ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

何かとは

以前、ある方から
工房の窓側の壁、左上の辺りに「何かがいる」
と言われたこと
ここに書いたでしょうか。

「何かとは何か?」は
怖くて聞けませんでしたが
決してワルイものではなく
むしろ守ってくれている存在らしいです。

5月に出産したMちゃんが
「この工房で言うと願いが叶う」と断言することとも
関係があるのかなと思ったりもします。

でも普段、おぢは忘れがち。

ところが

先月15年ぶりに工房に遊びに来てくれた
友人Kちゃんに
そのことを話したらしく

先日、別の街で
鍛金のS先生とKちゃんの3人で再会した際

「あの工房の建物も古いから、どうしようかと思っている、、、」と
おぢが言うと

「え?じゃあ、あの窓際にいるものはどうなるのよ?!」
とKちゃんが
ものすごい勢いで聞くではないですか(笑

「うわん。そこですか。
あれってそんなに大切だったのね、、、」

さらに
S先生からは

おぢの今後のことについて
その「何か」からメッセージをもらう方法まで
アドバイスをいただいたりして。



工房に戻り
早速、アドバイス通りに試してみました。

翌朝
なんと!
おぢ、本当にメッセージもらえてしまったかも???
(でも、そうなるとまたまた遠くへ行くってことかもしれませんが・汗)


とにかく

ブレないお手本であり
人より早くいろいろなことが
わかってしまうS先生には
作り手として、人生の先輩として
これまでに何度も救っていただいています。
またひとつ感謝することが増えましたm(- -)m



最後に「何かとは何か?」について。

若い頃アルバイトしていた
恵比須の骨董屋さんの仕事は
朝、ショーウィンドの中にいるという「龍」に
コップ1杯のお水をあげることから始まりました。

ま、この話は
店主・赤祖父さんのご出身地である富山の滝や
そこで有名だったお母様などが登場する
とっても長いお話なので
あっさり省略します(笑


ただ
もしも「龍」だとしたら
大切にしるにはどうすればいいのでしょう?

うーむ、、、
やはり、感謝することしかないのかな。
あとは、お水か。




そして
今日のおまけ。


遠くからサブちゃん発見。

d0133128_23442733.jpg













ZZZ~気持ちがいいな~




d0133128_2344541.jpg













誰か来る。あ、あのウザい、おぢだな。
こっそり逃げよう、、、



d0133128_23453341.jpg













あ、見つかっちゃいましたか(ソフトバンクお父さん風




愛しのサブちゃんのベストショットは
カメラリテラシーの提出課題にしようとしているのですが
この分だと、望遠レンズが必要のようです。




それにしても
今日、久しぶりに見かけた
愛しのサブちゃんは
やっぱりかっこよくて、うれしくなりました。
暑いけど、元気でがんばってくださいにゃm(--)m

なつおぢ

by katachi_web | 2011-07-29 23:58

学生とPTA

現在、スクーリング週間なので
気分は、ちょいと学生さん。

合わせて、メガネも学生風にしてみました。


d0133128_23242516.jpg











と思ったのは自分だけで

「教育ママだ~」と言われ

「PTAっぽい写真」が、こっそり撮られる始末(しどい



帰り道に
バス停でバスを待っていると
(勉強先はちと奥の方なので)
ゲリラ豪雨のような夕立が降ってきて


先頭に並んでいた
可愛い女子2人組が
きゃぁ~と叫んだあとに

「&%$#‘*?」

「‘&%$#?!;*」

と言い放ったので

一瞬、外国の方が急な雨に
驚いているのかと心配になり

近くにいた
同じクラスだった人に尋ねてみたところ

「オニフッテネ」

「ゲキヤバィッショ」

の、一応日本語だと訳してくれました。



うーむ。

PTAを素直に認めた瞬間でした(笑






by katachi_web | 2011-07-28 23:33

がらがらぐるんぐるん

旧落石無線送信局。

北海道は根室半島の先端にたたずむ
その古い建物を中心に
数年前から進行しているという
落石計画

先日、勉強先で
そのいきさつや現状をうかがう機会に恵まれ

古い建物が持つ「場のチカラ」と
個人の深いところにある「作るチカラ」の結びつきを
感覚として(言葉にできない部分で)
改めて理解できた気がしました。


結論としては
やはり大工にもなりたかった(へ?

