ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

6月の窯(2015)



2015年中の窯のお知らせも
今回で半分ですね~(驚)


それにしても
今年の窯ちゃんは
トラブルまったくなし。

いい子だなぁ~


このまま12月までがんばってくれるよう
感謝してナデナデしておきますっ。



6月の窯の予定

素焼10日(水)
本焼29日(月)



最近、素焼日程が遅めでしたが
今月から元に戻ります。

よろしくお願いします♪




ちなみに
おぢさん今月は
きらきらのジェットコースターに乗っちゃいます~(←比喩です・笑)
振り落とされないよう、シートベルトをしっかり締めて駆け抜けたいと思います。ぷぷ



かたち









≪学生さん通信≫
つながる道を前に進んでいると信じたいです♪














# by katachi_web | 2015-05-29 22:09 | ● 窯の予定

初夏のお便り



今日も湿度が低くて
気持ちのよい1日でしたね~

みなさまは
いかがお過ごしでしたか?



おぢは
ちょうど休憩タイムに
お客様がいらしてくださったので
懸巣工房さんで水出しアイスコーヒーをテイクアウト。

うううっ、おいしかったよぅ


しかし
先日



「  五本指 靴下 重ね かき氷  」



おぢのことを
詠まれてしまったばかりなので

複雑でもありました。てへへ




さて

今日のカテゴリは
『お知らせ』と
しておりますの。



いつも書いているように
陶房かたちの会員さんは
専門分野でご活躍の方が多いのです。


今日は、お二方からのご案内を
ご紹介させていただきます、



まずは

d0133128_20464912.jpg





















d0133128_20471189.jpg






























昨年末のかたちとひよこ番外編―sobachoco50-で
ご提供くださったクリスマスバージョンの絵葉書が大人気だった
イラストレーターの藤井邦子さんの個展です。

(ほとんどの方が活動は旧姓でされていますね)


「猫と絵本」というチョイスは
彼女ならではの独特の世界観が
見られること
間違いなし(猫好き+絵本も出しているので)


今回、大阪のギャラリーなので
出張で、里帰りで、
行ける機会のある方は
ぜひ立ち寄ってみてくださいね。





続いて

神楽坂は赤城神社近く『Gellery坂』のグループ展に参加される
毛塚美知代さんからのお知らせです。




d0133128_20483478.jpg





d0133128_2049327.jpg






毎年彼女が作る干支の置物に
ファンの多い陶芸作家さん。


かたちでは、繊細な呉須絵の絵付けの
そばちょこのシリーズが
みんなの感動をよんでいました。


今回は、ギャラリー10周年の企画展なので
干支以外の作品が見られるのだそうです。


近くには、ゾクっとするほど素敵なお花屋さん(小路苑)
もあって、都内のお散歩にはぴったりのコース。
お近くに行かれる際は、ぜひのぞいてみてくださいね。





以上、お知らせでした。


かたち






<学生さん通信>
なんら変わりはないのですが・・・
意識している以上に深い痛手を負っていたのか(?)
ちと回復が遅れております
が、近いうちにまた
わたしにとってのキラキラ光る場所(指針)に戻ってくれると信じています♪










