人気ブログランキング |
ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

2011年 02月 01日 ( 2 )

人気です

暖かい1日でした。

帰り道、塀の向こうからゴンタが顔を出して
わたしを待っているではありませんか!

d0133128_2295343.jpg


















なんてね。
ちょうどゴンタのうちの“家族の誰か”が
帰ってくる時間だったのだと思います。


それにしても
なぜだかゴンタはいつでも眠たそうにしています。
それに、常に不機嫌。

まろ眉のせいか困ったちゃん顔だし
なんかグデグデしてる。

何もかもがゴールデン・レトリーバーっぽくないというか、、、

でも
なつおぢはゴンタのそんなところが
たまらなく大好きです。

もしもゴンタが日本語を話せたとしたら
きっと“ネコっぽい犬”だろうから
仲良くできるのではないかと思っています(なんなんだ


っとまぁ
ゴンタの思いがけないお出迎え?を通り過ぎ

工房に戻ると
いつもお世話になっている土の業者さんから
留守電にメッセージが入っていました。

昨日faxで注文した土鍋の赤土が
「送れません」と言っています。

???

通常なら翌日には届く業者なのでおかしいと思い

折り返し詳しく聞いてみたところ

現在、タジン鍋を作る人が増えたために
土鍋用の赤土の人気が急上昇!

土の精製が全く追い付かないため
最低でも1ヶ月は待って欲しいとのことでした。

い、1ヶ月って、、、

3月中に届いたとしても
そこから作ったら
出来上がる頃には
すでに鍋料理はいただかない季節に入ってそう。

うわん、どうしましょ。

粒子の細かい赤耐火土鍋土を扱っているところ
他にないのです。

というわけで

<急遽 会員のみなさまへ>
新しく土鍋を作る方は
当分の間、白土のみの制作になります。
どうかご理解いただけますようお願いいたしますm(--)m

なお、現在制作途中の方は
「フタ」の分くらいの土は
工房にありそうなのでご相談ください(フタだけ違う色じゃ、、、ね

タジン人気恐るべし、でした。

by katachi_web | 2011-02-01 22:16

増える世界数 m(- -)m

こんな仕事をしているからか
性格からか
ビジネスライクにさくさくという経験
近頃したことがありません。
なので
昨日、駒込での家業の交渉は、とても新鮮でした、、、

おじいさんへ
こちらの世界でできることは、もうなさそうです。
あとはそちらの世界から何とかしてください、お願いします(なむなむ



さてさて。

先週土曜日、午後のワークショップ終了後
岡山県ご出身のHさんから
衝撃的な「地元のお祭り」の様子をうかがいました。

場所は“八墓村”から近いところだそう。

だから。
というわけでもないのでしょうが
横溝正史好きのわたしにとってはもう感動ものの内容で。

工房の、今はロクロが置いてある奥の部屋を
一時「金田一耕介の部屋」にしていた時のことまで思い出して
つい話してしたりして(みんな笑いすぎ

目には見えない世界の「役割」というのでしょうか
民俗学や文化人類学(今まだそう呼ぶのか?)の観点からの意見を
今度誰かに聞いてみたいと思います。

そういえば
フィリピンにも土着の言い伝えはたくさんありました。

でも、日本のそれとは何かが違って
うまく言えないけどあっけらかんとしています?!

たとえば、帰国間際シキホールという小さな島にひとりで渡り
「魔術師ホセ」と呼ばれている人に会いに行ったときのこと。

船を降りて、桟橋でバイクの運転手さんたちに向かって
「ホセさんのところに行きたい」と言うと

現地の言葉でなにやらヒソヒソ。

“よそものには教えられないのかな?”と思っていたら

「大きいホセと小さいホセがいるけど、どっちにするか?」と聞かれ

「どちらがいいのですか?」と返すと

「小さい方」というので

「じゃあそちらで」とお願いしたら

なんのことはない
小さいホセさんが住むところの方が倍くらい遠い(バイク代が高い)
という理由を、後から笑いながら告げられたり

やっとの思いで会った魔術師ホセさん本人も
かなり商売がお上手だったり。

もしかして観光地化してしまって
目には見えない世界を本気では信じてないのかな?と思い
聞いてみると
みんな、ものすごくまじめに信じてていて

「でもそれとお金のことは別だ」と笑って言う、みたいな。
ま、お国柄なのかな、、、


とにかく
言葉では説明しきれない世界は

突出した力を生まないために
あらゆる均衡を保つために
どこの国にも必要です。
これからもいろいろなカタチで残っていきますように。



昨日の人形劇です。

こちらは、見えないものが見える世界でした。

人形たちは、本当に汗をかいて山を登っていたし
頂上まできたときは、こちらまで下界が見下ろせました、、、すごい!


見えないのにある世界と
ないのに見える世界。

どちらも人間の想像力や意識下が作り出す世界という意味では
同じなのかもしれない。

そんなことを考えた、楽しい週末でした。


では最後に
あって見える世界の話を。

本日、今月最後の本焼です。
(実は今現在も窯詰中・寒い!

5日(土)のワークショップからお引渡しが可能となります。

また、次回の素焼は、10日(土)の予定なので
12日(土)から釉がけができます。

以上、珍しくまじめに終わりそうだ、、、
よろしくお願いします。

なつおぢい

by katachi_web | 2011-02-01 00:15