「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

<   2011年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

快適な雨へ

よく降りますね。
葉っぱに当たる雨の音が重たそうです。

それにしても昨日
中央線の中で観た
トレイン小説・リトルチャロの<最終回>。
チャロの幸せそうな姿に
癒されました(へ?


そして。

今日はワークショップ終了後に
家業の件でお客様がいらしてくださいました(妖怪ではない

ひとつの件で
もうすぐ答えが出ます。


かかわってくださっている方々のためにも
何とか上手く運んでくれるよう
大げさですが、祈るような気持ち、、、

こういうときは
心配や不安などを捨て去って

明るいこころ持ちでいると
明るい結果を招きそうなので
できるだけ
好きなことや楽しいことを
考えます(よね?

今日は
梅雨を快適に過ごすために
今欲しいものについてにします(へ?


まずは
コレ

竹の米とぎざるを
工房1階の流しの水切りカゴにするのは
どうでしょうか?

これなら
梅雨時の乾燥の問題もクリア。

またたびと迷うところですが。


お次は、コレ(麻のマット・左から3つめをクリック)

工房の玄関マットをジュートに変えたら
カビの心配もいらなくて快適です
やっぱり4番ですかね?


さらに

玄関ひさしを取り付けたかったのですが
古い感じのまま付けるのは
強度的にも難しいと言われたので
検討中。

とにかく

目指すは
雨が降っても1日中、家や工房で
ゴロゴロ快適に過ごす生活(へ?

そんな平和な日常が
1日も早く戻ってきますように(って最後はやっぱり神頼みか?笑

by katachi_web | 2011-05-28 22:14

言葉

地図すら読めないなつおぢにとって
製図は一番苦手な分野です。

教えてくださる
“新しい先生”がいらっしゃる場所が
工房からけっこうな距離なのもあって
ついつい課題が遅れがちになってしまいます。

でもうれしいのは
そのF先生
若くて綺麗で背が高くて
性格もとっても可愛い方なのです(綾瀬はるかちゃん似?

課題の提出期限が迫ってきてしまったので
今朝早くからがんばって行ってきたのですが

今日
先生が
さらに白魚のような手の持ち主で
あることがわかりました!(ちゃんと勉強してください


さてさて。

帰宅後は
珍しく自分の作品を写真に撮る作業をしました。

や、珍しくというのは
いつもここに載せてるような感じの
ラフな写真ではなくて

カタログになるような
正面と横からの画がわかる撮り方をした
という意味です。

い、今さらの
カタログ?

はい。面目ありましぇん。

展示会のときにはちゃんと用意しておいた方がいいよ
と、人には言ってるのですが
自分はついつい後回しで。

でも、ありがたいことに
この7月末くらいから
また新たな場所で作品を扱っていただけるらしく
慌てて準備する次第です。

d0133128_21323297.jpg













これは横からの画(こんなつまらない写真でいいのか?

深さのイメージなどが上手く伝わってくれるといいです。


詳しいことがわかったら
またここでもご紹介させてもらいますね♪




今日は以前にも書いた
仙台で被災したYさんから
1週間のボランティア(さらに被害の大きい地域での活動)
を終えたとメールがありました、、、

元看護士の目から見て
今後一番問題になるだろうことは
大切な人を亡くした方々のこころのケアと
その方たちをケアする側のこころのケアだ、と。

ええと。
現地の様子や交流のあった方たちの話など
伝えたいことはいろいろあるのですが
だらしのないことに彼女の言葉をなつおぢ自身が
まだきちんと受け止めきれずにいます(感情移入してしまう
今書くと無責任になりそうなので
しばし寝かせて、またの機会にしようと思います。