# by katachi_web | 2015-05-22 20:56 | ● お知らせ

enjoy



手(首)が悪くなって
よかったと思うのは


制作が
いつの間にか
「やらなければいけないこと」に変わっていたのに
気付けたこと。



長いお休みいただいた去年の夏。



ものすごく久しぶりに土に触ったとき
「ああー楽しい~
(やっぱり好きなんだなぁ~)」って
心底思えた。



楽しいことが義務感に変わっているとき
大抵ココロは、今ココじゃなくて
過去か未来にありますな。



今年の夏は、
制作(締切?)を
ただただ楽しく味わわせていただきます~


あ、暑いと
窯ちゃんも手もご機嫌が悪くなるから
両方のご様子うかがいながら。




さて
お話変わって
ワークショップです。



最近、
「リム付きのお皿を作りたい」
というご要望
やけに多いのです。



でも
正直、
これがけっこう難しい。



特に
手びねりの場合

部分的に中心が出ていないところがあったり
回転が安定してなかったりで

コテを使う段階で
リムに高低差が出てきます。


そして
それを
直してもらっていると

まるで強風に煽られた折りたたみ傘のように
リムの部分が反り返ってしまうことが
多々ありまして

すでに土の全体に水が回っているときなどは
どうすることもできず
最悪、一からまた作り直し、なんてとことも、、、


手びねりだと
ここまでの工程で
時間がかかってますからね、


やり直しは、ご本人にとっても
おぢにとっても悲しいのです。



そこで


先日、元同僚のYさんにも相談に乗ってもらい
改めて考えてみました!



まずは土。


以前は、
できる限り
ご本人が「使いたい」もので
チャレンジしてもらっていましたが



今後リムのお皿を作る場合は
粘土質が多いもの以外
おススメしないことにしました。



さらに、

お水を使ってからの時間が少なくてすむよう
それまでの工程を丁寧にしておくことを
それはもう、しつこいくらいお伝えします(笑)



そして
最後に


みなさんが口をそろえて
「難しい」と言うコテの使い方、

その『木コテ』そのものを
見直しました。



今まではおぢが使いやすいものを
おススメしていましたが

もしかしたら
時代の変化とともに
「何か新しい良いモノが売り出されているかも?」ということになり
老舗メーカーのカタログを物色。


「お皿専用コテ」というのを
取り寄せてみました。


昨日、到着!
早速
『コテ置き場』に入れました。


というワケで
今後、お皿を作るときには
ぜひ、新しい木コテを試してみてくださいね。


よろしくお願いします♪



かたち







≪学生さん通信≫
こうして提出できるだけでもキセキ的なことだと、改めて。
今ココを楽しんでいければ
きっとこの先、食卓につながりますよね^^














# by katachi_web | 2015-05-17 22:38 | ● 日々

木下闇


紫外線が気になる季節になりました~


でも

おぢが普段いる部屋(2階)は
毎年、今頃になると
窓いっぱいにトウネズミモチの木が
枝を広げてくるので
逆に、光が入らなくなってきます。



もちろん
部屋が真っ暗になるという程ではなくて

でも
窓の外の陽が強ければ強いほど
内側では、葉っぱたちの影が色濃く感じられて


なんと言うか
トウネズミモチさんに
守ってもらっているような(紫外線から?)
安らぎの部屋になります。


毎年、植木屋さんが入る前の
おぢの密かな
お楽しみ期間なのでした。




さて





この春取り組んできた
サンプル制作のメド
もしや、ようやく???




d0133128_195234.jpg














d0133128_2015820.jpg















d0133128_19545082.jpg
















d0133128_20421160.jpg












d0133128_20412085.jpg






















ボケボケなのは
実際にサンプルになる予定のものもあるので・・・

お許しください。



ちなみに、
頂いているテーマ?は
「ブロカント」




写真だとわかりにくいですが
一番最初の黒いお皿には
リムの周りに朱に近い茶色を一周いれてまして



それを見たKさんから
「日本の色の組み合わせですね・・・」と言われ


「そ、そうですか」と少々焦り


でも

すぐに、気付きました。


コレっぽいイメージってことですよね?


  ↓


d0133128_20135675.jpg


















ブロカントってフランス語なんですが
どうにも、日本がにじみ出てしまうと言うことで(笑)




※ご存じの方が多いのでしょうがブロカント(Brocante)は
フランス語で「古道具、古道具市」の意味。
美しいガラクタという言葉が語源になっているらしいです。
おぢは今回のことで、初めてきちんと理解。
でも聞くところによると数年前にもその題名のイベントに参加してたそうで・・・反省





おぢまい










≪学生さん通信≫
たぢかに。忍耐力はついたと思います^^

、、、、、、

今を説明するのは難しく、、、鳩が欲しいです




































# by katachi_web | 2015-05-10 20:51 | ● 日々

5月の窯(2015)

いきなりの夏日でしたね。


いろんな意味で
切り替え感、満載な毎日です。



工房も乗り遅れないようにして
早速、5月の窯の予定です!


