「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

<   2011年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

この秋の予定

昨夜(28日)から今月2回目の窯を
焚いてます。

来月1日(土)はワークショップがお休みのため
お引き取りは、3日(月)から可能となります。

よろしくお願いいたしますm(- -)m



しゃて。

まずは

昨日、午前クラスのSさんがしていらしたアクセサリーをご紹介。

d0133128_22441094.jpg














実は、これ
Sさん作の陶器製。
今回、ご自身で革紐に通されたのだそうです。


アップにしてみると

d0133128_22443093.jpg















赤土に青銅釉が濃淡になるように
吹いてあるのがわかります。
成形時に付けた布目の跡も効果的、、、


陶器のアクセサリーの可能性を感じました。



そして。

おぢは今日、訳あって
プレゼントをいただきました。

じゃん。


d0133128_22451789.jpg














え、指輪ですかっ???
大変!



なんてね。
実は鍵穴のカタチをしたキーホルダー(残念?笑


d0133128_22461013.jpg















おぢがいただいたのは
たぶんアルミ製ですが

隣のNちゃんのは真鍮ぽかったので
他にもあるのかもしれません、、、

Micro worksさんのお仕事だそうです。




さらに。

昨日の午後には
Sさん(午前のSさんとは別です)から
『ちりとり』をいただいてしまいました。


d0133128_22464719.jpg














浅い柿渋色が今の季節にぴったりで素敵。

掃除がはかどることを願います(おぢへ



前にもリフォーム計画のことや
学生生活のことで書いた気がしますが(定かじゃない

おぢはこの秋から
きちっとすっきり
シンプルライフを送る予定。


ちりとりもキーホルダーも
ぴったりで、うれしいですm(- -)m

って、大変!
もう十分秋ですねぇ(汗

by katachi_web | 2011-09-29 23:01

人生のサイコロ

椅子好きな人は多いですね。
この工房の会員の方の中にも何名か。


先日、仕事で初めてご一緒させてもらった方は
椅子好きが高じて
美容師さんから家具職人
さらにインテリアショップオーナーに
職業替えをしたと言っていました。


おぢの場合は
なんちゃっての範囲ですが
今、椅子を探し中。


あ、余談ですが
その昔
陶器のアフリカ椅子シリーズは
作ったことあります。

少ししか残ってないけど
おぢの青春の思い出?(笑
珍しく捨てられません。


もとい

今は(と、言うかずいぶん前から)
祖母の家の玄関入ってすぐ目の前の
部屋の椅子を探しています。


d0133128_22292041.jpg














と話していたら

今日designshopさんから
岡本太郎誕生100周年を
記念した椅子発売のお知らせが入ってました。


d0133128_22301124.jpg













その名もサイコロ椅子。

氏のデザインで
生前、ご自身もアトリエで
渡部力さんのテーブルと一緒に使って
いらしたとか。


この椅子
陰のでき方がいいですな。

でも、そうなると、、、

「神様はおぢにこれ以上働けというのでせうか?!」(笑



そして。

本日のおまけ。

今日、おぢが事務仕事で
うんうんうなっていた時間に

外でチリンとなるので
窓から下をのぞいてみると

d0133128_22334594.jpg












赤い鈴付き首輪のブミちゃんが車の上に。

「ブミ、起きてー」





d0133128_22341473.jpg













「 ええ。確かに洗い立ての車が好きですけど、なにか?」

by katachi_web | 2011-09-27 22:39

変わらないもの

お彼岸明けの今日は
とにかくバッタバタでした。

でも

午前のワークショップでは
Kさんの「台風でカツラが飛んできた」話で
みんなで泣くほど笑い

午後のワークショップでは
新しい会員さんをお迎えして
フレッシュムード

お昼休みには
フィリピンに行く前の会員さんから
何年ぶりかでお電話をいただき、、、

お天気こそ
ハッキリしませんでしたが
お蔭様で
今日も楽しい陶芸時間を過ごすことができましたm(- -)m


しかし

気持ちとは対照的に
おぢはこの週末、自分史上3番目と言えるほど働いたため
腰の調子がどうも芳しくなく

若干、前カガミなペンギン風(涙


IさんやYさんに日常生活や
体操のアドバイスいただいたので
