ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

<   2011年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

こころの平安

あの日以来
祖母の家の庭で
にゃんこ先生たちを見かけなくなりました。

裏のブロック塀などは
猫たちの“抜け道”になっているというのに
そこですら見ません。


「修復工事の人たちがバタバタしてたから
警戒してるのもあるのかな?」

と思っていたら


今日
まだ、工事の残骸が残る場所で
こちらをにらむ?1匹のにゃんこ先生を発見。

d0133128_21392321.jpg














「何か怒ってる~?」
と言いながら
近づいて
気が付きました。

人間よりいろいろな感覚が優れている動物たちの方が
わたしたちよりもっと不安な思いをしているのかも、、、

今はそっとしておこうと思いました。


すべての動物たちにも
1日も早く心の平安が訪れますように、、、



ちなみに
なつおぢは
八匹の犬?のお楽しみが届いたので
それまでちょっとがんばれそうになりましたm(- -)m


あと
全然関係ないけど
今日、丸の内線の窓に
自分の鼻が並んでてびっくり。

目からゼリーの次は
鼻の頭からコナコナが、、、

d0133128_22101454.jpg

















by katachi_web | 2011-03-31 21:44

ポスター

今朝、お水を届けに
近所の友人宅に行ったら
子供たちが描いたという
IDEA FOR LIFEの節電ポスター“もどき”が
貼ってありました。


「そうだ!停電ポスターはどうかしら?」


先週、理容師さんの会員Kさんが
「輪番停電期間中に、お客さんが他の店に移ってしまうかもしれない」
と心配していたことを思い出しました。


もしも
これから停電が実施されるとき

理容店の前に
「停電ポスター」を貼る。

たとえ中が暗くとも
お客さんがたちまち入りたくなってしまいそうな
おされなやつ。

みなさま
デザインのアイディア
よろしくお願いしますm(- -)m

by katachi_web | 2011-03-30 17:35

暗闇で気付くこと

昨夜、家業でお付き合いのある
ご高齢のひとり暮らしの女性、Iさんに

「夜の停電時、どうされているのですか?」と聞いたところ

「お湯を入れたペットボトル2本抱えて
布団に入ってラジオ聞いてるの。
起きてると寒いし
(6時20分だと)ちゃんと寝るには早いのよね」

と、笑顔で答えてくれました。

1日も早く
ここにも暖かい春が来ることを願います、、、
(夏はまたその時考えましょう)


そして
先日、会員Oさんが
ワークショップお休みのご連絡を、わざわざお葉書でくださり
その最後に
「被災地の方たちに一日も早く日常が戻りますように」
とあったので

「まずは、非被災地であるわたしたちが、早く日常を取り戻さなければ」
と思いたち
昨日からやってみました(へ?


しかし
実際問題、地震の影響で日常よりも
家業の対応など確実に業務は増えている訳で
そのせいか今日

ほんの一瞬
目の前が真っ暗闇になりました(停電じゃなくて、たぶん貧血?


いやはや
心も身体も
“段階を踏んでいくことの大切さ”を
改めて実感、です。


さらに
ワークショップ再開後にお話した方や周りには
なつおぢなど比較にならないくらい
大変な思いでお仕事をされている方や
被災地支援に尽力する人たちがいることを思い出し
とても心配になりました。

