人気ブログランキング |
ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

C-コレ№7 +電話一時不通のご連絡

明日からはまた一段と秋が深まるらしいですね。

寒いのはニガテですが
工房は今、窯がフル稼動しているので
窯場周りが暖かくて、ひとまず安心です。


タイトルの「電話一時不通」は
文字通り、工房の電話が現在繋がりません。

いや、正確には
繋がるけれど
出られない、かな?

ちょっと、場所が狭くなってきたので
いろいろものを移動したついでに
電話まで奥のジムショに詰め込んでしまいました(汗

会員のみなさま
子機が見つかるまで (←あ、また失くしたんですね!
電話でのご連絡は、携帯までお願いいたします。

って
実は、今朝すでに
「遅れます、って電話したけど出なかったから休みかと思った」と
会員Kさんに言われて気が付いたのでした。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでしたm(- -)m


そして。

最新の窯出しの中から

C-コレ№7です!



d0133128_20322843.jpg















C-コレ№7
会員 I さん作 「コーヒーカップの中のコーヒーカップ」

土 : 赤4号土・近江土
成型:電動ロクロ
釉薬:チタンマット釉、藁灰釉


コメント:

型作りのように、佇まいが美しいカップ。

ちなみに、もうとっくにお気づきだとは思いますが
毎回タイトルは、なかじまが勝手に付けています。
だって、C-コレの C は
「カップ」と「勝手」、両方の意味ですから?!


もとい
この作品は
Iさんがここのところずっと取り組んでいるシリーズものの一組です。

北欧を思わせるカタチと
温かみのある色合いが
どんなシーンにも馴染みそう。

ソーサーの乗っているサイズの他
もう一回り大きなサイズ(写真奥)があります。

作者のIさんは
「電動ロクロが合っている」とは
こういう人のことを言うのだな、と初めて思った方です。

あれよあれよという間にマスターして
今ではなかじまより上手いのでは、と思うほど。

しかも、半磁器土や4号など
普通の人が難しく感じる
粒子の細かい土を得意とします。

作る形も、ふたものなら本体とフタがぴたりだし
ご飯茶碗のカーブも揃う。

ううむ、すごい。

分析したところ
技術の高さはもちろんですが
なんというか
性格なのだろうと思いました。

正確に、きちんと作れる性格。
ま、いっか、と思わない性格。

すべてにそれが顕れているのです。

技術は練習すれば身に付くけれど
そこから先は「自分の特徴」をどれだけ客観視し、
伸ばしていけるか。

何でもそこですよね?きっと。

例えば
以前なかじまが作った同じようなものを見ると

d0133128_21182686.jpg

















内側の線が、うすらぼんやりー。



でもIさん作品の内側は

d0133128_2122319.jpg

















外側と同じ線がキチンと出ています。

これですよ、これ。

ま、いっかとしない性格の顕れ。

この良さをどこまでも追求して
これからもオリジナルを見つけていって欲しいと思います。


あ、自分を擁護するわけではありませんが
なかじまと同じ「ま、いっかタイプ」のみなさまへ。
ま、いっかの良さを追求すればいいのです。
ご安心を。


書き忘れましたが
Iさんのこのシリーズは
11月の展示会でも販売する予定です。
みなさま、ぜひ手に取ってご覧くださいませ♪

by katachi_web | 2010-10-25 21:50 | ● C-コレ
<< 秋のイベント案内① ひとつひとつ >>