「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

いろいろ

明日から長月。
台風の進路も気になるところです。

少し前に板皿制作と和解ができたと
書きました( 

現在は成形を終えて
釉薬の最終チェックに入っています。

実は、2度のデザイン変更で
カタチ以外に変わったのは、大きさと厚みだけなので
色(釉薬)を変える必要はないのです。


でも
ボツになったたくさんの作品と
何ら変わらない色にするのは
つまらな過ぎるから少し変えてみようかな、と。


って

もはや
その思い付きに
ちょっと後悔?(笑

や、や
まだテストピースはあるので
最後には
必ずまとめてみたいと思います。はい(希望


和風とか洋風とか
線引きするのは好きではなくて
「ずっと昔からそこにある」ようなもの作りを
目指すおぢです。

ただ
今回、ご依頼いただいた板皿の色は
日本の伝統釉を使い
黒っぽく、石のように仕上げることが
求められています。

でも
ちょっと違う要素も入れたいところ。

今、アクセントにしようと
釉薬作りを繰り返すのは
サーモンピンクの釉薬。

フランスのアンティーク食器にあるような色です。

例えばこんな感じの。


d0133128_22312624.jpg














これが、黒っぽい石のような板皿に合うのか???


おぢにもわからないから、聞かないで(笑


でも、まぁ
どちらにしても
施すのは
端の方にほぉーんのちょっぴりなので
ご安心を。

by katachi_web | 2011-08-31 22:39

夏の終わりに


先日、土曜午後クラスの方たちとの会話の中で

「パン屋さんがやりたい」
と言葉にしたせいか

おとといの夢の中

おぢはパン生地をこねてました。

パン屋さんへの憧れは
ずいぶんと昔からで
理由は
「美味しいパン屋さんが近くにあったらうれしい」くらいの
ごく単純なもの。

でも
夢の中でパンを作る姿が
あまりに幸せそうだったことに
自分自身が驚いてしまいました。


昨日から
ちょっと
本気で考えたりなんかして
夜になって急に作り始めたりしました、、、ふふふ。

とにかく
よほど
何かをこねこねするのが好きらしいです。

土よりは手に負担が少なかったし
どうしましょう(笑



そして

今日、工房にはゲストが。


友人が祖母の家にぴったりのアンティーク風?椅子を
持ってきてくれました。

お揃いのテーブルもずいぶん前に
頂いていて
どちらかというと
屋外に置いた方が絵になりそうなセットです。

秋にガレージを直したら
並べてみようと思うので
会員の方はお使いいただける機会があるかも。
楽しみにしていてくださいね♪


それにしても
椅子の持ち主さんは
数カ月前から病を患っていて
どうなることかとずいぶん心配しましたが

今日は車の運転もできていて
これまたびっくり。


帰る前には
「夏を取戻しに」近所の土手へ。



d0133128_20245322.jpg













当たり前だと思っていたことに感謝できたり
夢を再確認できたり、、、

「意味のないことなどない」のだと
夏の終わりに教えてもらった気がしましたm(- -)m

by katachi_web | 2011-08-30 20:35

こころの帳面

昨日のワークショップの終わり頃
遠くから花火の音が聞こえてきました。

「隅田川、、、」

一か月遅れの花火大会でした。

音だけでも
何だかうれしかったです。

そして今日、帰り道に
太鼓の音を聞きました。
もしかしたら
地元は秋祭りになったのかな?

だんだんと
ですね、、、



さてさて。


陶芸家・安藤雅信さん(ギャルリももぐさ店主)より
またしてもお知らせが届きました。
今年は、都内あちこちでご活躍のようです。

9月開催が2つありまして
教室のボードでもお知らせしていますが

今週末に『対談』があるようなので
ここにご紹介します。


d0133128_22204493.jpg














詳しくは桃居hpへ 


安藤さんファンはもちろん
ギャラリー「桃居」のおじさん(←失礼
ファンの方もいかがでしょうか?