が、
一からの修行はさすがにキビシイ
ということで

話題、変えます。



ここのところ納品続きでバタバタでしたが
ようやく最後の納品先へ
この子と一緒にお届けにあがりました。

d0133128_23502499.jpg



















これまでも自由が丘店でお世話になっている
アパレルショップShwer Partyさん。

今回新たに吉祥寺店でも「なひや姉妹」ラインの作品を
お取扱いいただけることになりました。
本当にありがたいですm(- -)m

行ってみて初めて気付いたのですが
このお店には数年前にも友人と入ったことがあり
ご縁、感じてうれしくなりました。

まだ納品をすませたばかりですが
いつか素敵な店内に
なひや作品たちがに並ぶ姿を
ここでもご紹介させていただけたら、と思います♪


それにしても
この汚いカバン。

当り前ですが
おされな街・吉祥寺でこんなの背負っている人はいないので
優しいお店の方たちにも
ちと驚かれてしまい、反省でした(ポリポリ


一応、底には車が付いていて
ガラガラ引くことも可能ですが

素材が柔らかいので振動が大きく
陶器を運ぶのには向いていません。

なのでついつい
もしやバックパッカーですか?って
ことになってしまうのです。

最新の?ハードタイプのガラガラを買いたいけど

何と言ってもこの子は
フィリピン国内のあちこちを一緒に旅した
いわばおぢにとっての同志なので
愛着があります。

今回も久しぶりに
棚から下したため

小舟の旅で気持ちが悪くなったとき枕になってくれたことや
真夜中の山岳地帯で、これを逃したら帰れないっていう
バスを一緒に追いかけたことなど
思い出話は尽きず、、、

やっぱり他のガラガラには替えられないこと
確信しました。


あああ、それにしても
残務整理、決算、納品、、、
いろいろ終わって
おぢは今

体育館くらいのホワイトキューブで
ぐるんぐるんでんぐり返しをしたあと
大の字になって寝ている気分です(つまりとてもよい気分と言いたいらしい


そして

残りの月末は
一番大切なことを、、、

じゃん。

d0133128_0123174.jpg













愛しのサブちゃん。

先日、小島小鳥さんの猫写真を見たらピピピンときて
撮りたいイメージがわいてしまいました。

ちょうど5週目でワークショップもお休みですし
明日から月末までを
「ベストショット強化のための日々」と名付けます♪


なつおぢ







by katachi_web | 2011-07-27 23:59

楽しいことを考えるとき

『PC画面が長く見られない症候群』
なんてものが
あるかどうかはわかりませんが
おぢは、たぶん今、それにかかっています。

なので
ブログもごく限られたものしか見られません。

その少ない中に
なんというか
ココロ持っていかれるのがあったりすると
嬉しくなってしまいます。

紀行文?っていうのかな
ある場所をお散歩する様子が
書いてあるのですが

なんというか
描いてあるのです。


その場所は
おぢが高校時代
乗り換え駅として使っていた
懐かしい場所だったこともあり

当時よく行った下駄箱の匂いがする映画館や
原美術館までの長い道のりの記憶などとないまぜになって

知っているような
そんなはずはないような、、、、

とにかく
またその街へ行ってみよう
と思わせてくれたのでしたm(- -)m



さてさて
お話変わって

あのまま秋になる訳じゃ
なかったのね
という話題です。

気が弱いし
途中悩んだりすることも多々あるおぢですが
最後の最後になると
なぜか急に楽天的になります(遺伝です

そのため
よく、現実と希望的観測の
境目がわからなくなってしまうのです。

思えば
8月はこれからでした。

やはり
暑さの本番はこれからなのでしょうか?

、、、、、ですよね、、、、はい。



祖母の家は、南向きなので
暑さ対策が必要です。

1階は、アルミ製のテーブルで
涼しさを演出?できたとしても


d0133128_22264755.jpg


















2階の日差しは、どうしようもなく(泣く


d0133128_22285644.jpg

















最近、土曜午後クラスで
この場所にティラピスの先生をお招きして
みんなでレッスンを受ける
という案が出ているのですが

実現したら
参加者全員もれなく「汗だく&色黒」ですな(笑



それにしても
この2階は、写真のようにフラットに使えば
14畳+廊下部分。

ティラピス以外にも何かできそうです。

天井には、スポットライトのレールも
着いてるし。


もちろん、以前書いたように
地震により
この家は
屋根以外にも多々ダメージを受けてしまいました。

でも
その後、少しずつですが修復していて(←おぢはこの家のために働いている
あとは建具屋さんとガラス屋さんに
入ってもらえば、なんとか
というところまで
きています。

