「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

6月の窯(2015)



2015年中の窯のお知らせも
今回で半分ですね~(驚)


それにしても
今年の窯ちゃんは
トラブルまったくなし。

いい子だなぁ~


このまま12月までがんばってくれるよう
感謝してナデナデしておきますっ。



6月の窯の予定

素焼10日(水)
本焼29日(月)



最近、素焼日程が遅めでしたが
今月から元に戻ります。

よろしくお願いします♪




ちなみに
おぢさん今月は
きらきらのジェットコースターに乗っちゃいます~(←比喩です・笑)
振り落とされないよう、シートベルトをしっかり締めて駆け抜けたいと思います。ぷぷ



かたち









≪学生さん通信≫
つながる道を前に進んでいると信じたいです♪














by katachi_web | 2015-05-29 22:09 | ● 窯の予定

初夏のお便り



今日も湿度が低くて
気持ちのよい1日でしたね~

みなさまは
いかがお過ごしでしたか?



おぢは
ちょうど休憩タイムに
お客様がいらしてくださったので
懸巣工房さんで水出しアイスコーヒーをテイクアウト。

うううっ、おいしかったよぅ


しかし
先日



「  五本指 靴下 重ね かき氷  」



おぢのことを
詠まれてしまったばかりなので

複雑でもありました。てへへ




さて

今日のカテゴリは
『お知らせ』と
しておりますの。



いつも書いているように
陶房かたちの会員さんは
専門分野でご活躍の方が多いのです。


今日は、お二方からのご案内を
ご紹介させていただきます、



まずは

d0133128_20464912.jpg





















d0133128_20471189.jpg






























昨年末のかたちとひよこ番外編―sobachoco50-で
ご提供くださったクリスマスバージョンの絵葉書が大人気だった
イラストレーターの藤井邦子さんの個展です。

(ほとんどの方が活動は旧姓でされていますね)


「猫と絵本」というチョイスは
彼女ならではの独特の世界観が
見られること
間違いなし(猫好き+絵本も出しているので)


今回、大阪のギャラリーなので
出張で、里帰りで、
行ける機会のある方は
ぜひ立ち寄ってみてくださいね。





続いて

神楽坂は赤城神社近く『Gellery坂』のグループ展に参加される
毛塚美知代さんからのお知らせです。




d0133128_20483478.jpg





d0133128_2049327.jpg






毎年彼女が作る干支の置物に
ファンの多い陶芸作家さん。


かたちでは、繊細な呉須絵の絵付けの
そばちょこのシリーズが
みんなの感動をよんでいました。


今回は、ギャラリー10周年の企画展なので
干支以外の作品が見られるのだそうです。


近くには、ゾクっとするほど素敵なお花屋さん(小路苑)
もあって、都内のお散歩にはぴったりのコース。
お近くに行かれる際は、ぜひのぞいてみてくださいね。





以上、お知らせでした。


かたち






<学生さん通信>
なんら変わりはないのですが・・・
意識している以上に深い痛手を負っていたのか(?)
ちと回復が遅れております
が、近いうちにまた
わたしにとってのキラキラ光る場所(指針)に戻ってくれると信じています♪