やってみようと思います。



さてさて

毎年10月にニッケコルトンプラザで開催される
クラフトフェア「工房からの風」の案内が
今年も届きました。

暑い暑いと思っていたのに
気が付けば
すでに秋の展示会シーズンなんですね。


去年、おぢは家業の帰りに車で行った記憶あり。

白い片口を買いました 


今年は『ほうき』が気になります(写真


とか何とか言って

おぢの場合、何事も
好きはずっと変わりません、、、


結局
来月「この陶器を買ってきました」とか言って
紹介してる気がします(笑



第9回「工房からの風」


d0133128_2240394.jpg
















10月・15(土) /16(日)
10:00~16:30

詳しくは ⇒コチラ

by katachi_web | 2011-09-26 23:22

ミネラルを忘れずに

またまた連休なんですね(驚

それなのにそれなのに

おぢは
『ブラン』(ハンドピースグラインダー)の
使いすぎで
何もしてなくても
右手が小刻みに震えています。

今、お買いものに行って
おつりをもらったりなんかしたら

レジお姉さんに
「この人ったらアル中?」と
疑われること
間違いなしです(シクシク


しかし
その甲斐あって?

板皿たちは
磨きを終え
シリコン処理を施し
乾燥工程に入りました。

あとは梱包と発送か。

ようやく
見えてきたかな、、、

家業のことで
大幅に中断されるとはいえ

途中、なんだかもう
終わりがこないかのような
錯覚に陥ったりもしたので

だいぶ
うれしかったりします。

や、いつも言うように
磨いたりナデナデしたりする作業は
好きな時間。

でも
それもエンドレスとなるとね、、、ふ。

とにかく
この乾燥工程中に
急いで取扱説明の紙を作らないと。
文章考えます!



そして。

本日
お手伝いに
来てくれたAちゃんも絶賛の
叔母の北海道土産、利尻昆布。


d0133128_2385171.jpg
















添加物なしの昆布は
ミネラルが身体に沁みる感じがしました?!


実は、今
おぢの中で
昆布ブームがやってきてまして
先日も鹿児島の黒酢昆布とやらを
お取り寄せしたのです。


きっと
昆布の中に含まれる何かの成分が
不足しているため
細胞レベルで必要としていて

今回
とうとうお土産まで
引き寄せることに
成功したのだと思います(笑


みなさまもぜひミネラル摂取に昆布力を~?!
(甲状腺の病の方は除きます



そしてそして

明日から
大好きな劇団の公演が始まり

製図の先生の
ガラスの展示会もスタートするそうです。


ずっとずっとジャマしないように
って思ってきたけれど、、、

せーの、がんばってくださーい!!!

















by katachi_web | 2011-09-23 23:36

大木のように

去年の『かたちとひよこ』展で販売した
会員のみなさんの“作品”について

「使ってます、、、」といったような
お言葉をいただくこと
最近、続きました。

Ikuraさん
ご近所Tさん
見学にいらした方
Y先生のお譲さん
そして
今朝、飛んで来てくれた大工さんの奥様。

もうすぐ
1年近く経つというのに
重なったのは、不思議でした。

でも、何だかうれしいですよね。

今年は作陶展自体を
開催できませんでしたが(おぢ都合m(- -)m
また、みなさんの作品を
お届けできる機会がもてるといいです(がんばります♪


そして。

昨日、工房のすぐ右手にあるシャッターが
台風で壊れた話をしました。

今朝、確認したところ

結局
すべてを取り替える
ことになってしまいました、、、

本当に
今年は自然災害が直撃する年のようです。


それでも

今年の1月から
偶然、地震保険に入っていたり

今回もたぶん、だったり(?

何だかんだ
守られているな、と
改めて思ったりして。

そこで珍しく
仏壇にお礼でも
と、思ったら

今日がちょうど”命日”だったことに
気が付き(お彼岸中でもある

しかたがないので(笑

おぢ父の大好物だった
谷中墓地近くの
ケーキ屋さんまで急ぎました。ふ。


d0133128_0165379.jpg

















途中
仲良しの大木にご挨拶~





by katachi_web | 2011-09-22 23:56

C-コレ№21

土曜日の夜中から焚いた窯の冷却は、順調で
今朝早く窯出し終了。

その中から
とっても久しぶりとなる
C-コレ(勝手にCupコレクション)を
お届けします!



まずは写真から~

じゃん。


d0133128_2358568.jpg















ん?
線路の絵?


裏に回すと


d0133128_23583265.jpg














新幹線が走ってます!


