だったのですが
次の目的地「有楽町」までの間の記憶がないので
結構ショックだったのかもしれないけど。ふふふ




有楽町です。

もちろん、昨日ご紹介した「4人展」へ。

そこで「妹」に会って
ちょっとの間だったけど久々に話をして
元気をもらったのと

他の出展者からも
「みんないろいろありつつもがんばってるのねぇ」と
刺激をもらえたのとで
単純ななかじまはすっかり復活!

その勢いで
「清澄白河」のヨーガンレール本社へ。

現在、1階のシュールームでは
「注ぐもの」展が開催されてます。

安藤雅信さんや伊藤環さんなどの急須や
バーバーグーリ新作の鋳鉄や銅のケトル
ヨーガンレールが栽培したお茶など
日常のお茶の時間を楽しむための品々がたくさん。


d0133128_22561567.jpg






















今日は
制作中の作品を乾燥している間に「外出」
という気持ちで出たので

残念ながらものすごくサッとしか
見る時間がなかったのですが
当然、そんな人はいない感じのゆったりした空気(笑

ご自宅でゆっくりとお茶を楽しみたい方はぜひ(3日まで)

by katachi_web | 2010-10-31 23:07

秋のイベント案内③

大雨の中
工房の奥の「ジムショ」では電話線の工事が。

家業のことで使っているこの部屋は
元々、ごく狭でした。


そこへ先日
工房の電話・PC関連のものやオーディオ類などなど
陶芸材料以外の荷物を一切合財移動したところ
もうこれ以上何も入りません
ってことになってしまい、、、

そのせいなのか?
片方の電話回線に不具合が出てしまったので
この際
すべての配線を整理してもらうことにしたのです。

結果は

やってよかった!
PC環境もぐっと快適になりました(今までがひど過ぎただけ?!


さて。

今日はまたまた展示会のご案内です(秋ですな~

今回の主催者は
なひや姉妹と同じ養成塾の卒業生・加藤伸好氏。

ご自身で制作を続けながら
銀座で陶芸教室を運営されている方です。

毎年この時期、この場所(交通会館)で
展示会を開催されているのですが
今年は事情がありまして
日程ギリギリの企画となってしまいました。

それでも
心優しい我が姉妹たち(なひや長女・三女)が
助っ人参加!
ガラス作家さん1名が加わって
「4人展」を開催する運びとなりました。


d0133128_19393442.jpg

















d0133128_1939583.jpg









会場は有楽町駅の目の前です。
銀座方面へ行かれる際は
ぜひお立ち寄りくださいませ(6日まで)

by katachi_web | 2010-10-30 19:49

かゆみの秘密

寒いとか暑いとか
わたしだって本当は言いたくないんですよ~(いつも言ってます!

でも
今日、証明写真ボックス?から出てきた
自分の顔写真が
連続で「寒い」と言っていて
悲しかったです。


さて。

先日
しつこい「あせも」のかゆみで眠れないことがあるので
皮膚科に行きました。

「この時期“あせも”のはずがない」
開口一番、先生に言われ
「そういえば、そうか」とようやく気が付きました。

夏からずっと“かいかい”だったので
てっきりそうだと思い込んでいたのです(呆


5本指ソックスをはいた女医さんが
症状を一通り診終わったあと言いました。
「仕事が終わるとかゆみがひどくなるでしょ?」 (以下「医」

「そういえばそうかもしれません」とわたし (以下「奈」


医「これはきっと自律神経系のじんましんね」

奈「初めてなんですが、何が原因でしょうか?」

医「ゆっくり話したほうがいいみたい」

奈「へ?」
(下町育ちがいけないのかしら? でも先生、わたし「ひ」は言えます!)

医「あと、仕事がひとつ片付いたら、次に行く前に“ああ終わった”と口に出しましょう」

奈「はぁ」

医「できればリラックスできるところで休めたらいいわね」

奈「・・・・・」


なかじまさん、たいして仕事なんてしてないじゃない
と思われたあなた。

ごもっとです!

でも、他人との比較ではなく
あくまで個人のキャパの問題だと先生はおしゃってました。



っと言うわけで

免罪符をゲットしたので、 じゃない! 身体のためを思って

すべての業務に目をふさぎ、いざ、リラックス~!!!

