ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

<   2011年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

大切なものに感謝 (修正分)

※現在制作中のお皿のデザイン上、誤解を招く箇所があったので
一部修正しました(4月30日)



煮魚や焼き魚が
似合うかどうか?


なつおぢが丸型のお皿を作る際
色や質感(土)を決める
基準になっています。


パンが似合いそうな真っ白い磁器の器に
焼き魚がのっていると
どっちも活きてなくて
残念な気持ちになる。

感覚の問題かもしれませんが、、、


塩鮭が似合う?
さんまの塩焼きは?
めばるの煮つけ、美味しそうに見えるかな?

お皿の大きさによって
思い浮かべる魚たちは変わるけど
とにかく、作る前にそこをよくイメージして
決めていきます。

それは、たとえ
八寸皿のような
万能皿を作るときでも同じです。


そして

不思議なもので
そう思って作ったお皿に
パンが合わないという
逆のことは
ない気がします。

それも感覚かな。

でも、
作り手にとっては
そんな、説明できないような感覚は大切。

それらが積み重なって
その人らしい色や質感やかたちが
生まれるのだと思うから。

なので
「説明できないけど好き」の気持ちに
会えたときには
感謝してしまいますm(- -)m



ところで。

もしかして
もしかしなくても世間様はGWですね。

もともと自由業にはあまり関係ないですが
今年は理由があってGW前からものすごく働いていて

お蔭様で

やればできるじゃないかっという毎日?!

ここまでがんばったのだから

「今月中に終わらせる!」
と思ったところ

気が付けばすっかりお肌に悪い時間に、、、

と、

ふと、携帯を見たら
会員Aさんから
メールをいただいていて
同じく自由業の彼女も
お仕事がんばっていらっしゃるご様子でした。

お仲間がいると思うと
なんだかうれしいm(- -)m

またがんばれます~




by katachi_web | 2011-04-30 01:54

片づけ進行中

今日は
午後から、ガテン系。

堀切菖蒲園近くで
撤去作業を手伝ってきました。


途中
行政、福祉、不動産屋の
それぞれが責任を転嫁するので

「大人って、、、」って
と思う場面もあり(そう言うあなたも

いろんな意味で
汗だくな日でした。


先日
土曜日の午後のワークショップ中
なぜか「瞑想」の話になり
昔、チベットの僧侶から聞いた話をしたばかり、、、

「山奥にこもって修行している僧を
立派だという人がいるけれど
自分しかいないところや
同じ目的の人に囲まれた
場所で修行するのは
ある意味ラクなこと。

逆に
多様な価値観と煩悩にまみれ
単純でごく普通の暮らしを営みながら
修行を続けていく方が
よほど大変であり
その中でなお“自分でいられる”ことこそ本物」


って、この通りでは絶対ないな(笑
でも、たぶんこんなニュアンスでした。


もの作りは、生きること。

立派である必要なんてゼロだけど

作っているとき「以外」の生活が
何らかのかたちで
必ず作品に反映してしまう。

ならば
家業の仕事からも逃げずに
きちんとしていかないと
と、初めて思えた日でもありました。
(え、今まで逃げ腰で?→ や、面目ない


ああ、さすが
体力勝負の仕事のあとは
気持ちが前向きですな。ふ。

とにかく
たくさんの方たちのお蔭で
片づけもメドがついてきました♪

by katachi_web | 2011-04-28 23:54

Cーコレ15 

もともと処理能力がないところにもってきて
昨日から、家業で判断能力を求められているせいか
キャパを超えてしまった?!
頭のどこかがずっと点滅している感じの
なつおぢです。

どこかを押せば
点滅は止められるような気がするけど
押しボタン、見つかりません。

あ、でも
元気は元気です、、、、(ってナチュラルハイ?