でも最後にひとつだけ。

「代わりが利かないから、かけがえのない人なんだ」

おじいさんが言ったという言葉
刺さりました、、、

by katachi_web | 2011-05-27 21:42

いまここ

今日お目にかかった方に
「お父さんの仕事は
継がない、って言えなかったの?」と
聞かれました。

うーむ。
その選択肢は
考えたことなかった。

(亡くなる前に倒れた)当初は
入院中だけ代わりにやる、くらいの
ごく軽い気持ちだったし 
それ以降はもう、なし崩し的な感じで
現在に至る、ですから。

そう言い訳すると

「東京にいると、強い思いはあっても、流されたりして
気が付いたときには“これが本当にやりたいことだったっけ?”って
ことになっちゃうから、、、気を付けて、、、」

偶然にも、ご実家は荒川区というその方は
現在、東京の他にも拠点を確保しようとしている最中なので

なつおぢにも“土”を求めて
どこか別の場所に工房をかまえることを考えてもいいのでは?と
アドバイスくださったようです。

うーむ。
それもまた
考えたことなかった。


陶芸は、昔から

「一窯、二土、三細工」と言われるくらい

当然“土”は大切です。

でも、そういう伝統的な感じの陶芸は
(土がとれる)その産地に生まれ育った人
もしくは
そこで制作することに意味を見いだせた人たちが
この先も守っていってくれるだろうから
なつおぢなんてお呼びじゃない気がするしな、、、

などと
珍しく思考をめぐらせていて
気が付きました。

周りから見ると
今のなつおぢは、さぞや中途半端な感じがするんだろな。

ま、ごもっともで(笑


でも誰もそうですが
人はそれぞれ与えられた環境の中で
ベストを尽くしていくしかない気もします(言い訳か

今、ここにいられることに感謝をして
一歩ずつ進めば

山もいつかは乗り越えて
前よりも広い視界が広がっていると思いたい。

なんてね。
そんなことを言っているうちに
自分がすっかり妖怪の仲間入り、なんて
ことがないようにしないと。

やはり頂いたアドバイスを胸に
気を付けます。はい。m(- -)m



そして。

おまけは
知らないお宅の屋根で寝ていた
にゃんこ先生。

これまた知らないアパートの
屋外階段の途中から撮ったもの(犯罪?

d0133128_2325939.jpg















光に透けた耳の色に
命、感じました。

by katachi_web | 2011-05-26 23:32

今日も

なんとも気持ちのよいお天気でした。

そして
昨日、Mちゃんのおめでたい
ニュースをお伝えしたばかりでしたが

今朝、教室の留守電を聞いてびっくり!

(水曜午前クラスの)Mさんから

「これから病院に行って
がんばって産んで来ます、、、、
作品については、、、」

と、Mさんらしい明るい声で
メッセージが残されているではありませんか。

おおおっ。
うれしいことは続きます~


しかも
お二人目のお子さんだからなのか
さすがにたくましい?!

どうか、どうか無事に生まれること
みんなで祈っています。
がんばってきてください♪




さらに。


今日の午後クラスには
ひよこスタジオのY先生が
釉がけにいらしてくださいました。

前回お伝えしたときは
色見本に釉がけされていましたが
(見逃した方はコチラへどうぞ)

それらを本焼したの色を
ご自身の目で確かめた上で

いよいよ本番のお茶碗に「たばこの灰」を施しました。

d0133128_1831567.jpg














当たり前ですが
本焼後はこの色ではありませんよん。

灰は溶けるので筆で塗った表面のテクスチャーも
変化します。

どんな色になるのか
楽しみにしてもらいたいので
あえて色見本の色も載せないでおきますね。

今月2回目、5月28日の窯に入る予定です。

どうぞお楽しみに♪


(これって、Y先生、プレッシャーかなぁ?笑
すみましぇんm(- -)m)

by katachi_web | 2011-05-25 18:17

厳かな気持ち

昨夜、知恵熱(?)を出したなつおじは
そのデトックス効果なのか
今日も元気。

昨日のワークショップ中に電話をもらった
新しい妖怪さんと
早速会ってきました。

今度はね、、、

そうね。
“あずき洗い”かな(by猫娘



そして

たった今メールがありまして
今日のお昼に
(土曜午後クラスに来ていた)Mちゃんが
無事男の子を出産したそうです!


添付してくれた赤ちゃんの写真を見てたら
なぜだか
いろいろなこと思い出してしまいました。

彼女が初めて工房を訪ねて来てくれた日
入社した会社が大変で、来る度に泣いてたこと
陶芸家のご主人と初めて会った頃
フィリピンに遊びに来てくれたときのこと、、、

で、そのMちゃんから生まれた、新しい命なんだ
って思ったら

何と言うか
うれしいだけじゃなくて
感慨深いというか
神秘的な感覚すら
覚えました、、、(涙

とにかく、とにかくおめでとう。
いつの日か
Mちゃん家族に会えること
楽しみにしています♪



おまけは
ゴンタのお散歩ショットです。

工房のアイドル犬にもかかわらず
いままで
ぐでぐでーと寝ている姿や
小屋からはみ出しているところばかりだったので
ちょっと可哀そうだな
っと思ってたのですが(事実だけど

夕方、お母さんに連れられ
おすましてお散歩するゴンタは
ちゃんとしたゴールデンレトリバーに見えました(当たり前です

d0133128_2135123.jpg












とってもカッコいいでしょ?