みなさま(十分おわかりかと思いますが)
どうかお身体とご自身のペースだけは大切にお過ごしくださいませm(- -)m



それにしても
何事もいきなり上手くいく魔法の法則は
ないですね(当たり前です

先日書いたように
大きなビジョンを描くことは、もちろん大切だけど
それと同時に
今自分が“どの段階にいるか”を理解することもまた大事でした。

で、がんばればできる小さな目標を立て、まずはそこを目指す、、、
「そこからのスタートだわね」
と思い知った“暗闇”でした(もっと早く気付きましょう




d0133128_16445229.jpg















祖母の家の場合は
ビジョンというより、もはや妄想の域か?
これは土間構想。



by katachi_web | 2011-03-29 16:52

C-コレ№12

その人らしさってなんだろう
って思います。

技術の習得は
年月をかければ
必ずマスターできるけど

個性を活かすことに
絶対の法則は見つかりません。

こういう仕事をしていると
たまに
「この人、こういう路線に向いてるなー」
と思うときがあって


勧めてみて
たとえ上手くいったとしても
本人が好きじゃなければ
続かなかったり、、、

結局のところ
「自分と作り出すものがぴったりくる」

という感覚は

誰かに教えてもらうものでは
ないのですよね。


でも
だからこそ

その人らしさが顕れた作品が出来た、って思うとき

それも

技術もあるし、個性もあるのに
それが「ぴったりこない」って時間を経て
ようやく作れたときなどは

見ているこちらまで
うれしくなってしまします。


今日はそんなカップをご紹介、、、


d0133128_20442076.jpg













C-コレ№12
会員 Mさん作 「ほっこりカップ」
土 : 信楽、近江土
成型:手びねり
装飾:茶化粧泥描き落とし、茶化粧泥象嵌
釉薬:チタンマット釉

コメント:ご実家のリフォームを記念して作られた
あたたかいイメージのカップ5つ。

Mさんが作るものの良いところは、適度なユル感と潔さ。

言葉でお伝えするのは難しいですが、それはある意味
Mさんの性格ともリンクしているような気がします。


まず、作品のフォルムは
口元を少しだけ内側に向けて、持ったときに
手の中に収まる優しいイメージに。


描き落としと象嵌というシンプルな技法は

フリーハンドの思い切りのよい線と
同系色の化粧泥のお蔭で
それぞれバランスが違っても同シリーズだと
一目でわかります。

釉薬は
チタンマットをまだらに吹きがけして
自然な感じ仕上げました。


新しく生まれ変わったお家と
「ほっこり」としたこのカップたち
こちらもぴったりだといいですね。

by katachi_web | 2011-03-28 21:33

少しずつ


週の中ごろから全国的に暖かくなるとか。

1日も早く北日本に春の陽射しが届くことは
みんなの願いですm(- -)m


さて
工房の被害など
もちろん、何でもないことなのですが
「かたち展」をやる場所でもあるので
みなさまにご報告です。


「長野からかり出されて来ました」という
査定員さんたちと一緒に
本日、祖母の家の検証会?がありました。

その結果
屋根以外にもあちこちで
かなりのひずみを発見。

古い家なので
大工さんにも
「直せるかどうかはわからない」そうです。
(建具屋さんの分野も含むからかな)


へこみましたが

どうせ元に戻せないのなら

前よりもたくさんの人に活かしてもらえる場所にしていこうと
今、思い直しました。


そのためには
何かお手本となるビジョンがあるといいので
昔訪れた岐阜の古民家をチョイス。

まずは
壁に大きく入った亀裂を隠すためにも
その家に置いてあったような棚(写真)
を探すことを決めました。

d0133128_22341187.jpg















明確なビジョンを持つと
気持ちが少し前を向くものですね。

これから少しずつでもいいので
焦らずゆっくり、目指していこうと思います。

ときどき、ここでも紹介していくつもりなので
ご興味ある方は、工房の帰りにでも
ぜひのぞいてみてください。



しかし

家業の方でわかってきた被害については、、、

未だ、言葉なしお、です。

眉間のシワは
やはり治らないかもしれません、、、



d0133128_22343821.jpg
















でも

ふと新しい屋根を見上げれば

その横のシュロの木が
変わらず、まぶしく輝いていました。

いつも見守ってくれてると
信じたい。

いろんなことあっても
きっと
大丈夫。

by katachi_web | 2011-03-27 22:50

いちご

d0133128_1762640.jpg















なひや姉妹・長女から
「春の香りを届けたくて」と
美味しい苺をたくさんいただきました。


栃木県に住む長女は
屋根や車が地震の被害に遭い
大変だったそうです。


それなのにこの心配り、、、さすがです。


さらには
「評判なのは、隣の店だったみたいなのー」

笑いを取ることも忘れません。


今朝から
家業のことで(地震による
ひとり頭を抱えるなつおぢ。


お蔭でこれ以上
眉間にしわが増えずに済んだ気がしました(笑



ねえさんは、、、

やっぱりねえさんだ。

by katachi_web | 2011-03-25 17:28

卯月

祖母の家の屋根は
着々ときれいになってきました(今はなぜか緑色


下町は、古い家が多いので
工房の周りでもたくさんの被害があり
今、大工さんや屋根屋さんを待っている人は
大勢います。

そのため、1つの工事の人工(にんく)を増やして
対応してくれているので
屋根は
明日で完成するそうです。

使命感に燃えた棟梁の目が
キラっとしています。

少しずつでもいい、北日本のあちこちで
こういう光景がみられるといいなと思いました。



そして

その名も「卯月展」というご案内を
今日いただきました。

送ってくださったのは
造形作家の鮫島貴子さん。


なつおぢにとってモノ作りの師匠であり
若い頃から公私にわたって
それはもう、ご迷惑?ってくらい
お世話になった方です(笑


ブレない姿勢、、、
憧れます。


以下、DMより

卯月展のお知らせ
暖かい陽射しにようやく春を感じられるようになりました。
被災した方々には心からお見舞い申し上げます。

ご案内を控えておりましたが、期日も迫っていることもあり
5回目の卯月展のお知らせをさせていただきます。
今回の新作も前回に引き続き「地球」をテーマにしています。
地震が起きた時、この新作パーツを組み立てていました。
廻る地球を見つめながら、様々な生き物の代表者達がこれからの地球を考え
議論している、という作品「会議~地球の声~」です。