さらに
これから板皿に釉薬を吹こうと思っているので
ますますハイ状態は加速しそうです
(人様にご迷惑だけはかけないようにします


さてさて、今日は

23日に窯出しした中から2回目となる
C-コレ15をお届けします。

初めての”ご夫婦揃っての登録”です。


d0133128_22104094.jpg












C-コレ№15-1(写真右)
会員 K.Yさん作 「フリーカップ」

土 : 4号土
成型:手びねり
装飾:白化粧
釉薬:乳白釉・ルリなまこ釉

コメント:まずはご主人Kさんの作品から。

写真に撮ると外側の微妙な青みが伝わらないのが残念です。
何か還元で焼いたような深みのある色合いが出ています。

4号土で成形後、白化粧で3か所に大胆な刷毛目を入れました。
シンプルな形にとても合っています。

釉薬は中が乳白釉薬を厚掛け。
そして外側にはルリなまこ釉をごくごく薄掛けしたそうです。

Kさんはこれまでにも釉薬と釉薬の組み合わせをいろいろ試されていて
いるチャレンジャー。
なつおぢも試したことがないオリジナルの使い方をたくさん発見されていて
勉強になります。

今回も、ルリなまこを薄掛けするという普通はあまりやらない掛け方で
とてもよい組み合わせを見つけられました。



C-コレ№15-2(写真左)
会員 M.Yさん作 「ジャーカップ」

土 : 信楽土
成型:手びねり
釉薬:チタンマット釉

コメント:左のジャーカップは、奥様・Mさんの作品です。

ご本人としては、カップではなく、ミルクやソースなどを注ぐための器として
作られたのかもしれませんが

なつおぢが好きな安藤雅信さんの作品にこういうコーヒーカップがあり
カップとしても使ってほしかったので
無理やりコレクションに入れさせていただきました(笑

ちなみに、タイトルのジャーはもちろんjar。
直訳すると水差しカップ???(当たり前ですが造語・しゅみましぇん

土は、信楽で成形。
釉薬はチタンマット釉薬のみですが
中はしっかり濃いめにかけて
外側はグラデーションにすることで
やわらかい風合いが出ています。

取っ手のカタチ、位置のバランスがよく
シンプルながら洗練された作品に仕上がりました。




そして。


先日、内側のカーブの「線」が上手く出ないと書いた
少し深めのお皿です。

その後、ようやく「こんな感じかな?」というのが出来て
乾燥棚に並びました。


”押しボタン”は見つかりませんが
「線」は見つかったような。


d0133128_22364794.jpg


















後は、素焼、本焼を待つばかり♪

焼成後、理想の「線」に会えますように。

by katachi_web | 2011-04-27 22:49

片づけ中です

10年と半分、裏原宿でがんばってきたお店を
連休明けに閉店することにした
と、先週
友人Kちゃんから連絡がありました。

とはいえ
この先を考えての「前向きな選択」であり
もうすでに、次の扉を開く準備に
入っているそう。

「落ち着いたら町屋まで行きます」とも
書いてくれていたので

ずっと以前、最初に彼女が遊びに来てくれたとき
この場所がまだ工房にもなっていない
古い畳の“金田一耕介の部屋”だったことや

手作りのジュノベーゼを
たくさん持ってきてくれたことなど
昨日のことのように思い返しました。

さらに
陶器とは別の制作の場で知り合ったKちゃんと
初めて会ったのは
もう15年も前になるのか、、、

などと振り返っていて

ふと、気付いたことが。


最近、なぜか
その頃に知り合った方々と
久しぶりに会ったり連絡をしたりする機会が
続いてます。

年賀状のやり取りをしていた方もいれば
ほとんど連絡を取っていなかった方など
それぞれなのですが

とにかく
なつおぢが
自分史上
最もボロボロで
でも、最も懸命だった頃を
「支えて」いただいた方々と

ここにきて
またご縁がつながるのは
本当に幸せなこと。


同じ時期に連絡が続くのは
不思議な気もしますが

「時代はめぐる」と
いいますからね、、、

でも

ただ回り、繰り返すだけじゃなく

“螺旋”のように
お互いが
回りながら、少しずつ上に向かっているといいな
と思います。

なので
そんな立ち位置で
再会できるよう

新しい扉を開くKちゃんのこれからに
ほんのちょっぴりでも力になれるよう

なつおぢは今
抱え込む山積み問題を
とにかく
急いで片づけ中です(へ?


で、それがきっかけにもなり
ここ数日
家業のことで
ずっと気づかないようにしてきたことが
これまた続いて表に出てきています(地震のこと以外

今日は
その件で新しい業者のSさんと
初コンタクト。

お話をうかがっていたら

なんと
思いがけず
なつおぢが「やりたいこと」と「家業」の
「接点」が見つかったような気がしました?!(慎重な判断求む!自分


片づけながら
過去と未来がつながっていく
今、そんなときなのかもしれません(なんなんだ



本日の癒しは、マイケル。

d0133128_20334199.jpg















なんだかとても穏やかな顔をしていました♪


by katachi_web | 2011-04-26 21:09

one mile over...