なので
ぽつぽつ楽しいことも考えられる頃かな、と。

陶器をはじめ何かの展示はもちろんのこと
小規模の落語会とか演奏会なんかも楽しそうですよね。

下町なので
お隣さんと接近しているから
音が出る催し物のときには
「お隣さんご招待」
が条件になりますけど。ふ。


って

それにしても

「納期直前」って
追い込み段階になると

どうしてこうも違うことを考えるのが
楽しくなるのでしょう♪




なつおぢ。
by katachi_web | 2011-07-25 22:40

どれも本当

ゲージュツ家肌だった祖母・キクちゃんは
このブログによく登場しますが
祖父のウメちゃん(梅三)は
あまり出てきてないような、、、

亡くなって10年以上が経つせいなのか
存在感の問題なのかはわかりませんが(←キクがあり過ぎたという意味で


色の白い、温和なおじいちゃんで
大の猫好きでした。(←おぢ、受け継いどります

ひざの上に猫を乗せながら
縁側で1日中将棋をやっていた姿が
まっさきに思い出されます。


でも、先日
昔からお世話になるご家族から
昭和30年くらいに都内の材木屋を取材した
記事のコピーをいただく機会があり

そこに書かれている祖父の印象が
おぢの記憶とはかなり違っていて
ちと驚きました。


d0133128_22421699.jpg

















これは、祖父の似顔絵(おぢ的には面影もない



記事の中には

自分は2代目であること
先代は、材木屋奉公の後
大正十二年九月一日、木場で独立。
しかし
わずか数時間でグラグラっときて
丸焼けになったこと(関東大震災)

その後
木場の地所がどうしても使えず
荒川に移り、再び開店。
昭和九年に自分が引き継いだとあります。


知らなかった。
キクちゃんから震災の話を
聞いたことはあったけれど
ウメちゃん、木場にいたんだ、、、

さらに

取材時は、四七歳とあり
記事の終わりは
こんなふうにしめくくられています(以下原文まま

『若い時道楽をしたので今は別になにもしないが
強いて言えばマージャンぐらいだ、という。
なかなか、ハイカラだ。
いつ覚えたのか聞きもらしたが、
その方がかえつてよかつたかもしれない、
とも考える節がないではない。』


あらん。ウメちゃん、若い頃は
けっこう遊んでたのかしら?

猫たちに
お味噌汁&おかかをかけた
猫マンマをあげてニコニコしてた
おじいちゃんからは
どうもピンとこないけれど。



関東大震災からの復興に、戦争
そして、老後。


人の中にはいろんなときがあり
どれもその人の本当、なのだなぁと
改めて思いました(へ?


うーむ。

作り手の場合は
作品でふり返ることが
できるのかもしれません、、、


しっかりしましょう(←自分へ



あ、今、作り手と書いて
思い出しましたが

先日、安藤さんの展示会で
どこかで見たことのある女性がいると
思っていたら
陶芸家の井山三希子さんでした。

ずっと以前にも、zakkaの展示会でお見かけしたことあるのですが
とても美しくなっていらしたので
わかりませんでした。


これも
その人にとっては
その時代その時代の
本当の姿、
なのでしょうね。





by katachi_web | 2011-07-24 23:05

タイトル

水曜午後クラス
「大鹿村騒動記、見たいね」とNさんと話しました。

本当に、幅広い層に愛された方でした、、、m(- -)m


さてさて。

今週は、なぜか友人や親せきなどから
頼まれごとが押し寄せまして

それはもう大忙しでしたが
持病の「役に立ってない病」に対しては
効果・効能があったようで
幸せな週でもありました。




何と言うか
台風が過ぎたあと気候がよかったこともあり
ちょっと
気持ちがふわふわに、、、?!