お忙しい時期とは存じますが、お立ち寄りいただければ幸いです。


卯月展
詳しくは→こちら

by katachi_web | 2011-03-24 22:15

やさしさの連鎖

心配したらきりがない毎日です。


でも

今日は朝から嬉しいこともたくさん。

コマメのikuraさんから
「夜停電で時間をつぶすときには
お店開けるので使ってくださいね」
とメールをいただいたり

ブログを読んでくれた
キャンドル作家でもある会員Tさんが
星形キャンドルを作ってもってきてくれたり

会員Iさんから、なつおぢが好きな
フィリピンのお菓子(非常食にもなる!)
をいただいたり

停電で真っ暗な中
幼なじみのMが懐中電灯を持って立ち寄ってくれたり。

みんなに支えられていることを実感し
人との繋がりに改めて感謝できるのは
こんな非常時の、唯一の
救いですね。


そして、優しい気持ちを頂いたなつおぢもまた
他の誰かにできることをして
またその思いが繋がっていく、、、


きっと今
日本ではあちこちに
同じ思いがあふれているのでしょう。

誰もが経験したことがない事態を乗り切るには
それしかないのかもしれません。



とは言え

同じ意見の人ばかりでないのも確かです。

なつおぢは
すでに納品やワークショップを再開していますが

ずっと準備していた6月の書道の展示会が中止
句会でも今月いっぱい自粛しているところが多いです。

こういうことに
絶対的な正解はない。

だから

自分の考えを主張する人
それぞれの意見を尊重する人、、、
いろんな見方があるし
違う意見があって当然です。


大切なのは

真摯に考え
出した答えなら
ブレずにいく。

「この答えを出してよかった」と思えるように
それぞれが精一杯努力をする。

そこなのかな、と思ったりしました。



なんて。

実は、今日
午後のワークショップで

こんなに古い工房でワークショップを再開し
万一余震で家が壊れたりして
誰かに迷惑を掛けたらと思うと
やってよかったのかどうか、、、

とつぶやいた
なつおぢ。

同じ部屋にいた大人なTさんとSさんに
さんざアドバイスをいただいたのでした。

ははぁーm(__)m ← 頭が上がらない図




d0133128_23225690.jpg
















今夜の停電でさっそく使わせていただいた
Tさんの星形みつろうキャンドル。

優しく甘い香りがしました、、、m(- -)m

by katachi_web | 2011-03-23 23:43

お彼岸

今日からワークショップを再開しました。
久しぶりに会員のみなさんとお話ができて
なつおぢ、何だかとっても癒されました、、、

もちろん、まだまだ陶芸どころではない方も
いらっしゃると思います。
いろいろなご事情等
連絡をいただいている方も多いです。

これからもなつおぢは
今まで通り、工房で仕事をしています。

どうか、それぞれのペースで
ゆっくりと再開していただけたらと思います。


ただ、何度かお伝えしているように
工房は、今後もずっと計画停電地域です。
予定がわかった際には
各クラスごとに連絡しますので
よろしくお願いいたします(フェイントの場合は許してください)

また
最大の問題は電気窯です。
節電を考えると
今、焼いていいのかという思いもありますし

本焼では、通常23時間焼いているので
停電予定時間をはずすのは難しいかもしれません。

いましばらくご迷惑をおかけしますが
決まり次第、工房内のボードでお知らせしていきますので
どうかご理解いただけますよう、お願いいたしますm(- -)m


夕方
友人が、父親の好きだった酒蒸しまんじゅうとみかんを
持ってきてくれました、、、(感謝

お彼岸です。

みんなでご先祖様に
被災された方たちのことと
日本の元気をお願いしなくては。


d0133128_23334812.jpg















電池買うの、出遅れました、、、

by katachi_web | 2011-03-19 23:35

それぞれにできること

今日は、境ふみさんの個展へ。

本当は作家在廊日に行く予定でしたが
地震で予定がめちゃくちゃになっているので
本人には会えないことは承知
仕事の用事とくっ付けて決行しました。


そして。

境さん自身も
前から決まっていたこととはいえ
開催するかどうか
ずいぶん迷った
と入口に説明が、、、


被災地のことを思えば不謹慎なのでは?
お客様は足を運んでくださるのか?
停電や交通事情、放射線汚染、、、

彼女なりに熟慮に熟慮を重ねた結果
ギャラリーオーナーさんからの後押しもあり
「自分にできることをやる」を選んだのだそうです。


ものすごくパワーのある人なので
訪れる人に
作品からパワーを与えれるといいな、と思います。


節電のため「いつもより照明を落としてる」という
ギャラリーは、とても落ち着いた雰囲気。

販売コーナーには
近くの女子美の学生さんたちによる
手作りの小さな人形が売られていて
売上の半分を「地震の義援金として赤十字に寄付する」
とありました。
みんな、できることをやっています。


ゆったりとしたオーナーさんとは

「買いだめはおかしい」の話題で盛り上がり

オーナーさんの娘さんがお父さんに
「被災地のことを考えたら乾麺を茹でて醤油をかけて食べればいい」
と話したと聞いて

先日の計画停電の際に
なつおぢのおばが全く同じことを言っていたので
びっくりしたり、、、

つまり

とても居心地がいいギャラリーです。

いろいろな条件が許す方は、ぜひ。



d0133128_2317572.jpg














とても素敵だったので、連れて帰ってきた蓋もの。

DMにある作品のラインとは別の
こちらのラインの小品も多数(23日まで)


境 ふみ 陶展

Cafe Gallery Seed

by katachi_web | 2011-03-18 23:32