1日中、ヘンなお天気でした。

壊れそうな空を見上げていたら

ふと 昔のアルバムのジャケットの絵が浮かびました。

たぶん、昨日の店名(曲名)のせい?


d0133128_07562.jpg













がんばれ日本
はもちろん

がんばれ地球。

思い、ちゃんと伝わりますように、、、




さてさて
今朝の窯出した作品の中から
C-コレ№14をお届けします。


d0133128_08236.jpg












C-コレ№14
会員 Hさん作 「フリーカップ」
土 : 黄土・黒の混合土
成型:手びねり
装飾:白化粧
釉薬:霜降釉、ルリ釉、織部釉
チタンマット釉、トルコ結晶釉


コメント:精巧な作りのHさんのフリーカップとお皿です。
本来はセットではないのですが、あまりにぴったりだったので
セットでC-コレ入りとさせていただきました(笑

電動ろくろの成形のように見えますが、手びねり作品です。
釉がけもとても丁寧に施されています。

まず、右のカップは
黒土と半磁器土の混合。
グレーの土が活きています。

ソーサーになっているお皿は
黄土で成形し霜降釉の上に
ごく薄くルリ釉を吹きました。

左のカップは、黄土で成形後
口元に白化粧。

釉薬はチタンとトルコ結晶をごく薄く吹き掛けしたそうで
土の風合いが上手く出ています。

お皿は、やはり黄土で成形し
霜降釉の上に、ごく薄く織部釉をグラデーションで
吹きました。

こう見ていくと
装飾は
左のカップに入った白化粧のラインのみ。

あとはごくシンプルに釉薬だけで仕上げています。

でも
土・釉薬ともに淡い色の組み合わせで
独特の世界観を出すことに成功した作品たちです。

by katachi_web | 2011-04-23 23:14

楽しい課題

北の方でも
明日からお天気が崩れるようですね。
土砂崩れなど、さらなる被害がないことを祈ります、、、


そして、今日の工房です。
昨日、作品の「線」(フォルム)が見えた
と大げさに書いたばかりでしたが

今日、乾燥したものを削ったら
少し柔らかすぎたのか
またも、あいまいなフォルムになってしまったような。

う~む。
思う「線」には、どうしたら会えるのだろう?

土のブレンドを変えたり
土どりの大きさを変えたり
いろいろ考え、試作を続けてみたのですが
どうも芳しくなく。


午後からちょうど
三鷹台に行く用事があったので
久しぶりにRoundaboutへ。

ここは一柳京子さんや
海外の量産品が並んでいるのと
ディスプレイが素敵だったりするで
「空間」として勉強になります。


d0133128_20585225.jpg















一柳さんのフォルムは相変わらず
凛として美しい。


う~む。

「線」との出会いは、楽しい課題にすることにします♪


本日のおまけは
久々の「ごんた君」です。

最近の彼は
犬小屋に入っていることが多いのです。
もしかして、余震に備えているのでしょうか。


d0133128_20593564.jpg














って

頭、出てますけど。

by katachi_web | 2011-04-22 21:07

うさぎと線


昨夜窯詰めを終え
今朝早くから
4月の「本焼」が
スタートしています。

「素焼」が16日だったので
みなさんの釉がけが
とても早かったことがわかります。

たぶん、停電の関係でお待たせしてしまったせいも
あるかと思います。

窯出しは23日(土)の朝の予定
午前中からお引き取りが可能です。
よろしくお願いします。



さてさて。

その窯が570度になるまでの間
家業の仕事で急いで外へ 、、、

すると、途中

なぜか「うさぎ」に会いました♪

下町では車の隣にいるようです?!


d0133128_22131291.jpg

















「ガレージに住んでるの?」

あまりの可愛さに
ガラスをトントンしてみましたが

「・・・」

残念ながら
うさぎ語はわかりませんでした(ねこ語は、少々)



