ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

かたちとひよこ2012、終了しました。

かたちとひよこ2012
無事終了しました。

5月も最終週
古い窓ガラスの模様越しに見る
光と緑は、本当に美しく

そんな空間で
たくさんの方にお目にかかれたこと
幸せに思いました。


お越しいただきましたみなさま
誠にありがとうございましたm(- -)m



d0133128_1791274.jpg

















出展作品の写真は
今回もひよこスタジオの写真家・Uさんにお願いをしています。

なので、おぢ写真がイメージをぶち壊さぬよう
作品たちの画像は
またの機会に。

ここでは
前回までとは変えたつもりの
展示の方法について
少しだけ。


前回までは
出展者本人が展示する場所を選び
飾り付けをしてもらっていました。
それだと、小さなスペースの中に
作者それぞれの世界観を出すことができます。

でも今回は
誰が作ったかは別にして
その作品がどのスペースに置かれたら
一番活きるかを最優先とさせていただきました。

そのため
工房1階の白い箱(ギャラリスペース)と
祖母の家の1階と(洋間2部屋)
2階(2間続きの座敷)の3か所に
作品をちりばめることに。

また
作品のすぐ脇のスペースや
庭のネズミモチの木の下など
ところどころに休憩スペースを設けました。

『観に来てくださった方にも
古い家の空間の一部になっていただけたら』
という思いから、です。


この主催側の勝手なコンセプトを
どれくらいの方に
ご理解いただけたかは
わかりません。

でも
縁側でお茶を飲みながら
ぼーと庭を眺める若い女性を見たときや

「前回より見やすかった」
「子供がこの家を気に入った」
「家の写真を撮らせて」
などなど
うれしいメッセージをいたたくたびに
おぢ、こころの中で小さく「ひゃっほー」(笑



また、今回
ひよこスタジオのY先生とNさんの陶器の絵や
A先生の「スリバチ」の絵のお蔭で

前回よりもさらに
絵と陶器が
響き合う空間に
なっていたように思います。

ひよこのYご一家の
誠実なオーラの色と

若干アバウトな(当日のお昼まで搬入ありでした、、、笑)
かたちのオーラの色が

古い家の中で
上手いバランスでないまぜになっているのが
ときどき目で確認できたほどでした。


さらに

工房1階の白い箱隣のガレージで
大人気マーケットを開催していただいた
花やMOMOチームの明るさは
文字通り展示会に『花を添えて』くださいました。


d0133128_17102750.jpg

















おそらくはやってる本人たちが一番楽しんだ
「おぢカフェ」はHさんが大活躍。

大盛況とゆるゆる時間の緩急は
クセになりそうなスリリングで新鮮な体験だったと思います。


d0133128_17105850.jpg

















d0133128_19214143.jpg

















そして。


もちろん。

終始盛り上げてくれたかたち会員のみなさんにも


こころから
感謝の気持ちをこめて、、、

「ありがとうございました(ふかぶか)」

おぢ。

by katachi_web | 2012-05-29 17:20

かたちとひよこ 2012

◎展示会までこのページをトップにしておくというワザ?をおしえていただきました。ふ。

d0133128_22111910.jpg















d0133128_22115939.jpg































かたち、ひよこ
3文字ずつで
よかったです。

by katachi_web | 2012-05-28 22:09

モア・トラヴェルズ


最終の窯出しが無事終了。

明日、焼き上がりをご確認にいらっしゃる方は
工房窓際に並んでいますので
まずはそちらで作品裏側の処理などをしてから
祖母の家の方に回ってください。

よろしくお願いいたします。



そして。

古い木の棚のために作った
おぢの作品は
こんな感じになりました。
(展示会前にフライングですが
おぢの分はもともと穴埋めなのでいいのです)



d0133128_14371744.jpg

















今回の釉薬は
金属にまつわる色―緑青や錆び、鉛色や塗装の下のブリキ缶の色など―に
こだわった、、、つもり。

銀色も欲しかったので
以前作った応量器も混ざっていますが

それ以外は初めて挑戦した釉です(チャレンジャー?






d0133128_14374366.jpg















残念ながら
結果はすべてがイメージ通りとはいきませんでした。

でも
釉薬に没頭した何日間かは、久しぶりに

「自分の中に入っていける」
貴重な時間だったと思います。

うまく言えないけれど
そう思えたときはいつも

『(インナー・)トラヴェルズ』の著者
マイクル・クライトン
の言葉を思い出します。

『わたしは自分以外の何かについて学ぼうという意図で旅行したことはなかった。そして旅行について真に重要な点は、より広い世界についてわたしが何を信じるようになり、何を信じなくなったかではなく、自分について何を知ったかだった』

ここで
スーパーマンを引き合いに出すのは
おこがましいですが

モノ作りもやはり
最終的には
自分の中を旅し、知っていく
その繰り返しですよね。



これを読んでくださっているみなさまも

どうか
よい旅を、、、

by katachi_web | 2012-05-25 14:44 | ● 日々

黒ずきんちゃん<其の弐>

あれは3月中旬
工房の1階部分を「白い箱」にする案が
ほぼ固まってきた頃

ガラス張りのおされな場所になったら
おぢはふさわしくないので
『黒ずきん』をかぶるとか かぶらないとか
ここに書いたこと
覚えていてくださるでしょうか?