という訳で

C-コレ・エントリー№21
Sさん作 「新幹線カップ」

土 :信楽(白)
成型:電動ロクロ
装飾:貼付け、弁柄、化粧泥(ピンク、黒、空)
釉薬:透明釉、乳白釉、チタンマット釉

コメント:

この可愛いカップは
Sさんが
電車好きの甥御さんのお誕生日プレゼントに
に作ったものだそうです。

作り方は
ロクロで轢いた作品に
ムクで作った新幹線を貼付けて
化粧泥で装飾

素焼後
内側に乳白釉を掛けた後

外側はベンガラで線路を描き
新幹線部分は透明釉を筆塗り+撥水剤を施した後
全体にチタンマット釉を
吹き掛けしました。


同じ白でも
中と外ではニュアンスが
違うところや

右手に持って飲んだときに
立体の新幹線が
ちょうど目の前に見える位置に
付いているところなど

まさに
贈る人への愛情がこもった
世界でただ一つの作品に
仕上がっています♪


そして。


話は変わりますが
今日の台風
すごかったですね。


そんな中
ワークショップに
ご参加いただいたみなさま
どうもありがとうございましたm(- -)m

午後のクラスの帰り際には
道路がまるで川のようになっていて
だいぶ心配しましたが
「無事に家にたどり着いた」メールを
いただいたりして
ほっとしました。



しばらくして
ドーンッ、ガタガターという
大きな音とともに
工房全体が揺れるではありませんか。

えええ???


慌てて外へ出てみると

母屋の1階のシャッターの芯棒が外れ
壊れてしまい

轟音と共に
2枚のシャッターはためき
そのたびに家が揺れる光景が。


って

文章ではイメージしにくいかもしれませんが

おぢの人生で10位以内には
入るショッキングな映像でした。


ええと
どう対処したかは

詳しく書くと長くなるので
ハショリますが
(ちょっとだけ書くと
漬物石とか運んだりしたの。まさに焼け石に水!


最後の最後は

隣の会社にいた
職人さんたちに
助けていただきましたm(- -)m

しかも

その方たちは
今は社員ではなく
たまたま材料を借りに?来た
だけだったとか、、、


後になって
もしも
その人たちがいなかったら
おぢはどうしていたのだろうと
考えたとき

やはり
すべてに救いのない状況というのは
ないのだな、と思いましたm(- -)m













by katachi_web | 2011-09-21 23:47

My favorite

毎日毎日、
ひたすら板皿を磨いています。
特に今回は
4本足が付いているため
テーブルを傷つけたりしてしまうことがないよう
念入り、です。


磨きには
耐水ペーパーと
お気に入りのグラインダーを使用します。

幼い頃
材木屋の下小屋で大工さんの仕事を
飽きずに見つめていたというおぢは

昔から工具や道具が大好き。

もしも誰かに
「アクセサリーか工具のどちらかを買ってあげよう」と
言われたら

迷わず「工具」を選びます。
(ま、誰にも言われないですけど。笑


普段、工房には
卓上グラインダー
ディスクグラインダー
ハンドピースグラインダーがあり


今回のように焼き上がった作品の磨きや
道具(カンナ・かきベラなど)の手入れ
窯や棚板の掃除などに使っています。


中でも
ハンドピースの『ブラン』は(名前を付けている
すぐ取り出せるので
ほぼ毎日使うかな。
会員の方は
よくご存じですよね。

今回、板皿の磨きでも
一番活躍してくれてました。


しかし
昨日、午前のワークショップ中

ブランが突然動かなくなってしまったのです。

しばらくは信じられず
いろんなことをやってみましたが
ダメでした、、、シクシク

考えてみたら
もう20年くらい使っている気がするので
本当によく働いてくれたと思います(ありがとうm(- -)m



困るのは板皿の磨きです。

新しい子を買いに行く時間はないので
Amazonで検索してみました。

という訳で

じゃん。


d0133128_1363838.jpg














手前が新しいブランです。


昨日、お昼過ぎに発注して
今日の午前中着。

便利な時代で助かりました、、、m(--)m


『ブラン二世』さんへ
動かなくなった一世さんはしばらくは捨てられそうもないので
その間に引き継ぎしてください。
あと、いきなり酷使してしまうけど
どうか長生きしてね。