そんな調子で今朝
可愛らしいK先生とお話していたら

ひょんなことから
先生がお好きだという平山郁夫氏の本を
貸して下さることになりました。

奥から持ってきてくださった本を見ると

『ぶれない』


そのタイトルになぜか
「どきっ」
としました。


今、まさに
ぶれそうになっているおぢを
見透かされているような気がして、、、


そうだ、ふわふわしてる場合じゃなかったよぅ。
なでしこさんたちだって
諦めない
って教えてくれてたじゃあないの。


ということで


お借りした本を持って
先生のお宅を出るときには
気持ちが
「しゃきっ」としてました。


ちなみに

納期のこと、決して
忘れたわけじゃないのです。

ただ、ちょっとその

たまには違うこと考えた方が
却っていいかなって
思っただけで(ふふふ



そして。

今日のおまけの1枚は
またも神社。

d0133128_2250744.jpg














神社好きなので呼ばれることも
珍しくはないのですが

今日は本当に
何というか特別な「気」が
階段上からこちらに流れてきているかのようでした、、、



なつおぢ。




by katachi_web | 2011-07-22 23:20

お参り

おとといまでの暑さがウソのような1日でした。

工房近くのぐ~たらアイドル犬?ゴン太も
まるで子犬のようにぐっすり。

d0133128_2229110.jpg












とっても気持ちがよさそうでした。




そして

今日は、丑の日ですね。

そんな時に何ですが
おぢは最近、胃の調子があまりよくないので
おかゆにハマっています(へ?


「昨日究極のおかゆレシピをガッテンでやってた」と聞き

その作り方をのぞいてみたのです。

するとびっくり。

いままでのおかゆ作りの常識とは
全く違うぢゃあありませんか。

その作り方を簡単に説明すると

“沸騰したお湯”にお米を直接入れて
鍋底を“かき混ぜながら”
蓋を開けたまま15分煮て(途中さし湯あり
フタをして5分くらい蒸らし出来上がり

とあります。


一般的には
水に浸した米を”水から”火にかけ
沸騰したらとろ火
”絶対かき混ぜず”に
フタして50分くらいですよね?(土鍋の場合

正反対???

しかも、行平鍋って???


こ、これは
おぢにとって
今後の「土鍋作り」にまで影響する
大問題となりそうです(笑


d0133128_22262825.jpg













ま、まずは、自分で試さないと、、、
おかゆあんと伏見とうがらしのたいたんの
サイドレシピも合わせて、作ってみますわ。
(↑NHKの回しモノではありましぇん



おまけの1枚は
今日、ビルのふもとの神社で。


d0133128_2227732.jpg

















友人の願いが叶うよう、、、お願い(へ?

by katachi_web | 2011-07-21 22:32

てふてふ と らくらく

先日ここでもご紹介した
陶芸家・安藤雅信さんと
ミナ ぺルホネンの皆川さんによる
展示会「森へ探しに」。

おぢが行ったときには
すでにかなりの作品が売約済みになっていて
欲しかった小さなピッチャーも
会期後の引き渡しが条件となっていました(残り1つだった)




それが昨日、無事工房に到着!

早速、祖母の家の
ガラスケースに並べてみます(ウキウキ

d0133128_17351969.jpg













(一番上の段の右側)


今回出展されていたものは
皆川さんの絵が描かれたものがほとんどで

この作品には
ちょうちょ(フィンランド語でperhonen)が
「金彩」で施されています。


金彩は、嫌いではないですが
電子レンジは使えないし
扱いが悪いと黒っぽく変色します。

何も描かれていないタイプも
若干あるにはあったので
少し迷いましたが
せっかくなのでこちらをチョイス、、、アップだとこんな感じです。



d0133128_17354219.jpg














扱いがダメダメなおぢのもとで
いつまでこのてふてふが金色を保っていられるか?
ぜひ、ご期待ください(笑


また、白い釉薬は
安藤さんの代表作オランダ皿とも違う色だし
還元のかかり方が絶妙な粉引とも違う
失透系のマット釉。

成形は、型作りのようで
水キレは、さすが!のひとことでした。

しばらくは
用もないのに
ガラスケースの前を通ったりしそうです。ふふふ。



そして。

おまけは
このブログらしからぬお話?!

連休中に町屋に遊びに来てくれた
ほねおりMちゃん(以前工房に電気ポットをくれた友人。もうすっかり復活してます


久々に会ったら
なんとコレに替えてました。


d0133128_17363637.jpg












「えええっ?Mちゃん、機械得意だったけ?」


なんでも
深澤氏のデザインがお気に入りで
このシリーズのスマートフォンが出たら
以前から買おうと思ってたのだそう。

う~む。
確かにおされだわー


以前からiphoneが欲しいおぢでしたが
つい先日
同じくらい機械オンチの友人から
「もう少し待った方がきっとメールが使いやすいのが出る」
と言われたばかりでした(←本当か?


おされを取るか
らくらくiphoneの発売を待つか?


