人気ブログランキング |
ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

かたちにする責任


前にも書いたけれど
以前から木製アンティークのボウリングのピンを探しています。

「でも思うようなのがなくて、、、だから土で作ろうと思うの」と言っていたら

「全然木製じゃないけど、参考までに」といただきました。

d0133128_15441677.jpg























真っ赤なピンとは不思議です。
しかも「8」のマーク入り(「7」ひとつ負けてます?!)


なんて。


実はこれ

d0133128_15461093.jpg






















ライターでした。
なんだか懐かしい気がするのはわたしだけ?



そうかぁ。
ピンのかたちをしてるというだけじゃなくて
君にはライターという立派なお役目がちゃんとあるのねぇ。



今、工房の壁には東京都美術館で開催中の
「生活と芸術―アーツ&クラフツ展ウイリアム・モリスから民芸まで」の
ポスターが貼ってあります。

そこにある
「役に立たないもの、美しいと思わないものを家においてはならない」
のモリスの言葉

こころに突き刺さるんです。


よく「土にかえす」と言うけれど
陶芸は全く逆の仕事です。
だって本焼してしまったら最後
万一捨てるときには「不燃ゴミ」に分別されてしまうのですから。

わたしが作ろうとしているボウリングのピンに用途はありません。

だからこそ
せめて自分だけでも美しいと思えるものが作れてから本焼しよう

そう教えてくれたこのライターに感謝です。
by katachi_web | 2009-01-29 16:19
<< 幸せの雨 下町の風景 >>