でも


やっぱり猫が好きなので

d0133128_2145514.jpg












後ろから
「サブちゃ~ん」
と呼んてみた、なつおぢでした。

by katachi_web | 2011-05-24 21:27

レポートのお蔭で

陶房かたちにかかわってくださる皆様のお蔭で
その後も定期的に被災地への義援金を続けています。

IMG.jpg







たとえ僅かであっても継続することが大切だと思うので
今後もご協力の程、どうかよろしくお願いいたしますm(- -)m


また、なつおぢが尊敬する「こざるキッチン」のKさんは
震災直後から、さまざまな企画で支援活動を続けていらっしゃいます。

美味しく素敵なイベントで被災地を応援する仕組み作りを
現在も、そしてこれからも考えていかれるそうなので
ご興味ある方はぜひ。詳しくは→ コチラ

ご縁、つながっていくとうれしいです♪


そして

今週末、なつおぢは新しくお勉強を始めた先で
スクーリングでした。

もう何度も書いていますが
新しい勉強は
この先、右手がいつまでもつのか不安なので
ロクロが轢けなくなったときのことを考え
今のうちに別の作り方(型を作るところ)を
もうちょっと深く学んでおこう
と思ったのがきっかけでした。

しかし、その“ちょっと”がクセモノで、、、

本命の教科を履修するには
他の教科の単位が必要で
それは遥かなる道だったのです(ちゃんちゃん

という訳で!
今回のスクーリングは「文章表現Ⅰ」でした。

文章?と思うでしょう?
でもこれが大切なのだそうです。
なにせ、どの教科もレポートが基本だから。

で、受講した結果は、というと、、、

受講最後(今日)に提出するレポートがあり
なつおぢ昨夜は寝る時間がありませんでした(汗

もしかしたら、誰かの何かに
役立つことがあるかもしれないので
ちょっとだけ説明すると

(学習)レポートとは
主観や感想を排除し、非文学的に書く
序論、本論、結論は1:8:1の黄金比率をできる限り守る
自分以外の意見(裏打ち)を必ず引用する
序論と結論は同じではいけないが、内容は必ず重ねる
出題者と読み手が同じなので(一対一の)コミュニケーションを意識する

のが基本だそうです。

も、もう目の前がクラクラしました。
学生時代にも協力隊時代にもレポートは
たくさん提出してきたけど
バリバリ主観的なこと並べてたような、、、
あれは何だったのでしょう?

教授曰く
この分野で日本はとても遅れているそうで
最近になってようやく確立されつつあるのだとか。

日本人は、元来、
抒情的・文学的な書き方を好む国民で
特に、語尾には
そう思われてならない、ではなかろうか
期待したい、願っている、祈っているなど
言いきらない言葉を多用します。

それゆえ、公けの読み物にすら客観的な視点を欠き
読売新聞の天声人語は、外人には通用しないという
結果になるのだそうです。

(レポートに限っては)そういう語尾たちに逃げずに
翻訳したとしても意味が通じるような
文章の書き方を学んでください

とのことでした。

やや、でも
意外や意外
なつおぢ、この授業とても楽しかった!