素焼13日(水)
本焼27日(水)


今月は、両方とも水曜日になりました。


どうぞよろしくお願いします♪




ででで



先日行われた家業での話合い以降、
ずっとテンションたかままのおぢです。


なのに
身体が追い付かず、
ちと、もどかしい思いも。


そんな中
不思議な出来事が・・・


数年前
特別な能力(?)を持つ方が、知人とともに偶然工房に立ち寄られ
工房の窓際の左の方に「何かがいる」と言われたという話を
ここに書きました。


覚えてくれている方がいるでしょうか?


さらに


おぢは、その手の能力が
皆無なため
「へ~そうなのー」
ってな感じで、感動が薄かったこと、


でもそう言えば
伝説会員Mちゃんをはじめ
「ここ《工房)で話した願いは、不思議に
叶う」と
言う人が、これまでにもいたことはいたので

それと関係あるのかしら?と思ったことも
付け加えました。



当時のおぢは、
その何かとは
「龍」ではないかと
勝手に想像していたのです。


理由は、
前にバイトしてた骨董屋で
最初に与えられたお仕事が
ガラスケースの中にいる(という)龍に
お水をあげることだったので
おぢの中で見えない何かと言ったら
イコール「龍」、だったので。



あれから何年?



最近では、
工房のその場所の下の席を
奪い合う人も
いなくなってました。




つい先日
おぢは
その何かの姿を見てしまいました!



それは
龍ではなく


白い
2匹の
ねずみ。


おぢが工房のドアを開けた瞬間、
さささっとものすごい勢いで壁を駆け上がり
時計の裏側にス~っと逃げていき・・・


って

会員の方ならお分かりと思いますが
時計の裏に隠れるところなんてありませんね。


体調不良で(マンゴージュースのせいで・笑)いつにも増して
ぼーっとしてたし
もしかしたら夢か幻だった
という方が
現実的なのかもしれません。


でも
おぢとしては、
この目でハッキリ見たと断言できます!


その姿は
真っ白なモルモットタイプでは
なくて

太目の、フサフサの毛並、
どちらかというと
小さなうさぎや
リスのような大きさなんだけど、
顔だけがねずみ、みたいな、、、(汗)


ええと、
実は、個人的に
ネズミー系があまり得意ではないため
龍の方が、断然よかったのですがね(笑)



しかーし


あとで
調べてみて
びっくり。


白いねずみは
なんと
「大黒様の使い」
なのだそうです。


そして
キクちゃん(祖母)が生前
「うちの大黒様は、◯◯さんに魂を入れてもらっているからね。大切にするんだよ」
と言っていた言葉を思い出しました。


今、大黒様は
懸巣工房喫茶室さんで
大切にしていただいています。



もしや白いねずみたちは、
カフェや工房を自由自在に
動き回っているのでしょうか?


そう思うと
何だかありがたいものを見た気がして
幸せな気持ちになりましたm(--)m


龍にはお水、
ねずみには?

うーん、お米ですかね?!


どなたかご存じの方がいらしたら教えてください~




おぢ









# by katachi_web | 2015-04-30 20:25 | ● 窯の予定

MOMOの小屋



1日中気持ちのよいお天気でした~


さて、
今日は、5月に工房周辺で開催予定の
イベントのお知らせ
第2弾です。




d0133128_2221306.jpg














d0133128_22214881.jpg

















区内で知らない人はいないのではないかと思う(笑)花やMOMOさんと
かたち会員なかざわさよりさんによる
新企画 ≪クラシノmarket≫



会場となる「MOMOの小屋」は(お花やさんとは別の場所です)
工房から歩いても15分くらい、
都電「東尾久3丁目駅」からは
すぐのところにある
なんだかよい感じのスペース。


