人気ブログランキング |
ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

Brown

作家の平野啓一郎さんがゲストキュレーターの展覧会で
昔、本で見て以来忘れられない怖い絵が
ゴヤ晩年の版画連作の中の一点『飛翔法』
だったと知りました。

実物は思っていたよりも小さな作品で
正確には、怖い
けど好き。

昔、集めていた魔女本を
また見たくなりました。

ただし、別の意味で
さらに怖いのは
その類のモノに触れることにより
ウスグライ人にまた戻ってやしまわないかという疑い。

や、薄暗くてもかまわないけど
ツカレルのでね。本人が。

あの、言葉では言い表せない
頭の中で常にいろんな声がごちゃごちゃ言ってる感覚は
単に『思春期だったから』に納まらないものを孕んでいた気がして
当時好きだったものすべてに
慎重なのです。普段は。


というワケで
展覧会の中でも出てきた言葉
『エロスとタナトス』

「もうさすがに気恥ずかしくなる紋切り型」とも
書かれてましたが

いろんな意味で
「敢えて」
です。


ノーマン・ブラウンの
その本を読んだのは
いつかは忘れました。

後日、松岡正剛さんの千夜千冊を見て
やっと少しだけ理解できたかな?くらいの理解力だった
ことだけ覚えています。


今回、その千夜~を
恐る恐る読み返してみたところ

『われわれは、自分は自分だと思っているが
それは自分らしきものを構成しているもののごくごく一部にすぎない…』

それ以外の領域を、フロイトが「無意識」と呼んだこと


抑圧された無意識の例として

『たとえば「反動形成」だ。ある欲望を抑圧したことがその反動として正反対に近い表現や行動になる。嫌いな相手なのについつい丁寧になってしまうような例である。これは社会習慣のなかではマナーやエチケットになっていった。
たとえば「投影」もおこる。これは自分がもっている感情や欲望を自分がそれをもっているのだと思わずに相手がもっているものだと思いこんでしまうことをいう。
その逆に「同一視」も生じてしまう。他人の態度や行動を自分にとりいれているうちに、そのことを自分のオリジナルだと思いこむ。
たとえばまたムキになって「否認」することも、しばしばおこる。みんなに周知の事実をさえ認めない。相手が美しいとか強いと思ってしまうと自分がダメになると思って否認する。
またたとえば「分離」をおこす。AとBの因果関係が自分に起因していることがうすうすわかっていても、それを分離して他人事のように自分がそれを語れるようにしてしまうわけである。』


挙げていて、以前読んだときは
そのままジブンだと思った記憶があります。


でも

『ブラウンはこれらの症例的行為には目も向けず、フロイトやフロイト学派が最後にあげた「昇華」にのみ注目した・・・・
昇華とは、社会的な現実原則からするとなかなか受け入れられないような抑圧的欲望を、著作や小説や芸術や歌や修行やスポーツなどにして、いわば社会的なコミュニケーションの可能性にしだいに転換していくことをいう』
注:昇華とは社会的に実現不可能な目標・葛藤や満たす事が出来ない欲求から、別のより高度で社会に認められる目標に目を向け、その実現によって自己実現を図ろうとすること(ウィキより)

『つまりブラウンは、昇華を「転移」とも呼び替えつつ、取り出せなくなっている抑圧の絡みも、これを少しずつ世界観をもったコミュニケーション能力の表出に向けていけば、無意識的思考ではなくなる可能性があると言いたかったのである…
抑圧された無意識を昇華するにはむしろ世界観が必要で、その世界観を表現する方法が採出され、それぞれが照らし合わされなければならないと見た・・・』


当時ここを読んで救われた気がしました。
芸術とか自己実現とか、そんなたいそうなものでなくても
自分なりの世界観を、と思えたので。


たぶんこの記憶は、コワレかけのおぢが陶芸を続けられた
理由のひとつになっているはずです。

それは松岡正剛さん言うところの
「ブラウンはその狭い入口に大きな出口をくっつけた」
お蔭なのかもしれません…


ま。ムズカシイことはよくわかりませんが
とにかく
偶然見た展覧会は
懐かしい絵と
ブラウンさん(急にさん付け)との
再会でもありました。


ちなみに、ぴちぴち学生さんの
展覧会入場料は
150円ポッキリです。ふ。


おぢ




≪学生さん通信≫
表裏一体だとは思いつつ
長く裏だったものを
表にひっくり返すのには
勇気はもとより
世界観が必要だったようで…
やっと現実が追いついてきたので
いつでも次のステージへ。
いつかのBeautiful Sunday?
偶然ですがお菓子屋さんの名前でもありました♪

by katachi_web | 2014-05-08 23:34 | ● 日々
<< 道なりなみち Nコレ№1 >>