体調は絶不調でしたが
気持ちだけはあって
夢中で書き続けました。

客観的な書き方が苦手なのは変わらないけど
改めて、書くこと自体が好きなんだなぁと思ったりして。

これで、他のレポートもやる気が出ることを
期待したい、願っている、祈っています(笑



それにしても更新されていて
何よりうれしい、なつおぢでした♪

by katachi_web | 2011-05-22 20:27

トルコ便り

トルコにいる心の友が
プルサという街で買ったアンティークのお茶碗(陶器)の画像を
送ってくれたのでご紹介。

d0133128_20534622.jpg












d0133128_20551774.jpg






って、画像小さいですね。


しかも、彼女の説明としては

「中の丸3ッは、トルコでよく使われているモチーフで
確か幸せを意味する???  ちゃんと調べておきます!」


うーむ。
この、よくわからない感、、、

さすがはなつおぢの友ですな、同じニオイがします。
好きです(ありがとう☆chu


ちなみに、器の外側はどう見ても
白化粧刷毛目で透明系の釉薬がかかっています。

あちらの方は
ロクロの回転が反対のはずなので
刷毛目模様も反対かもしれません。
写真だとよくわからないけど。

やっぱり一度現地に行って
器や文様など自分の目で確かめたいと
ますます思いました♪


ええと。
先日から
「妖怪」がどうの胃がどうのと
またも うだうだ書いてしまったせいか
他にも連絡いただいてまして、、、


最近、家業でお会いする方が
ちょっと“砂かけ○○○”に似ている
というだけなんです(←失礼過ぎますm(- -)m

心配させてしまう書き方をしたようで反省しました。


人間、立場が違うと
守るものも違う訳で
しかたがないこと
わかってます。

だいたい、あちら側から見た場合は
なつおぢが“妖怪”ですよね(ネコ娘がいい

ただ
ちょっと書きたかっただけなんです。

しっかり者に生まれ変わってますので
大丈夫です。たぶん。
ありがとうございましたm(- -)m


そうそう
GWに手を痛めてぐだぐだしていたなつおぢに
“しっかりスイッチ”が入るきっかけをくれた
友人Yさん(一時帰国中に仙台で被災された方です)は
今週、泊りがけのボランティアで被災地に入ったそうです。

元看護師である彼女が
フィリピンに家族を残してまでも
やらなければと思ったことなど
またいつか、ここでもご報告できればと思います、、、


明日から鷹の台でスクーリング。
とっても朝が早いみたい(←もはや人ごと


さぶちゃんは知らないお店に出没するらしい。
カゴ持って探しに行きたいけど
いつ行ったらいいんだろう??
真剣に考えるなつおぢでした♪

by katachi_web | 2011-05-20 21:22

C-コレ№16 (&さぶちゃん

昨日Amazonから案内メールが。

中島奈津子 様 あなたへのおすすめ商品があります
ペット (DVD)のカテゴリで何かお探しですか? 次のような商品はいかがでしょうか。

しゃべるねこ、しおちゃん [DVD]

d0133128_21402146.jpg







↑これが
12%offになっているというお知らせでした。


しおちゃん。
可愛い声、モノマネしたい、、、


昨日午後のクラスになって

「DVD買っちゃおうかな」

つぶやくと

「そのへんの野良猫たちに喋り方を教えればいいじゃないの」と
ちょいワル会員Tさんからのアドバイス(笑

Nさんからは
「そんなに猫が好きなんですか?」と聞かれたので

「胃が痛いから、、、胃の上にいるといいなと、、、」と答えると

「ああ、癒されたいんだー」

「そ、そうなのか」
今さら気が付く本人。

きっと、それは
妖怪のせいかも、と思いました。

最近初めて知りましたが
“争う”って
なつおぢにとっては
車の運転よりも苦手なことでした(内野さんいないし

でも
開かずの扉を
開けてしまったのはこちらですから

巻き込んでしまった方々のこともあるし
きちんと最後まで決着付けないと(毅然

これを乗り越えるには
“恵命我神散”ではもはや手におえないので
やっぱり「にゃんこ力」です!


あああ
どうでもいいこと
長くなってしましたm(--)m

ここからが本題です。

昨日の窯から
久しぶりにC-コレをお届けしてしまいます♪

じゃん。

d0133128_2138648.jpg













C-コレ№16
会員 Kさん作 「椿の珈琲マグ」

土 : 黒土(細)
成型:手びねり
装飾:白化粧・ベンガラ
釉薬:織部・セレン赤・カナリア黄・透明

コメント:力強い椿の絵が印象的なKさんのマグです。

成形後、取っ手を付けてから白化粧。
外側はしっかり濃いめに付けました。

カップの内側は写っていませんが
黒地に白化粧の「刷毛目模様」を施しました。

素焼後
内側には透明釉を施したあと

外側にベンガラ(第二酸化鉄)で椿の絵を骨描き。

ベンガラの線に重ならないよう
葉の部分は織部
花びらはセレン赤
おしべにはカナリア黄を
それぞれ筆で乗せ

最後に外側全体にうっすら透明釉を吹きがけしました。
(注:濃いめに掛けると色の釉薬が流れてしまう)

なんでもササっとこなしてしまうKさんならではの
大胆なカップ。

今回もあっと言う間に出来上がりました。
お人柄をあらわすかのように、華やかです!