おぢは残念ながらワークショップなので行けませんが
もしもご参加されたら
ぜひ感想きかせてくださいm(- -)m


ええと。

今日は
おまけぢゃなくて

ちょっとワル「ぐち」書かせてくだしゃい。



d0133128_2226182.jpg














先日、友人たちから
このブログのダメ出しをされました。

A嬢 「最近ふざけすぎじゃない?」

おぢ 「そうかな、、、」

Bちゃん「意味わからないときあるー」

おぢ  「すまん」

ま、ま。
ここまではいいです。

いつも読んでもらってありがたいな、と。


しかし。


Cさん「あのパンダ、どこがかわいいのかわからないんだよね」


おぢ 「・・・・・・・(わなわな、、、ぶちんっ)」


パンダさん、言い返せなくて
ごめんよ。

Cさんの病が治ったら
絶対に仕返ししておくからね。

黙って『心の帳面』につけたことは
言うまでもありません(笑



by katachi_web | 2011-08-28 22:33

14歳の夏

おぢは少し前から
「PC画面が長く見られない症候群?」になってしまい

三半規管に問題があるのかも
と心配していたのですが

今週の『コンピュータ授業』のお蔭で
問題ない程度にまで回復していることがわかりました。


いろいろ見られるようになってよかった!

の反面

言い訳ができなくなってしまったので
PC課題も提出しなくては
いけないことに、、、(←当たり前です


しかし
今、家でやるとなると
ちび怪獣(姪っ子)の邪魔が入るに決まっています。

うーむ。

どうしたものか、、、

そうだ。
ちび怪獣との
共同webページ制作を目指そう~

という訳で

現在
『パンダのページ』を
2人でがんばってます。

もしも完成の暁には
ここにご紹介させていただきますね。


そう言えば
以前にも、夏のちびっ子陶芸の結果を
「まとめてご紹介する」と書きました。

でも残念ながら
それぞれのお引き取りの都合があり
全部の写真を撮ることができませんでした、、、


間に合ったものだけupすると

じゃん。

d0133128_16384869.jpg
















T君のアンコウ。
歯が無事でよかった。



d0133128_16391455.jpg
















Mちゃんが指定してくれた「きのこ」の色は

おぢが陶芸を始めて以来
もっとも難しい釉がけでした(笑




d0133128_16394427.jpg













初ロクロ体験のY君は
丁寧&慎重な性格が顕れた作品。
使いやすそうです。



みんな気に入ってくれるといいな。

by katachi_web | 2011-08-25 16:48

学生カバン?!

先日、いつもお世話になるG家より
「あら坊」のエコバック?を
いただきましたm(- -)m

じゃん。

って

その前に

「あら坊」をご存じのない方のためにちょっと説明。

工房は、荒川区にありまして
「あら坊」は
その荒川区の公式キャラクターです。

着ぐるみだとこんな感じで
子供に大人気。

d0133128_2244220.jpg














もとい

再びの

じゃん。

d0133128_22443342.jpg
















わ、荒川区とは思えない可愛さです(笑



後面に小さくロゴ。


d0133128_22453595.jpg
















写真のものは

白地に水色の絵ですが
水色の生地に白ヌキのバージョンもあって
そちらは大人っぽくておされです。


今日
持って行った勉強先で

横に座っていた
可愛い学生さんが
これをじっと見ている気がしたので

聞かれてもないのに
「あら坊です」と紹介しておきました♪

by katachi_web | 2011-08-24 22:53

工房劇場

今週はお勉強週間です。

工房に戻ると、
板皿さんたちが出迎えてくれました。


d0133128_23272926.jpg
















板皿 「早く仕上げてねぇ」

おぢ 「今やるわ」


まず、板皿を乾燥させるのに使う
新聞紙を切ることにしました。



すると今度はその新聞がささやきます。

「古新聞って案外面白いのよ」

おぢ 「お気に入りは読売の『人生案内』なんだけど、、、」

新聞 「ここにあるよー」



という訳で

「板皿さん、しばしお待ちを、、、」


以下読売新聞(8/14)
『人生案内』の記事についてです。

相談者は
友人からの長電話に苦しむ70代後半の女性。

『電話で話しているうちに体がぐらついてきて
1時間以上の長電話になると床に横たわってしまう、、、、
翌朝には口の周りに吹き出ものができ、2日間ほど
ふらつきが止まらない、、、、』
と。