う"~でも
おぢに操作できるのは
フツーのらくらくフォンくらいの気がするぅ。



by katachi_web | 2011-07-20 17:54

トウネズミモチさんその後

本日も元気にワークショップ♪
溶けそうな中、ご参加いただいたみなさま
どうもありがとうございましたm(- -)m


近ごろ、工房では
季節柄、蚊取り線香の容器を作る方が多いです。
今年は特に、透かし模様を入れたフタ付き
のタイプが人気のようで。

いいな、いいなー
どなたか工房の分も作ってくださ~い?!(自分でどうぞ



さてさて

先日、祖母の家の庭にようやく植木屋さんが
来てくれたので
全体的にさっぱりスッキリとしました(お気づきでしょうか?

人間だけでなく、
緑たちも、混み合わず
よろこんでいるように見えます。


で。

問題の?トウネズミモチさんです(

先日、ご近所から苦情があった、と書いたら

blogを読んでくれた水曜午前会員のWさんから
「うちのネズミモチも隣から言われました、、、、」と
体験談をお聞きしました。

「ああ、うちだけじゃないんだ、、、」
と、ちょっと安心したりして(へ?


ふとんが干せなかったり、窓が開けられないなど
ご近所にご迷惑をおかけして
本当に申し訳なかったですが

「来年からは花が咲く前に剪定する」ことをお約束することで
とりあえず、今年は伐採はせず
強剪定で様子をみる方向でご理解をいただきましたm(- -)m



Before

d0133128_17374957.jpg












After

d0133128_17382778.jpg












この2枚、ほぼ同じ位置から撮ってます。

だ、だいぶ、人相(木相)が変わってしまいましたね。

ま、ま。
とにかく、伐採されないでよかったということで(ほっ


そうだ。
トウネズミモチの真下に停めてある
車の上には、いつも花や花粉が積もってたのを
見た方も多いと思います。

洗っても洗っても次の日には
汚くなってしまうので
おぢは見ないようにしてました(笑

それが
気付いたときには
フロントガラスもボンネットもすっかりきれいに!

何も言ってなかったけど
もしかしてO造園のOさんがやってくださった???


だとしたら

それって

ほ、ほれてまうやろ~

ちがう(笑

同じ職人として
とても勉強になりましたm(- -)m



そして
今日のおまけの1枚は~

じゃん。

d0133128_17394557.jpg















先日、ゴン太くんと一緒に会った
パンダさん(キャラの名前は知らない

実は、前を歩くこの子を発見し
すっかりテンションが上がってしまったおぢは
追いかけて地下道をひとりずんずんと進み
後ろから着いて来てくれた
なひや姉妹たちに呆れられました(すまん



なつおぢ




by katachi_web | 2011-07-18 17:44

送り火ときのこ

昨日、送り火を焚いたあとは隅田川へ。
(今は実際には流さないです

また来年ね、、、。


すぐに千駄木へ移動。
用事をすませたあと
帰りに古書店ほうろう
に寄ると
またしても
時間泥棒(古本屋に棲みつく妖怪)がいました。


なんてね。


涼しかったので
勝手に長時間の休憩m(- -)m


そのまま出るにはあまりに気が引けたので
久しぶりに「四月と十月」(美術同人誌)
を買ってみました。


d0133128_22174054.jpg















表紙が可愛い。

(さらに、最新号には「きのこ談義」もあるらしいですぞ!



編集後記みたいなページを読むと

『「ついに廃刊か」とささやかれるほど
遅れましたが、約4か月遅れでこの号を
刊行し、、、、、』

というようなことが書いてあって
その書き方が
おぢ、好きでした。

なんでも
『今は変わり目』なのだそうです。
(バックナンバーを買ったので
実際にそれを書いているのは1年前だけど)


『なにしろしばらく道を探しながら続けようということで
また、いつものごとく酒盛りになりました』
と続いています。

やめるのは簡単ですからね(?
きのこの研究とともに
がんばっていつまでも続けていって欲しいなと
思いました。


そういえば
明日7月18日は海の日で
「なひや(718の日)」でもあり

たしか毎年この時期に合わせて
イベントをやろうと話していた
気がしないでもないですが

先日、久しぶりに集まった際
あまりに笑い過ぎてしまったので
「まじめな話はまた次回」
ということになりました?!

なひや姉妹の活動も
それぞれが無理なく
でも末永く続けていけたらうれしいです。
(できないのは主におぢのせいでしたm(- -)m


あ、ちなみに
7月25日は「なつこの日」♪(←いいかげんにしましょう

by katachi_web | 2011-07-17 22:22