そして。

最後に今日一番のうれしいこと。

一昨日書いたばかりのサブちゃん。
なんと今日、帰って来たら久しぶりに後姿を発見!

「サブちゃーん」と声をかけると

振り向いてくれました~




d0133128_21391865.jpg
















ちなみに、しおちゃんじゃないので
「おかえりー」とは言いません。
そこがまたいいの。









by katachi_web | 2011-05-19 22:17

beginner's luck?

なんとも爽やかで気持ちの良いお天気でした♪

先日の工房エアコン工事に続き

今日は朝から祖母の家の方の
節電対策工事が行われました。

他のおうちやお店よりも
電気窯で電気使わせてもらってますからね。

他のところでは
出来る限り節電できるようにしていきたいと思っています。はいm(- -)m

そして

温度的にちょっと無理やりでしたが
窯出しをしました ( 良い子は窯のために温度が下がるのを待ちましょう

今回は
”初の”予備数なしの綱渡り作戦。

会員の方はよ~くご存じのとおり
最後の最後で
自分以外のものに“ゆだねる”しかない陶芸では

焼きあがったら
思った通りの色が出ないことも多いし
歪んでしまうことだってあるし
ひどいときには割れてしまうことだってあります。

なので、納品数よりも
余裕をもって焼くことが多いのですが
今回はそれがその、、、、もじもじ、、、でした。




恐る恐る
窯出ししてみたところ

d0133128_21525844.jpg













ま、ま
なんとかできてるじゃあありませんか。

よかったよぅ。


「なつおぢ、もしかして、やればできる!?」



急に調子に乗ってみたところ


どこかから

「2回目は上手くいかないんですよねー」

と先週の土曜日にいただいた
Aさんの言葉が
再び聞こえてきました。


あ、そうでした。


今回は、手のことがあったから
神様がおまけしてくれたのでしょう。


綱が切れなかったことに
感謝をして

今後は「石橋大作戦」にします! (本当か?

by katachi_web | 2011-05-18 22:10

心もち、作るもの、そして生活。

ほぼ毎日?ゆるゆるっと見ているblogたち。

書き手それぞれが
“オリジナルを生きている”こと 感じられて

読むと

「これでいいんだ」って
自分の立ち位置が確認できます。

特に
なつおぢは今、家業の方で

「もしや妖怪ですか?」と聞きたくなるほど
ゴウツクな人と話さなければならないことが続いているので

「あ゛あ゛、脳を洗いたい」と思いながら
帰ってきたときなど
とても有効です。

職種が違ったりするのも
またよかったりして

ご縁
ありがたいなぁ
と思うのでしたm(- -)m



さてさて。

工房では
昨日から今日にかけて本焼でした。

今回は作品数が多かったようで
昨日の午前中クラスで釉がけした分で締切らせていただき

それはもう、ぎゅうぎゅうに詰め込みました(笑


お引き取りについては
21日(土)が年間スケジュール上、お休みと
させていただいているため

23日(月)以前にお引き取りをご希望の方は
お手数ですがメールでお問い合わせいただければと思います。
(すでにお約束している方はそのままで大丈夫です)

よろしくお願いしますm(- -)m



そして。

先日
ひょんなことから頂いた制作依頼は
「グリーンが似合う小さめのピッチャー」でした。


そのときご一緒させていただいた場所で
稚鮎に添えてあった蓼酢の色を見て
なぜかピンときたそうです(?

d0133128_1685556.jpg















まあるい笑顔が素敵なHさんから
いただくリクエストは

「和でも洋でもいけるやつね」や
「これの、ここんとこがちょっとこうなったやつ」など
毎回すごく難しい、、、

でも
それ以上に

お母さんとして、そして おかみさんとして
すべてを守ってらした自信に裏打ちされた
暮らしのあり方や
美味しいものの引き立て方など
勉強になることがたくさんあります。

日々の心持ち、作るもの、そして生活。

それら全てがぴったりする日を目指して
なちおぢも精進すべしと
思わせてくれるのでした。



ラストは
今日のにゃんこ先生です。

d0133128_1713762.jpg












おめめ真ん丸の新参者、アクアちゃん (←いつものように勝手に命名

写真だとわかりにくいですが
鈴をつけているので
飼い猫のようです。



それにしても
愛しのサブちゃん、ずっと待ってるのになかなか会えません(寂

d0133128_17163626.jpg
















by katachi_web | 2011-05-17 21:16