by katachi_web | 2011-09-20 13:13

到達

昨日は、今月1回目の本焼デー。
みなさま、順調に釉がけしてくれました。

しかし
その前に焼いていた
おぢの板皿の窯の温度が
なかなか下がらず
団子状態に。

結局、板皿の窯出し後
みなさんの作品の窯詰を終え
焼成をスタートさせたのは
夜中になってしまいました。

たぶん
水曜日の窯だし予定は変わらないと思うのですが

もしかしたら半日くらいズレてしまうかも
しれません。

お引き取りのご都合で
正確なことが知りたい方は

お手数ですが
おぢまでメールください。
よろしくお願いいたしますm(- -)m



そして。

わたくしごとですが(いつもですけど
今日は、亡き父の三回忌でした。


亡くなった人は
この三回忌をもって
西方浄土(極楽)に達するのだそう。

家族にとってもいろんな意味で
区切りの日です。


d0133128_21412225.jpg

















法要後
「ちゃんと浄土に行けたかしら?」と言うと

「人の心配はいいから、帰りの運転気を付けて」とおぢ姉。

うわん。
別の車に乗る姉まで心配してるのね、、、


案の定。

向島インター付近で
数日前の夢はもしやデジャヴだったのか?
という場面があり
ちょっと震えました。


「次回は電車で、、、」という
話もちらほら聞こえたりして。


が、しかし。

遺伝的に
最後の最後で楽天的な一家なので

「まぁ、あの運転で
無事帰ってこられたのだから
裏を返せば、運がいいってことね」

ということで落ち着きました。


おぢ父は
安心して極楽に到達したことでしょう(なむなむ

by katachi_web | 2011-09-18 21:50

こねこねタイム

最近、土をこねるのに疲れると
小麦粉をこねてます。


あ、パン屋修行じゃないですよ。

麺とか、パオズ、、、
つまり、飲茶の延長で
中華のこねこねにハマっているのです。


最初は、適当にやっていたのですが
『北京小麦粉料理』(ウー・ウェン著)という
ちょっと古いけど有名どころの本を取り寄せてみたら
例えば、同じ麺でも
ジャージャー麺と担担麺では
分量の配合が違うなど奥が深い。

その分、まだまだ上手くいかないことも
ありますが
だからこそ、面白いです。


しかし。

ここでも
問題になるのは『手』でして
こねこねが続くと
右中指が全くいうことを聞かなくなります。


そこで
今回、おぢは思い切ってみました。


じゃん。


d0133128_2351542.jpg
















ずっと前から
欲しかった「クイジナート」が
今日、届きました~


いままでの
フードプロセッサーは
かなり古いタイプのものだったので
小麦粉との相性が悪かったけど

これなら
ある程度のところまで
『手』の代わりになってくれるはず。

あ、もちろん
手ごねには劣ると思いますが
その分、愛情を入れまーす(なんちゃって


d0133128_23492242.jpg
















写真は、前述の本よりパオズ。
つまり「肉まん」


これから
段々と作る「器」も中華風になっていったら
どうしよう???笑

by katachi_web | 2011-09-16 23:55

白い手袋

少し前
「パンダのどこが可愛いのかわからない」
と言い放った友人。

先日会ったら
何のことはない

「○○とパンダ見に行く約束したんだ」と。

なあんだ。
おぢとちび怪獣が
パンダを近くで見られたのが
うらやましかっただけなのね(たぶん「違う」って言ってます。ふふ。


さてさて。


本日は、訳あって朝早くから
高速教習に出かけてきました。

実は数日前

“高速道路からはみだして落下する”という
不吉な夢をみまして、、、

「こ、こわすぎる」

しかも、長距離運転手は今週末に迫っています。

時間がないので迷いましたが
大事故を起こしてから後悔するよりは、と急に思い直し

車の先生だけじゃなく
製図の先生にまでご迷惑をおかけして
なんとか決行にこぎ着けたのでした。


お蔭さまで
『運がよければ生きて帰ってこられるレベル』
に、なった気がします(ここ、喜ぶところです

さらに

「ああ、内野さんったら、そういう意味だったの」といった
カーナビの基本的なことも教えてもらって
よかったよかった(ここもぜひ喜んで


当日、運転手気分を盛り上げるための
綿の白い手袋も探しました。がんばりますわ?!


ちなみに、車の先生は、プロの方。
毎回、足元のブレーキに手動で操作できる「補助ブレーキ」を
付けてくださいます。

友人にお願いすると
必ずと言っていいほど
「ケンカ」、というか
おぢがあまりにできないのでイライラさせてしまい
いい結果にはならない
こと、すでに学習済みなので(笑




そして、今日のおまけは

先日、訪れた書道・書画展で
心惹かれた絵。


d0133128_23125666.jpg















この絵の前に立ったとき、なぜか

修行僧が
「わたしはずっと自分(の中の弱い心)に勝ってきたよ」と
言っている気がしました。


ええと。

その理由はたぶん

依頼主の言葉をプレッシャーに感じながら
窯を開けたところ、、、ショック、、、
少しの間
工房脱出をはかったとき
に見たからでしょう(笑


運転も
制作も
戦う相手は、自分でした。













by katachi_web | 2011-09-15 23:33