人気ブログランキング |
ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

C-コレ№20

C-コレったら
とうとう20回目を迎えました~

これもみなさまのご協力のお蔭です。
今後ともオリジナリティーあふれる作品、お待ちしています♪


では
早速いってみましょう。
C‐コレ・ハタチの記念日です???

じゃん。

d0133128_21181157.jpg













C-コレ№20
Nさん作 「煙草釉マグカップ」

土 :大島耐火粘土
成型:手びねり
装飾:弁柄
釉薬:たばこの灰・ワラ灰釉・チタンマット釉・ビードロ釉

コメント:
先日C-コレ№17に登録させていただいた
ひよこスタジオのY先生の「煙草釉茶碗」と同じように
煙草の灰を使った作品です。

手びねり感を残した成形と
程よいベンガラの縞
複雑に施した釉薬
の3点が
バランスよく効果を発揮し
使い勝手と鑑賞を両立するマグが完成しました。

釉薬については
まず
内側にワラ灰とチタン。

外側はベンガラの縞を境に
濃いところは、ビードロと煙草の灰
薄いところは、ワラ灰とチタン
の組合わせになっています。

煙草の灰を単味で使わず
ビードロ釉と重ねたので
釉薬が灰を溶かして
(灰だけのものより)ツヤ感がアップ。

その代り、溶けた灰が流れているのですが
底に回ってしまうギリギリで留まり景色になりました。
(運も実力のうちです!

おぢの見るかぎり
マスキングテープを多用した複雑な釉がけは
想像以上に時間と労力がかかっていました。

「さりげなくて素敵なもの
の陰には、手間を惜しまぬ作り手がいる」

のは
どんなモノ作りにも言えること。

そのことを
まさに体現してくれる
良質な作品に仕上がりました。

ええと。
ここからのことはすでに何度か書きましたが
先生とNさんは今後
それぞれの作品を「絵」に描いていく予定です。

Y先生のお茶碗とこのマグカップが
どんなふうに描かれるのか
楽しみにしています(←今回は「敢えて」のプレッシャー。うふふ。



さてさて。

それにしても
毎日あちちです。

みなさま
すでに夏バテなどしていませんか?

おぢは先日、一瞬だけ
おかしいかも?
っと思ったのですが

そのとき偶然、韓国薬膳料理とやらを
をいただく機会に恵まれ
すぐに復活しました。

d0133128_21192792.jpg













それはたぶん
発酵食品のチカラだった気がします(特に水キムチ)

そこで、今朝
何年か前にマイブームだった
酵母料理の本を引っぱり出してみました。


d0133128_21201730.jpg
















以前は、天然酵母パンのところしか
見ていませんでしたが
煮物とかにも使えるみたい、、、

今回は、いろいろ試してみようと思うので
いいレシピが見つかったらここにもご紹介しますね。

みんなで、ゆるりと元気にこの夏を乗り切りましょう♪

おぢ。
by katachi_web | 2011-07-07 22:02
<< 猫好きじゃない方すみませんm(... 七夕 >>