by katachi_web | 2015-05-22 20:56 | ● お知らせ

enjoy



手(首)が悪くなって
よかったと思うのは


制作が
いつの間にか
「やらなければいけないこと」に変わっていたのに
気付けたこと。



長いお休みいただいた去年の夏。



ものすごく久しぶりに土に触ったとき
「ああー楽しい~
(やっぱり好きなんだなぁ~)」って
心底思えた。



楽しいことが義務感に変わっているとき
大抵ココロは、今ココじゃなくて
過去か未来にありますな。



今年の夏は、
制作(締切?)を
ただただ楽しく味わわせていただきます~


あ、暑いと
窯ちゃんも手もご機嫌が悪くなるから
両方のご様子うかがいながら。




さて
お話変わって
ワークショップです。



最近、
「リム付きのお皿を作りたい」
というご要望
やけに多いのです。



でも
正直、
これがけっこう難しい。



特に
手びねりの場合

部分的に中心が出ていないところがあったり
回転が安定してなかったりで

コテを使う段階で
リムに高低差が出てきます。


そして
それを
直してもらっていると

まるで強風に煽られた折りたたみ傘のように
リムの部分が反り返ってしまうことが
多々ありまして

すでに土の全体に水が回っているときなどは
どうすることもできず
最悪、一からまた作り直し、なんてとことも、、、


手びねりだと
ここまでの工程で
時間がかかってますからね、


やり直しは、ご本人にとっても
おぢにとっても悲しいのです。



そこで


先日、元同僚のYさんにも相談に乗ってもらい
改めて考えてみました!



まずは土。


以前は、
できる限り
ご本人が「使いたい」もので
チャレンジしてもらっていましたが



今後リムのお皿を作る場合は
粘土質が多いもの以外
おススメしないことにしました。



さらに、

お水を使ってからの時間が少なくてすむよう
それまでの工程を丁寧にしておくことを
それはもう、しつこいくらいお伝えします(笑)



そして
最後に


みなさんが口をそろえて
「難しい」と言うコテの使い方、

その『木コテ』そのものを
見直しました。



今まではおぢが使いやすいものを
おススメしていましたが

もしかしたら
時代の変化とともに
「何か新しい良いモノが売り出されているかも?」ということになり
老舗メーカーのカタログを物色。


「お皿専用コテ」というのを
取り寄せてみました。


昨日、到着!
早速
『コテ置き場』に入れました。


というワケで
今後、お皿を作るときには
ぜひ、新しい木コテを試してみてくださいね。


よろしくお願いします♪



かたち







≪学生さん通信≫
こうして提出できるだけでもキセキ的なことだと、改めて。
今ココを楽しんでいければ
きっとこの先、食卓につながりますよね^^














by katachi_web | 2015-05-17 22:38 | ● 日々

木下闇


紫外線が気になる季節になりました~


でも

おぢが普段いる部屋(2階)は
毎年、今頃になると
窓いっぱいにトウネズミモチの木が
枝を広げてくるので
逆に、光が入らなくなってきます。



もちろん
部屋が真っ暗になるという程ではなくて

でも
窓の外の陽が強ければ強いほど
内側では、葉っぱたちの影が色濃く感じられて


なんと言うか
トウネズミモチさんに
守ってもらっているような(紫外線から?)
安らぎの部屋になります。


毎年、植木屋さんが入る前の
おぢの密かな
お楽しみ期間なのでした。




さて





この春取り組んできた
サンプル制作のメド
もしや、ようやく???




d0133128_195234.jpg














d0133128_2015820.jpg















d0133128_19545082.jpg
















d0133128_20421160.jpg












d0133128_20412085.jpg






















ボケボケなのは
実際にサンプルになる予定のものもあるので・・・

お許しください。



ちなみに、
頂いているテーマ?は
「ブロカント」




写真だとわかりにくいですが
一番最初の黒いお皿には
リムの周りに朱に近い茶色を一周いれてまして



それを見たKさんから
「日本の色の組み合わせですね・・・」と言われ


「そ、そうですか」と少々焦り


でも

すぐに、気付きました。


コレっぽいイメージってことですよね?


  ↓


d0133128_20135675.jpg


















ブロカントってフランス語なんですが
どうにも、日本がにじみ出てしまうと言うことで(笑)




※ご存じの方が多いのでしょうがブロカント(Brocante)は
フランス語で「古道具、古道具市」の意味。
美しいガラクタという言葉が語源になっているらしいです。
おぢは今回のことで、初めてきちんと理解。
でも聞くところによると数年前にもその題名のイベントに参加してたそうで・・・反省





おぢまい










≪学生さん通信≫
たぢかに。忍耐力はついたと思います^^

、、、、、、

今を説明するのは難しく、、、鳩が欲しいです




































by katachi_web | 2015-05-10 20:51 | ● 日々