って。

そこにも陶器。


d0133128_20331095.jpg


















そのせいなのかはわかりませんが
残念ながら“かいかい”は、ちっとも治まらずです。はい。


しかも
ネットでいろいろ調べたところ
「心因性じんましん」という考え方自体、賛否両論あるようで?
結局よくわからないまま
締め切りだけが益々迫り
お首も益々絞まっております。


あ、最後にとても肝心なこと。
先生曰く
「絶対に人にはウツラナイ」そうなので
それだけはご安心を。

by katachi_web | 2010-10-29 20:57

秋のイベント案内②


少し前にお伝えしたイベント
「東京 下町ブロカント」

その後、着々と準備は進んでおりまして(中島の作品は別?
素敵なDMも完成してます。

先日、主宰のKiraさんから
「まだ若干手元に残っているので欲しい方がいたら
専用ブログから申し込みいただければDM送りますよ~」
と連絡をいただきました。

なので
ここで改めてご紹介♪


d0133128_2182886.jpg





























d0133128_21212590.jpg
































イベント専用ブログは こちら


今回は、クリスマス前ということで
限定の作品なども用意しているそうです(中島もこれから用意?!

前回は売り切れ作品続出のイベント。

本格的な寒さを前に
心だけはほっこりあたたかになるようなものを見つけに
ぜひ遊びにいらしてくださいませ♪

by katachi_web | 2010-10-27 21:35

秋のイベント案内①


今日お会いした方に
「フィリピンに行きたいのですか?」と聞かれて
「そういうわけじゃ、、、」の後、言葉続きませんでした。

フィリピンにこだわっているわけでも
特に国際協力にこだわっているわけでもなくて
ただ、昔から「役に立ってない症候群」という
これは、たぶん「病」なので。

「誰かの役に立たなければ、と思う」なんて
偽善っぽいかもしれないし
おこがましいと感じるかもしれないので
あまり大きな声では言えず。

でも、ホント。
もの心ついた時からずっとそう思ってるからしかたない。
もう強迫観念に近いかも、です。

小学校5年生くらいの頃、みんなはそう思ってないことを知り
以来大人になるまで、なぜそう思うのかを考え続けたけど
結局答えは出ず。

今はもう、考えることはあまりなくなって
たぶん、前世でよほど誰かに迷惑を掛けて
「生まれ変わったらそなたの役に立つ人になるからどうかお助けあれ~」とか
叫びながら死んでいったのではないかと思うくらいです(笑


って、あら。
寒くなってきたから、とうとう頭がどうかしちゃったのね?と
思われるので
今日はこのへんで(←すでに相当十分に思ってます!



さてさて本題です。

以前もここでご紹介したアクセサリー作家の緑鳥・KANAさんが
今回日本に滞在した3年半の集大成として
11月に開催する展示会「~THE WORLD~」のお知らせをさせていただきます♪


期間中には
緑鳥がいるオーストラリアはもちろん
タイやインド、アメリカなど
彼女と縁のある土地の料理がふるまわれたり
そこで知り合ったアーティストたちによる
日替わりのイベントがあるのだとか。

ちなみに、KANAさんは12月からはフランスなので
このチャンスを逃すと
当分お目にかかれそうもありません。
羽アクセサリー好きの方
ぜひこの機会にご覧くださいね。

詳しくは、駒込の古民家ギャラリー月日

d0133128_19194542.jpg

by katachi_web | 2010-10-26 19:26

C-コレ№7 +電話一時不通のご連絡

明日からはまた一段と秋が深まるらしいですね。

寒いのはニガテですが
工房は今、窯がフル稼動しているので
窯場周りが暖かくて、ひとまず安心です。


タイトルの「電話一時不通」は
文字通り、工房の電話が現在繋がりません。

いや、正確には
繋がるけれど
出られない、かな?

ちょっと、場所が狭くなってきたので
いろいろものを移動したついでに
電話まで奥のジムショに詰め込んでしまいました(汗

会員のみなさま
子機が見つかるまで (←あ、また失くしたんですね!
電話でのご連絡は、携帯までお願いいたします。

って
実は、今朝すでに
「遅れます、って電話したけど出なかったから休みかと思った」と
会員Kさんに言われて気が付いたのでした。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでしたm(- -)m


そして。

最新の窯出しの中から

C-コレ№7です!



d0133128_20322843.jpg















C-コレ№7
会員 I さん作 「コーヒーカップの中のコーヒーカップ」

土 : 赤4号土・近江土
成型:電動ロクロ
釉薬:チタンマット釉、藁灰釉


コメント:

型作りのように、佇まいが美しいカップ。

ちなみに、もうとっくにお気づきだとは思いますが
毎回タイトルは、なかじまが勝手に付けています。
だって、C-コレの C は
「カップ」と「勝手」、両方の意味ですから?!


