人気ブログランキング |
ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

本焼を待つ棚

若い会員さんの中には
転職や引越しなど
環境の変化から
工房に通えなくなってしまう方も
いらっしゃいます。

残念ではありますが
会員のみなさんにとっては
生活の基盤があってこその「ものづくり」

当たり前ですが、それは仕方がないですし
工房は、その方の幸せを願うばかりなのです。

だた

ひとつ悩むのは
制作途中の作品や完成作品が残っている場合。


作り手としては
作者が長い時間をかけて作ったものなど
本人の思い入れもあるだろうな、と思うと
なかなか処分ができません。

かといって
この極セマ工房に
長期間保管するスペースはなく。

もちろん
ご本人から
「処分して」と言われれば
心を鬼にして?さよならするのですが、、、


そんな中
昨日は
午前・午後とも
久しぶりの会員さんが
釉がけをしにきてくれました!



d0133128_20413682.jpg


















こちらはスパイラル状に積み上げたカップ。
Aさんの力作です(焼くと色は変化します)

実は、作品の内側にだけ
すでに釉が掛けられてました。

今回、外側をグラデーションにすべく
3つの釉薬を施し

約1年ぶりに
本焼を待つ棚に並びました!


忘れずにいてくれてよかった。
作品たちもうれしそうです。

いい色に焼きあがるといいな♪



by katachi_web | 2010-12-12 20:48
<< 新たなティアラ 続けるということ2 >>