なんと

先日、土曜午後クラスのAさんが
突然、その黒ずきんが付いた服を
作ってきてくださいました!


d0133128_22274740.jpg


















さすがはパタンナーAさん
試着させていただくと
まるで測ったかのようにおぢの身体に合っていてびっくり。

落ち感のある素材は、頭巾をかぶらなければ
まさに大人のドレスでした。
プロの技、見せていただきました(ありがとうございましたm(--)m


ここで
『黒ずきん』をかぶる
おぢ全体像を
堂々と発表したいところではあります。

ありますですが
Yちゃんのカメラを持つ手が
心なしかブレているので(笑いをこらえたのか?)

今日のところはちょっとだけ



d0133128_2229205.jpg















この続きは
ぜひ
今週末のおぢカフェで!?(笑


おしまい。


追記

カフェは、ミルクがだいぶシューシューする予定(笑)
ドレスが汚れてしまわぬよう、ずきんの上にさらにエプロンをしているかもしれません、、、


追記2

Aさんと同じく、パタンナーでいらっしゃるAさんのご主人が
先日、「やさぐれガレージで、今後 何ができるか」を真剣に考えてくださいました。
おぢは現在、その案のひとつ『古本屋』というのを、絶賛妄想中。
「古本屋のおぢさん、、、」
響きは、ぴったりです。ふ。



by katachi_web | 2012-05-24 22:42 | ● 日々

今月最後の窯


茗荷汁 宙(そら)の球体 重なれり

壮大なことを詠むときこそ
手元、です。


さてさて。

なんとかかんとか釉薬との折り合いを付けて
作品を詰め込みました。

たった今、最終の窯スタートです。

これで
おぢの作品が展示会に間に合う
と言っていいのでしょうか?

やや、油断は禁物。
出展できるかどうかは

文字通り蓋を開けてみての
お楽しみです。どきどき

(注:会員のみなさんの作品は間に合います!


そして。

その後も
クラスの間の時間に
なんだかんだと理由をつけて
ご近所S材木店へ通っています。ふ。


d0133128_2148331.jpg














今日も平成とは思えない店構えの中
上り框の火鉢の上には
なぜか座布団がのってました。




d0133128_21483261.jpg

















これがくだんの下小屋のハシゴ。

肉眼だともう少し黒っぽくって
かっこいいのです。


うーむ。窃盗の罪は、、、

って、いかんいかん。

by katachi_web | 2012-05-21 22:01 | ● 日々

お店ごと欲しいの巻

おぢの古いもの好きは
昔からでして

若い頃には旧山手通りと駒沢通りがぶつかったところの
小さな骨董屋でアルバイトしていたこともあります。

富山出身の店主Aさんは
お父様も骨董屋を営んでいたというだけあって

「どうしたら目利きになれるか」の質問に

「目利きかどうかはわからないけど
小さい頃から本物しか見てないから
偽物が来ると、なんかヘンって思うんだよ」と説明。


お店のソファで昼寝している日常と
「ひと蔵出た」ってときの仕事モードへの
切り替えの仕方は
未だおぢの理想であり

目利きへの近道を聞く、などという無礼を
どうか忘れていてくれるよう願うばかりです。はい。


そして先日

厚いベニヤ板を探しに
知り合いの材木屋を訪ねたところ
店主のSさんに
Aさんと似た匂いを感じました。

父親の仕事仲間で
しかも同級生だというSさん。

気さくなお人柄は
とてもお話しやすく
おぢは広い下小屋(材木置き場兼作業場)にズンズンと入りこみ
品物を物色&カットまでさせていただきました。


さらに。

薄暗い下小屋で
とっても素敵な『古いハシゴ』に
出会ってしまったのです。

「かっ、かっこいいっ!!!」思わず叫ぶと


「どれよ?
あー、大工さんがいい仕事していた時代のものだからね。
本物の木は、使ってると いいんだいね」とSさん。

「・・・・」

なんだか
「古道具として飾りたいから譲ってください」
と言おうとした自分が
恥ずかしくなり
しばし沈黙。

「そうか、君は現役だからいいんだね、、、」


下小屋には
古道具じゃなく
『今道具』だからこそ素敵なものたちが
いっぱいありそうでした、、、、


「外からの視点」に影響されることなく
ただ自然に「己の眼」で生きる。

AさんやSさんは
もしかしたら大きく脚光を浴びることはないかもしれないけれど
心底かっこいい生き方だなぁ、と思います。

とにかく
おぢはこれから
なんとかかんとか理由をつけて

あの下小屋に通うつもり。
そのうちハシゴにものぼってみせますわ。ふ。

by katachi_web | 2012-05-15 16:44 | ● 日々

love&peace

まずは、窯のことから。
前回の更新で
今月の本焼は14日と21日とお伝えしましたが

すでにいっぱいになってしまったので
今、1回目の本焼スタートしました。
(14日と21日は、予定通り焼きます)