そこに、
MOMOさんとさよりさんchoiceの
素敵な仲間が
2日間だけ集合し

新たな場所の可能性と
参加者ひとりひとりの可能性を
探るべく
楽しく弾ける予定です♪


記念すべき初回のマーケットには
かたちとひよこも
参加させてもらいます。
(かたちは、さよりさんと皆川久恵さんの作品が並ぶ予定です)



新緑が美しい頃
ぜひぜひ、みなさま足を運んでみてくださいね♪



なお、上記のフライヤーは縦三つ折りのものを広げて両面載せています。

イベントの詳細は、
Facebook「 町屋の小店と愉快な仲間たち」もご確認ください。



かたち






そして、おじさん(家業)にとっては、
明日は節目の日です。


2008年からのバタバタが
ここで完全に収束

同時に
次の「ワクワク構想」の
着手時期が決まります。


先日、人にお願いする部分で
来年じゃないとスタートできないところがでてきて
ちょっとショックを受けましたが
それにも何か意味があるのかなと感じ始めています。


きっとそれまでに
いろんなことが動く予感。


楽しく眺めていきたいです♪


おじ










≪学生さん通信≫
楽しい時間、今回
気持ちを切り替えるきっかけをいただけたこと....
Thank you for your everything .





























# by katachi_web | 2015-04-23 23:25 | ● お知らせ

よい季節、よいイベント。



もうすぐ連休なのですね。


工房は、普段から祭日が関係ないので
毎年GW中もワークショップは
フツ―にあるため
ばんやりしてました。


今日、普段土曜日に来られない方から
GW中の土曜日のご予約をいただき
ああ、いつもと違うんだったわね、と
気付いたりして・・・


この世間とのズレズレ感、

いつかは
埋めてみせたい
おぢさんなのでした。



そんなGWの頃、
一年で一番よい季節を満喫するべく
工房の近くでも
いろいろなイベントが
行われるそうですよ。


その中から
いくつかをご案内。


まずは天然酵母パンと雑貨のお店kikiさんから



d0133128_21215975.jpg















d0133128_21221830.jpg

















5月10日(日)の刺繍のワークショップでは
母の日用ギフトのラッピングもお願いできるようです。

詳しくは、上記のkikiさんのブログをご覧くださいね。





次回は

GW中に「陶房かたち」として参加させてもらうイベントをお知らせします♪



かたち








≪学生さん通信≫
小出せんせのところにいますの。作品と食卓申込用紙を持参しますのでよろしくお願いしましゅm(- -)m












# by katachi_web | 2015-04-22 21:41 | ● お知らせ

c-コレ№??

以前ここで「勝手にカップコレクション」という
シリーズものをやっていたのを覚えていてくれる方が
いますでしょうか?


会員が作ったカップ作品の中から
コレクション登録をさせてもらうというもので


選ぶ基準は
多くの人に参考になる技法だったり
お人柄があらわれているものだったり
キラリと光る個性だったり
文字通り勝手でした(笑)


最近窯から出た作品の中に、
「これはどうやっているんですか?」と
質問を受けることが続き
そう言えば、昔はコレクションをやっていたわね~と
思い出したのです。


しかし、あまりに久しぶり過ぎて
コレクション番号がどこまできているのかが不明に。

(「c-コレ」という「カテゴリ」内を見ると
№10で止まっているのですが、絶対もっとあったはずなので)



次回のコレクションまでにはちゃんと調べておくので
今回そこは許してねー
ってことで

№はわかりませんが
久々のc-コレです!