その前後には

電話の応対がいかに苦手か
他の人は10分ぐらいで済ませてくれることなどが
細かく書かれていて

最後は

『長電話はつらいのですが、先方からかかってきた電話ですので
私から切るというわけにもいきません。どうしら相手に短時間で
切り上げてもらえるでしょうか』
で終わっていました。


・・・

このコーナー
やっぱり好き
です。

や、決して「こんなことで悩んでるなんて」
という意味じゃないのです。


ここで言うと
最後にさらっと書かれた
「先方からかかってきた電話は切れない」という

「観念」(思い込み)が「悩み」を生む

その仕組みを見ることで

自分の悩み(おぢにもたまにはありますの
が生まれてくる思い込みを探そうと
改めて思わせてくれる

そこが
いいのです。



板皿 「何でもいいから、とにかく早く仕上げた方が、、、」

おぢ 「だからそれは、早くやらなくてはいけないという思い込みなんじゃないかしらー?」


おしまい。


注:納期は決して思い込みではありません。
  良い子は、マネをしないでね。ちゅ。

by katachi_web | 2011-08-23 23:41

野の花

工房から歩いて15分くらいのところにある
コマメさんの『1周年とちょっと祭』に
おじゃましてきました。

いつも美しい店主ikuraさんと
たくさんの作家さんたちが迎えてくださって
おぢはもう最初から最後までデレデレ状態?!(笑

さらに
ikuraさん特製のおべんとうをはじめ
ガラスや布作品、アクセサリーやお花など

心に効きそうな
カワイイものたちがいっぱい、、、

生のハーブティーまでごちそうになり
いろんな意味で
幸せな気持ちにさせていただきましたm(- -)m



d0133128_20234348.jpg













こちらは、タナカ ワカナさんが出展されていた「野草」。

持ち帰って
いろいろな器で試した結果
昔作った花器に挿すことに、、、

前に立つと
すっと静かな、それでいて強い気持ちになれるのは
この植物の持つチカラでしょうか。

家のあちこちに置くことができたら
日々の暮らしも少し変わるように思いました。


さらに
Ikuraさんのおべんとうは美味しくて
お土産に持参した先でも
とても喜ばれました。

次回のイベントも楽しみにしています♪


そして。

お話変わりますが
先日もちらと書いた通り
今、おぢの周りには
病と闘う人たちがいます。

震災後の自粛ムードの際
日本人の共感能力(エンバシー)の高さの顕れだと
いう人が多かったのは
記憶に新しいところです。
つまり被災者の苦悩に共感し
「自分だけ、、、することはできない」という。

「エンバシーはどこまで及ぶのか」といった
難しいことは
おぢにはわからないけれど

家族や親しい人に苦痛があるときに
「自分だけ、、、」と反応してしまうのは
能力というより
ごく自然のことのように思います。

そして
そういう気持ちを
小さな人の中に見つけたとき
「これでいいのだ」と
再確認させられました。

みんなが健康そして幸せでありますよう
野花のように静かに、強く、祈っております、、、m(- -)m

by katachi_web | 2011-08-22 20:35

sizen

つい先日も
トウネズミモチの木が
1ヶ月の間に伸びる早さに
驚愕したおぢたちでしたが

昨日と今日の気温差にも
また驚かされました。

子供と一緒にいると
レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」の視点を
再確認できるなぁと
しみじみ思います、、、



ええと。

このブログは
工房と関係ないことで

おぢが今日どこへ行って誰と何を食べました風にならならいよう
心がけているつもりなのですが

今日だけは
『例外』とさせていただきます。


なぜって?


