人気ブログランキング |
ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

2010年 09月 06日 ( 2 )

おやつタイム


午前中は銚子のぬれせん。
午後は長野のみすず飴。

今日のワークショップも
おいしい時間となりましたm(- -)m
(一応、陶芸もやってます)


d0133128_22502484.jpg














それにしても
この幸せ太りな感じ
確か以前にも
と思ったら、、、

フィリピンですがな。

朝・昼・晩の3食の間のおやつタイム「ミリエンダ」。

揚げたバナナとコーラ
ドーナツとミリンダ
鶏の皮のおせんべいとファンタなどなど
(飲み物は甘いものしか出てこない)

勤務先でよくいただきました。

って

ああああ~~っ!
もしかして
わたしったら
「もう絶対一生オナカいっぱい」って思っていた
フィリピンの食べ物が最近懐かしいのかも?!

この前も
偶然見つけたココナッツのネイティブシュガーを
思わず買ってたし(汗



d0133128_2318954.jpg














もしかして
彼女の出してくれた「茹でたバナナ」も???


ややや。
やっぱり日本のお菓子が一番です。


by katachi_web | 2010-09-06 23:27

器さん



山ひとつあたためてゐる冬すみれ

今日、行きがかり上、席についてしまった会合で
俳人・神蔵 器(かみくら うつわ)氏についてのお話をうかがいました。

短い話の中
氏の言葉として

「俳句とは、相手(対象)を輝かすもの。
俳句を始めたばかりのときは自分と相手が五分五分だったけれど
長く作っているうちに自分の割合が削れていって
今では自分が一、対象が九」

と、あったのがこころに残りました。

昨日
ハンス・コパー展で
彼の言葉として紹介されていた文章の一節
「わたしはその工程の一部になっていく」
にも、どこかリンクしているような気がして、、、



d0133128_0224212.jpg



















さらには
7月の益子「ウォーレン・マッケンジー」展での

「窯で焼かれたたくさんの陶器の中で
その後何年も輝いていく作品は
個人を超越し普遍的な経験への扉となる」

を思い出し

相手を後世にまで輝かせることができたら
1は0になる(個人を超越する)のか!
という、勝手な理解にまで繋がりました。


相手を輝かせる。

土の塊を前にして
今までそんなことを思ったことはなかったけれど

それができたら
自分も輝けるのでしょう。

よしっ、まずは
自分9あたりからのスタートだ(←レベル低すぎます)

by katachi_web | 2010-09-06 01:04