もとい
この作品は
Iさんがここのところずっと取り組んでいるシリーズものの一組です。

北欧を思わせるカタチと
温かみのある色合いが
どんなシーンにも馴染みそう。

ソーサーの乗っているサイズの他
もう一回り大きなサイズ(写真奥)があります。

作者のIさんは
「電動ロクロが合っている」とは
こういう人のことを言うのだな、と初めて思った方です。

あれよあれよという間にマスターして
今ではなかじまより上手いのでは、と思うほど。

しかも、半磁器土や4号など
普通の人が難しく感じる
粒子の細かい土を得意とします。

作る形も、ふたものなら本体とフタがぴたりだし
ご飯茶碗のカーブも揃う。

ううむ、すごい。

分析したところ
技術の高さはもちろんですが
なんというか
性格なのだろうと思いました。

正確に、きちんと作れる性格。
ま、いっか、と思わない性格。

すべてにそれが顕れているのです。

技術は練習すれば身に付くけれど
そこから先は「自分の特徴」をどれだけ客観視し、
伸ばしていけるか。

何でもそこですよね?きっと。

例えば
以前なかじまが作った同じようなものを見ると

d0133128_21182686.jpg

















内側の線が、うすらぼんやりー。



でもIさん作品の内側は

d0133128_2122319.jpg

















外側と同じ線がキチンと出ています。

これですよ、これ。

ま、いっかとしない性格の顕れ。

この良さをどこまでも追求して
これからもオリジナルを見つけていって欲しいと思います。


あ、自分を擁護するわけではありませんが
なかじまと同じ「ま、いっかタイプ」のみなさまへ。
ま、いっかの良さを追求すればいいのです。
ご安心を。


書き忘れましたが
Iさんのこのシリーズは
11月の展示会でも販売する予定です。
みなさま、ぜひ手に取ってご覧くださいませ♪

by katachi_web | 2010-10-25 21:50 | ● C-コレ

ひとつひとつ


お昼過ぎ、突然工房の電気が消えました。
同時に電動ロクロも止まりました。

どこかから

「お宅も消えてる~?」という
声が聞こえてきたので(←下町です
この地域一帯が停電したことがわかります。

うわん。
よりによってロクロ成型の途中じゃなくても、、、

結局
復旧まで1時間弱。

成型途中のボールは乾いてしまい
あえなくやり直しとなりました。

まぁ、窯を焚いている途中じゃなかっただけでも
よかったとオモウコトにします( 前向きですな


前向きと言えば
フィリピンでソーシャルエンタープライズ立ち上げに
奮闘されているNさん(こと中村さん)の話。

このブログにも何度かご登場いただいている彼女は、
国境なき医師団や国境なき子供たちで活躍されつつも

「寄付に頼らない自立のためのシステムを導入することが必須」と
NGOを辞め、自ら現地に赴いた意思の人です。

昨夜遅くにいただいたメールには
9月にマニラにオープンしたレストランが少しずつ軌道に乗り
最近では読売新聞やフリーペーパーで紹介してもらえるように
なったとありました。


d0133128_1633175.jpg



 




























この活動にはなかじまも「陶芸の分野」でお手伝い
できる予定だったので、順調のNEWSが聞けるのは
何だかとてもうれしいな。

ああ、できることなら、、、

って思うけど

「今、目の前のことを精一杯やることでしか道は繋がらない」

と自分のどこかが言っているので

とりあえず、ボール仕上げてきます!

by katachi_web | 2010-10-23 16:48

My ball


目の大きな人と話している途中、トイレに立って
鏡の中の自分に
「目 小っちゃ!」って
驚いたこと、ないですか?

今日
仕事で外人さんとお話したあと
ショーウィンドに映った自分の顔が
あまりに「平ら」で驚きました。

ああ、びっくりした。



変わりまして
明日の制作について。

いろいろな事情で1ヵ月ずらした「かたち展」は
元々、明日・明後日の予定でした。

そこで明日のワークショップはお休みをいただき
自分が出展する作品を作ることに。

何を作るか
楽しく迷っていましたが
やはり、去年のボウリングピンに続けと
ボールに決定!