さらに、話は変わって
今、試作中のお皿です。


d0133128_2213515.jpg















径が約28㎝、高さ約6㎝のリム付き。
お皿というには少し深めなタイプ。

以前、同じようなものを大量に納品したですが
使ってみての反省点などを踏まえ
前回よりも
少し浅い、自然なカーブに改良したいと思っています。



そのほんのちょっとの変更が
案外難しいもの、、、

なかなか線が決まりません。

で、今日は
あえて柔らかい土で試してみたのです。

成形上は益々難しいのは当たり前。

でも、なんというか

崩れそうで崩れない
ギリギリの緊張感を持つ線が
一瞬見えた気がしました、、、

職人は、極力自らの気配を消す仕事を
繰りかえします。

でもホント時折り
自分だけにわかる線やフォルムが見えるときが
あるのです。

だから続けていけるのかな。

by katachi_web | 2011-04-21 22:20

SAKURA

なつおぢは今
ときどき学生です(手に負担を掛けない技術を学ぶため)

いまどきの学生さんは
履修登録など
すべてPCから行うそうです。

「あの~おぢ学生なので
手書きで許してください」

なんて、通用しないので

わからないまま
とにかくやるのみです。


今日は、次期スクーリングの
申し込み期限でした。

繰り返しになりますが

わからないまま
とにかくやるのみ、、、

「あ、間違えちゃった」

でも一度“送信ボタン”を
押したら

「いかなる場合も変更致しかねます」
のだそうです。


とほほ。


実は
本当に勉強したいことは
原始的な、しかも、ほんのちょっとのこと
だったりします。

 ・・・・・・・・

機械に負けるな。
(ちっちゃく) ファイトっ。



そして。


本日の癒しのお花は
Yさんからいただいた
大好きな八重桜です。

d0133128_2211462.jpg
















昨年末、やはりYさんから頂いた山形の啓翁桜に続き
今度はY家のお庭から枝を切って届けてくれました。

実は昨日、塀の向こうに見えるこの桜を
「素敵だなー」って思いながら前を通ったので
きっと、その気持ちが伝わったのです。感謝m(- -)m

これ、塩漬けにすると
たぶん「桜湯」にできるはず、、、

ふわっと水中にひろがる桜、会いたいな。

by katachi_web | 2011-04-20 22:29

じゃんけん

おぢ家では
昔から
珈琲を淹れる人は
“じゃんけん”で負けた人、と決まっています。

楽しく暮らすための
先人からの教えのひとつ
だそうです(笑

ペーパードリップなので
誰が淹れるかによって
珈琲の味はもちろん変わりますが
そんなことおかまいなし。

毎回、真剣勝負が繰り広げられております。

それが、、、
どうしたことでしょう。

本日、なつおぢの14連敗目
またも淹れっぱなし記録を更新しました。


d0133128_20381047.jpg














悔しまぎれに「なひやカップ」の宣伝?!
ちなみに、ただ今、制作の真っ最中です。




さらに。

今日は、ものすごく久しぶりに
愛しのサブちゃんを発見!
うっ、うれしい、、、

「元気そうでよかったぁー」って言いながら
走って追いかけ
自転車の陰でパチリ。


d0133128_20401110.jpg















なかなか写真を撮らせてくれないので
これは希少です(しつこくしてごめん


でも、久しぶりのサブちゃんは
前とちょっとだけ
様子が違うような気がしました。

何が?って上手く言えないけど、、、、
もしかして地震のせい?

でも
そんなところも大好きなので
「So, you don't have to worry ….」

どうしたら守れる?

って

じゃんけんすら弱いおぢでした、、、(ヘ(´o`;)ヘ

by katachi_web | 2011-04-19 21:18

未来へ

何日か前
葉山の有名なカフェcoyaが
閉店すると聞きました。

根本ご夫妻のbolgを見ると
「生産者になることを決めた」とあります。

「残念」の声は多いようですが
「潔い」決断には尊敬、です。


未曾有の出来事を
こんな風に
わたしたちひとりひとりが深く受け止め
その思いを、個々の暮らしの中で
何かに変えていけたら、、、と
改めて感じました。


今日、午後のクラスでは
やはり震災をきっかけに考え始めたという
Aさんの新しいプロジェクトについて
みんなでお話しました、、、


大丈夫。

未来はひらいていけますね。



by katachi_web | 2011-04-16 23:24