C-コレ№??
水曜日午前会員Mさん作 「シャビーカップ&ソーサー}



d0133128_20531456.jpg














土:大島耐火・半磁器
成形:手びねり
装飾:しのぎ、ベンガラ
釉薬:乳白結晶


コメント:
いつも圧倒的な個性が光る、Mさんの作品。

よく、「陶芸と言ったら、ロクロ成形か手びねりか?」
というようなことを聞く人がいますが
そんなときおぢは
「それは手段であって、目的ではないのでどちらでもないかと・・ごにょごにょにょ」
となってしまいます。

その人がこういうものが作りたいという思い(目的)が大切なのであって
手段が先にくるというのは、違うと思うので。

その点、Mさんの作品は
ロクロで作ろうが手びねりだろうが
最終的にMさんの色になっていて
その話を体現してくれます。


作り方としては
土は、強度とやりやすさを考えて
半磁器土と大島耐火が半々。

手びねりで成形後
カップ、ソーサーともに
しのぎを入れて、仕上げます。


素焼後
錆びっぽい感じにしたいところに
ベンガラをのせて
乳白結晶をムラになるように
吹き掛けをしています。


乳白結晶は、とても面白い釉薬で
薄いと黄色っぽいカサカサ
濃いと白いツヤありマット
さらに濃いとカサっとしたピンクになります。


この作品は
中が白いマットなので使いやすく
外は狙い通りのシャビー感。


1つの釉薬でいくつもの
表情が出ているよい例ですね。






続いては


Cーコレ№??
月曜午後会員Mさん作 「呉須霧コーヒーカップ」


d0133128_2113574.jpg















土:赤4号
成形:手びねり
装飾:呉須
釉薬:霜降り


コメント:そのぽってりした印象が安心感を与えてくれるコーヒーカップです。


自然に見える取っ手は
普通に付けてから一週置いて
少し乾いた状態(カタチが変わらない状態)になってから
再度、土を丁寧に足していっています。

それが本体との一体感をうみ
あたたかい雰囲気を醸し出すことに成功しました。


そこに
斬新な呉須の模様。



濃いめに掛けた
霜降り釉が
呉須を良い感じに溶かしてくれて


バランスのよい作品に仕上がっています。


作者は、この組合せをよく使っているのですが
今回ほど
「これは何をかけているのか?」と聞かれたことは
ありませんでした。

おそらく
それくらい
この作品のカタチと、模様と、色が
ぴったり合っていたのでしょう。



以上、
2点とも
多くの方の次につながるカップで
コレクション入りとなりました♪



かたち








≪ファミファミ通信≫
ありがとうございます(嬉)楽しみです。よろしくお願いしますm(- -)m

# by katachi_web | 2015-04-20 21:26 | ● C-コレ

散歩道



プライベートのことをここに書かなくなって
久しいですが


今日は
この一枚を。



d0133128_20362158.jpg















今日あった法事会場の近く、
都内某公園内の池です。



実は、この写真の中に
3匹の動物が写り込んでいます。


わかるかな?



松の上の
白サギ、



松の足元の
トラ猫、



左の石の上の
カメ。




おぢが「こっちむいておくれ~」と呼んだので
写真では、猫がこちらを振り返っていますが


それまでの3匹は、
ずっと見つめ合っていました…



もしや異文化交流中だったのでしょうか???



まるでかたちでの一コマを見ているようでした♪




おぢ








≪学生さん通信≫
しんじてくらはいm(- -)m



# by katachi_web | 2015-04-19 20:52 | ● 日々

強い気持ち

や~、
今日は
(家業の)ある業者さんのやり方が
あまりに酷かったので
久しぶりに戦ってしまった。


こういうの、
後味ワルいし
いろいろ考えちゃうから
苦手なんですよね。



でも
ちょうどクラス途中の出来事で(スミマセン)
午後クラスの方たちに聞いてもらったお蔭で
いつもより冷静さを保てたのは
ありがたかったなm(-‐)m


そのときの話で
「性別の問題も、少しあるよね」
ということになりました。


つまり
こっちが強面のおやじだったら
業者さんは、そんなことはできないはず、と。


そう
この業界では
これが日常茶飯事。


疑りたくはないけれど
現実なんですよね。




おじでは
まだだめなのか。


目指せ、強面おやじ???



おぢ







≪ファミファミ通信≫
わがまま言ってm(- -)mどうかよろしくお願いしましゅ。




# by katachi_web | 2015-04-18 19:07 | ● 日々