会員Aさんより
「指の穴の先はちゃんとふさがってないといけない」と
ありがたいご要望をいただいたので
本日、友人宅にボール偵察?に行ってきました(笑



d0133128_21442844.jpg















ちなみに、なかじまは
ボウリング好きという訳では全くないです。

ただ、昔からアンティークの木製ピンに
こころ惹かれがちでして。
ずっと欲しいと思っています(ちょっと太ったのがいい)

ま、その辺のところは去年書いた気もするので省略して
今年はボールです。

実際のものは
中身(ボールの芯=コア)が詰まっているそうですね。

でも
陶器の場合、ムクで作ると
焼いたときに破裂してしまいます。
(小さなものなら大丈夫だけどボウリングボールサイズは無理かと)

なので
今、考えているのは
いったん空洞で作ったボールに指穴を開けて
そこに、別に作った「試験管」上のものを入れ
ドベで接着する、というやり方。


なんだって
そんなことまでして役に立たないものを、、、

などと、考えてはいけません。

人生くだらないことにこだわるからこそ楽しいのです?!

マイボール、
成型が上手くいったら
名前も入れちゃおうかな。

by katachi_web | 2010-10-22 21:48

可愛い子がまた


昨夜
土曜午前会員Mさんから添付メールがきました。

先週の土曜日に「ちょっと相談が」と言うので
何かと思ったら

黒い子猫が捨てられていて
1時間迷って拾ったが
今飼ってる猫と相性が悪い。
前になかじまが猫を飼いたい言っていたので

「どうかと思って、、、」と。


か、飼えるものならぁ~


以前にもフサフサ番犬の
スタンダードプードルをもらうかどうか
それはそれは悩んだなかじまです。

しかし
今ちょっと事情がありまして。
生き物は飼えないという結論が出ました(涙)


そこで
「写真とか貼って、里親募集を呼びかけてみよう」と言ったところ


「今、あまり可愛く撮れてる写真がないので後日送ります」


少しでも可愛い写真をみんなに見せたいという親心ですな。

もう、Mさんの方が可愛い過ぎです (←急におぢさんに変身)


という訳で

昨夜送られてきた
「ようやく撮れた可愛い一枚」というやつを。

じゃん。


d0133128_1565124.jpg








































ええと、か、顔が見えませんね、、、


何だかMさんらしくて
可愛いからイイ!ことにします。


ではではみなさま。
この子を可愛がってくださる里親を募集します!

生後約2ヶ月(体重700g)
活発な男の子です。

ご興味ある方がいらっしゃいましたら
ぜひなかじまにお声がけくださいませ。

よろしくお願いいたしますm(- -)m

by katachi_web | 2010-10-21 15:16

修復方法


わ~ 久しぶりに更新されていてうれしいな。
最強です!当たり前ですV がんばってください~


って
全然関係ない書き出しで失礼致しましたm(- -)m
なつおぢさん、今日は少々テンション高め?!
要血圧チェックです。


さてさて、本日のワークショップも
とどこおりなく。

変わりやすいお天気の中
みなさん真剣に作陶に励まれてました。

ところで
なかじまは最近
「セラミックバインダー」なる
補修材料(セラミック用パテ)を取り寄せてみたのです。

きっかけは素焼後に
取っ手が取れてしまったIさんの作品を
どうにかしたいと思ったから。

そのパテで補修したものが
一昨日の本焼窯に入っているので
出てくるのを楽しみしいます。

でも
本焼後、つまり使用中に壊れたり
口元がかけてしまったりした陶器は
みなさんどうされてますか?

自分が作ったものや、愛着あるものは
そうなってもなかなか捨てられないですよね。

日本では、「金継ぎ」という「修復方法」を施すのが一般的ですが
今はその中でもいろんなやり方があるようで。

実は、水曜午後会員のNさんが
現在この技法を本格的に勉強しています。

Nさんは陶歴もかなりの長いのに加え
お料理が本業だけあって器への造詣がとても深い方です。

そんな彼女が
陶芸を隔週月曜日に振り替えてまで学ぶ金継ぎ技法について
今日、詳しく聞いてみたところ

原料には身体にも器にも優しいもの(小麦や漆など)を使う方法なので
小さいお子さんがいるご家庭の器にも安心して施せる、のだとか。

それはうれしい。

たしか金継ぎは、循環型都市だった江戸の街でも
とても盛んだったはず。
エコ時代にぴったりです。


いつかNさんからその技法を教えてもらうことを願って
みなさんもぜひ、欠けたお茶碗はとっておいてください!



d0133128_17291352.jpg


















おまけの一枚に
今朝撮った写真は、けんか中の猫。
「うぉ~」とか言いながら怒ってるので
シッポがタヌキみたいになってて可愛い。

by katachi_web | 2010-10-20 17:37