昨日(9日)に釉がけした方の作品は
14日(月)にお引き取りいただけることになります。

よろしくお願いいたします。


さてさて
先日、ここに
陶器でブリキ
がんばる

と書いたことから

「ずいぶん自分でハードルあげたね~」と
同業Yさん。

「わわわ。そう思う?」


ええと
おぢは何事も
ハードルは
低くめの設定が好みですの。

ぜひとも
ブリキのイメージ
期待しないでやってくださいまし。ふふ。



そして今日
祖母の家には
約束通り保健所の方々がいらっしゃいました。

はい。そうです。

諸般の事情により
予想していない方向に
どんどん進んでいく
例のおぢカフェの件です。


同じやるなら
人生楽しく学ばないと!

ということで
釉薬作りを中断し
レクチャーを受けました。


ちなみに
おぢの栄養士免許が
こんなところで
初めて役に立ったのには
ちょっぴり感動?!でした(笑





d0133128_2344417.jpg

















写真は
以前工房の1階に置いていた
北欧キャビネット。

長年使い込んでいるのでボロボロですが

改修工事の際
祖母の家に運んでいただきました。

今日見たら
まるでずっと前から
この部屋にあったかのように馴染んでいたのでパチリ。

おぢまい。



>以前体験教室にいらしていただきましたOさま
ご連絡頂いただいた理由がわかりました(気付くのが遅い

すでに十分理解しておりますのでご安心くださいませ。
やさしいお心遣いにこころから感謝しました。
どうもありがとうございましたm--m

by katachi_web | 2012-05-10 23:11 | ● 日々

5月の窯の予定


昨日
もはや窯が閉まらないのでは?ってくらい
めいっぱい詰め込んで
素焼がスタートしています。

明日の朝には窯出しができると思うので
午前クラスから
釉がけが可能です。

そして

大変遅くなりましたが
今月の本焼の予定は

14日(月)
21日(月)
となりました。

展示会用には21日の窯でも間に合いますが
焼き上がりの確認は
前日の26日(土)になります。

どうぞよろしくお願いいたします。


ま、一番ギリギリなのは

たぶん、、、、

おぢですな。


そして。

今朝、ものすごく早く
Uさんのお弟子さんが
祖母の家の門扉を塗装しに
来てくださいました。


d0133128_21145464.jpg

















なにせ
築50年以上の古い家。
門扉も
サビサビでしたが

「その錆びた感じが好きなんです」の、おぢ趣味で
なかなか塗装をし直す気には
なりませんでした。

でも先日
ひょんなことから
Uさんに錆び色チックな?塗装を
お願いすることになったのです。


今日おぢは、学生さんだったため
残念ながら
塗装の出来上がりを
まだ見られていないのですが、、、

明日の朝
素敵な色になったなった門に
対面できるのが楽しみです♪


おぢまい。

by katachi_web | 2012-05-08 21:16 | ● 日々

古美

昨日はスーパームーン
21日は金環日食

首が鍛えられそな5月です。


さてさて
連休中は
例年通り帰国&帰省ラッシュで。
しかも
今年はあの世からのご帰還もあり?
バタバタでした。

しかし。

先日
Nさんは
言いました。

「1階ギャラリーは(大工さんが作ったもので)
なっちゃんが作った訳じゃないんですから
展示会の作品は作らなくちゃダメですよー」


え、そうなの?

という訳で

7日の素焼に間に合わせるべく
制作もまじめにやってます。


ちなみに
「おぢ」を「なっちゃん」と呼んでくれるかたち会員は
水曜午後メンバーのみ。

全員そう呼んでくれるといいのですがね。ふ。


そして
写真は
先日祖母の家から
1階の白い箱に運び入れた
古い木の棚。


d0133128_23103254.jpg


















全体のサイズがこの場所にぴったりで
よかったー

と思ったのもつかの間

よく考えたら
1段ずつの間隔が狭いので
ディスプレイする作品がない、、、


しかたがないので
今回展示会用におぢが作るのは
『この棚に収まりが良さそうなもの』に
決めました。


指がおかしくなって以来
ロクロ成形では土の厚みがわからず
決まった形のものしか挽いていません。

でも
使い勝手の良さが求めれる食器と違って
蓋物や置きものは
重かろうが何しようがお構いしなので(ウソです

小さなものなら
作れそう。


おぢの中で
この棚に似合う作品のイメージは
ちっちゃなブリキの蓋物で

古い時代に作られ
途中誰かにリメイクされて別の人の手に渡り
そこでさらに使い込まれて
ペンキが剥げかかったところが
ところどころ古美色になっている、みたいな。


なぜにブリキ???

陶器でブリキ???


ううっ、がんばる。


おぢ



追伸
なんちゃってカフェは
お皿を作るところからのスタート。
土を取り寄せたり丁寧に作ったりできないので
色も形もたぶんバラバラ~(さらなるブーイングか?笑














by katachi_web | 2012-05-06 23:13 | ● 日々