それはね。

パンダに会ってきたから~(らぶ


じゃん。

d0133128_21383749.jpg














これは、オスの「リーリー」

ちょうど嵐のような雨の最中だったので
お客様が少なく

もうずーーーーーーーと
パンダの前に
姪っ子とヘバリツクことができたのです。

でも

最初から最後まで
この姿のままでした。

こんなにじっとしているなら
後ろからそ~と近づいて
耳が触れるのじゃないかなどと
おぢ妄想が膨らみます。



それとは対照的に
メスの「シンシン」は

出血大サービス!



d0133128_21393382.jpg













「え?リーリーが寝てばっかり? しょうがないわねー。ちょっと待ってて」




d0133128_2140521.jpg













「よいこらっしょ。 起きたわ。 今、1回転の芸を見せたげる」




d0133128_21425456.jpg













「そ~れっっ」




d0133128_2144077.jpg













「ふ~。 これで、どーおぉ」



おしまい。



パンダ追伸:

ちび怪獣(姪っ子)は

パンダを目の前にテンションが最高潮に達し
人格が変わったおぢに気が付いていたようで

夜迎えに来た
母怪獣(おぢの姉)に

「ママ、なっちゃんね、パンダのところで、ヘンだった、、、」



小さな声で告げ口してました。



やはり

自然とは
癒しであり
恐怖でもあります(しみじみ






by katachi_web | 2011-08-19 22:03

光だけを見ていけば

暑さと納期に追いつめられるおぢは

現在、ちびっこ怪獣による(←姪っ子
襲撃に遭っておりまして

間もなく命まで吸い取られる模様。


そんな中

寝る間を惜しんで夢中になるのは
祖母の家の図面描きです。


d0133128_22282479.jpg


















秋のリフォーム計画?のため
現在、いろいろな方に相談しながら
着々と進めています。


頭の中にあるイメージに一番近い
現実の映像は
オカズデザインの喫茶カモシカさん。



d0133128_2229545.jpg















厨房はこの半分くらいだし
配置も逆にする予定だけど
昭和な感じが、ね。


ええと。

課題は進まないのに(仕事はしてます

なんでこれだけ寝ないでできるかは
聞かないで。

わくわくは進むものと決まっていますから(きっぱり



わくわくと言えば
突然の病に苦しんでいたひとりの友人が
少し回復傾向にあるようで
今日、おぢが怪獣に首を絞められている最中に
「健康器具を買おうと思うけど、、、」と前向きなメールが。


彼女の中に灯り始めた小さな光が
こちらにも伝わってくるような気がしました、、、
大好きなお芝居へも行けるといいです。





by katachi_web | 2011-08-18 22:52

生命力

祖母の家のトウネズミモチの木を
強剪定したのは、約1か月前のことでした(


d0133128_2271181.jpg














とにかく
これ以上
ご近所の方々に
花粉などのご迷惑をかけるのだけは避けたかったので

植木屋さんのお仕事を
ただただ
遠くから見守ることに、、、

結果は
さっぱりを越えてばっさりと切られてしまいました。







今日、ふと同じ位置から木を見たら

じゃん。


d0133128_22101479.jpg
















全体的に緑が増えているばかりでなく
切られた枝の下から新しい幹が顔を出していました。

植物の生命力ってすごい!


このままだと
1年で切った分は成長しそうですよね、、、


この生命力を見て
あのとき根本から伐採しないで
本当によかったと思いました。



人間もこんな風に
定期的に余分なところを切ってもらうことで
大切な幹を
さらに太くさせていけたらいいです♪

(おぢ、ぜんぶ余分なところで出来てたらどうしよう。どきどき)







by katachi_web | 2011-08-16 23:05