人気ブログランキング |
ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

カテゴリ:● 日々( 237 )

記事がおでかけ?


今気付きました。

ふたつ前くらいに、土偶やデザイン?について書いた記事がなぜか消えてます。


そんなことってあるのかしら〜

もしや、どこかにおでかけ中?


ま、誰も困らないんですけどね。笑


でも、おぢの中では
もの作りの備忘録でもあるので
悲しいです。


いつか新しいの書きまふ。


おぢ


d0133128_00334138.jpg







































by katachi_web | 2019-06-01 00:10 | ● 日々

きかっけ


気づけば2がちゅ。

予定では、今頃はもう卒制はおえて
家業の確定申告書類にとりかかってる予定でしたが

最後の最後にまたヒビが入ってしまい
未だ作品修復の毎日です(あと、パネル制作も)。


でも、全体像はみえてきたので
ラストスパートってところでしょうか。


その前に
今回の卒制で気づいたことがあるので
シェアを(というか自分への備忘録)。


まず、おぢは今まで
陶芸の「作り方」というものについて
深く考えたことがありませんでした。

まれに「ロクロか手びねりか」みたいな話しを
工房内で小耳に挟んでも
「作り方はあくまで手段だから、作りたいものができれば」みたいなこと
言ってました。



おぢが今回卒制で作っているのは
「縄文時代のものと思われる食器土偶」でして
昨年末に更新したブログに書いたように
そのかたちは途中で大きく変わりました。


変わった「きっかけ」は
先生の「縄文土器は、塞いだかたちのパーツを、あとからつなげて作っているんだよね」
というひと言でした。


あ、年末、どちて坊やの箇所で
「答えは自分でみつける」と書いた気がしますが
あれは『この歳でどちてって「気持ちわるっ」って思われやしないか』という
今さらの見栄が働いたせいでして


学校でのおぢは
実は、ずーーーーと質問をし続けています(笑)


先生たちは、制作のプロですが
教えることでのプロでもありますからね、
直接の答えをくれることもあれば
ヒントになる言葉を言ってくれることもあります。
上のひと言のときは、後者だったのでしょう。



で、工房に戻り
その作り方で再トライし、
夢中で作っているうちに
全く別のものができていた、というワケなのですが


今日このブログでシェアしたいのは
この「夢中」ってときの状態になるには
ってところなんです。


だって、普段想像力乏しいおぢが
この夢中時間内だけは
ちょっといい感じで作れたんですよ。
うまく言えないけど、手が勝手に動いていく、、、みたいな。



実は、最後の網壺を作ったときも
一瞬同じような状態になった気がしました。


これは
もしや何か法則があるのでは?と思い
今日、振り返ってみて気づいたのです。

そこには、どちらも
自分にとっては新しい「作り方」があったことに。
(網壺は別の先生に古い時代の壺を見せてもらってその作り方を聞きました)



今のところのおぢの仮説はこうです。


まず、作品にはそれぞれ、ふさわしい「作り方」というものがあり
そこに、自分の「思い」がぴったり重なったとき
手を動かすことの中からアイデアが出てきて
手が勝手に動いていくような状態になる(ことがある)


うげげっ!

言葉にすると
おそろしく陳腐&当たり前のことやー



でも、夢中って感覚
人によってそうなるきっかけは違ってて

おぢの場合
それが「作り方」かもしれないという気づきは
忘れないでおきたいと思いました。

夢中で作ったものが特別よいというわけでもないですが
次回アイデアがわかないときに
この方法がまた使えたらいいな
というもくろみを込めて。

そして、なにより、きっかけをくださった先生たちに感謝の気持ちをこめて。


おぢ



d0133128_22535069.jpg

















左端にいる観客のおばあさん。見かけはかなりのお年でしたが、演奏に合わせてのキレキレダンス。素敵でした。



















by katachi_web | 2019-02-05 23:00 | ● 日々

今年もありがとうございました


2018年終わってしまいますね、、、

みなさまはどんな年末をお過ごしでせうか。


おぢは、現在卒業制作をしているので
年末年始のお休みはありませんの。。。


制作途中の感想としてはですね

手びねりをこんなにまじめにやったこと、今までなかったな」笑


ろくろ好きで
お水を使わない手びねりが昔から苦手でした。

今回もやらかしてばかり。

時間をかけて作ったものにヒビが入ると
こころのダメージ、大きいですね、、、しくしく


でも、昨日くらいから
「どちて坊やのスイッチ」が入りました。

(注、どちて坊やはアニメの一休さんに出てくる子供、古い!)


ろくろを始めた頃
「どうして(どちて)両手で挟むと土が上がるんだろう?」
「どうして(どちて)おじきさせると土が下がるんだろう?」
土の動きが不思議で、面白くて、ただただ知りたいという気持ち
それだけでした。


そして未だにろくろが楽しくできるのも
よい作品を見て
どうしてこうなるのだろうという
どちて気質があるからかと。
(年取った坊やは自分で答えを見つけます)



今回卒制は、手びねりで、少し変わった形に挑戦しています。
いや、最初は同心円の形を作る予定だったのに
あることがきっかけで、デッサンもせずに暴走、
気づいたときには、えらく違う形になっていました。

実力以上のことをやっているので
正直、後悔していたところもあったのですが
(手びねりにも)どちてスイッチが入ったことで
これからは失敗すらも、どちて?
として、楽しんでいける気がします。

(注:どちてスイッチは、頭の良い方が何かを追求していくような素敵なレベルではなくて、対象に降りていく感じー、みたいな、あくまで感覚レベルのものに過ぎません。あしからず)


ただし、ここで
ひとつ問題が、、、


坊やになると、評価とか期限とか
まったく気にしなくなるんですよね。


もしかしたら
卒業できなくなるかもしれません〜笑


みなさまにはどうぞよいお年をお迎えくださいますよう、、、
一年の感謝の気持ちを込めてm(._.)m



おぢ



d0133128_01225813.jpg



































by katachi_web | 2018-12-31 01:16 | ● 日々

再暑〜看板犬





d0133128_20112382.jpg

























もう、もう、暑いのはイヤなのよ〜



看板犬テトより









by katachi_web | 2018-08-21 20:27 | ● 日々

2016☆今年もよろしくお願いいたします!



あけましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。



d0133128_1022138.jpg















かたち看板犬・テト




おだやかで、あたたかな毎日ですね。

なんだかとてもよい年明けです。



おぢは、暮もギリギリにP蔵くん(プリンタ)がイカレテしまい
年賀状が半分しか印刷できず、大慌て。
(そのせいで様々なところに不備アリです、、、申し訳ありませんm(--)m)


さらに

昨年秋に窯場に作った
自分専用の乾燥棚の
留め金部分がはずれてしまい
作品をいくつかダメにしたり、、、
(こちらの方は、すでに昨年分の納品は終了していたため大事には至らず)


なんだか
いつにもまして
バタバタの年越しでした(汗)



しかーし


すべての厄払いを
去年のうちに
キッチリ済ませたせいでしょうか


新年早々
うきうきニュースが2つ続きました~☆


って、事情により
まだ詳しいことは書けないのですが


今年も工房によい気が流れることは
間違いなし。。。ぐふふ


みなさまに楽しく作陶いただける空間作り、
2016年も精進してまいりますので


本年もお付き合いのほど
どうぞよろしくお願い申し上げます!



陶房かたち

by katachi_web | 2016-01-05 11:16 | ● 日々

作品のお引取に関するお願い



本日、本焼です。


窯詰めする前にも
不安はありました。


案の定


みなさんの釉がけが順調だったため
窯にすべてが入りきらず。


というワケで

今月分は
本焼を2回に分けることとなりました。



一応、次回いらしたときに
お引き渡しができるよう考えて(今回は月曜クラスの方を優先に)
窯詰めをしました。



たぶん、大丈夫かと。


あ、でも
おぢのことだからな。


もしも、間に合わなかったら
すまん。


ご不安な方は、
次回いらっしゃる前に
ぜひご確認いただけたら
と思います。


どうぞ
よろしくお願いいたしますm(- -)m


Katachi






d0133128_2351438.jpg













今まで服を着てる犬とかあまり好きではなかったのですが
アレはおしゃればかりじゃなかったこと、
飼ってみて初めて知りました。

今朝、看板犬がブルブルと震えておりました。
寒さに弱い犬は、着るしかないようです、、、












by katachi_web | 2015-10-28 23:24 | ● 日々

ぜあみんせんせい


ブログの更新もロクにできないのに
自分を更新したいと、強く思う今日この頃

みなさまには
お元気にお過ごしのことと思います。


おぢは少し前から
ある事件?に巻き込まれまして(←家業の方で)
ない知恵を絞ったり、ある場所に通ったり
書類作りに追われたりしています。



ここにきて、思ったのは
事件の相手がどうのこうのというより
己の発想を変える時期がきていると
いうことです。


家業のことだけだったら、ここに書くことではないのですが
今日、「それってものづくりに関しても同じかも」と
思ったので、久しぶりの更新に、、、


ただし、
気づくきっかけとなった
おぢの仕事(←陶芸の方)の話を直接出すのは
ご依頼いただいている会社のご事情もあるので差し控えないとです。



代わりに、
世阿弥に関するレポートからの
言葉を書いてみます。


え?世阿弥?
急になんなん?って感じでしょうが
そう、能を確立した、あの世阿弥です。


彼が書いた、能を演じる者への理論書には
「年齢を重ねること」と「芸を深めること」の
折り合い、心の持ちようのヒントがいっぱいなので
手を痛めて以来、たまにお世話になってます。


言葉の原文は、

「年来の稽古の程は嫌い除けつる非風の手を、是風に少し交ふる事あり」


正確な現代語訳は

「(歳を重ねたら)やってはいけないとされてきたことを、やっていいとされてきたことに少し交ぜよ」

となります。

「なぜそんなことをするのか」
という理由としては


「それは、ひとえに観客(使い手)のため」


さらに


「歳を重ねた役者(作り手)のみに許される、自由の境地へ進め」

と続きます。



年を取ることは
普通、自由を失うことだと思いがちです。


今までしてきたことはできなくなるし
記憶力は衰えるし、手は痛いし、、、



でも、確かに
是風に非風を加えて何かをする自由は、
得ている気もします(図々しくなった)


つまり、世阿弥がここで言っているのは


「こうしなければならない」という規範からの自由、

その自由を得ることこそが
歳を重ねてなお
新しいものを作り出すエネルギーにつながる


ということです。



おぢは今日
土の中に、一度焼成した釉薬の破片を砕いたものを
練り込んで、成形している映像が浮かびました。

昔、やろうとして
「窯が傷むからやめて」と当時の勤めていた
工房の窯担当者に言われ、諦めて以来
すっかり忘れていたことでした。


納品先があることに感謝をしつつ

これからは、いい意味でそこに留まらないようにしていこう

そう思いました。


また、
家業の方では、ヒゲをはやしたい

じゃない、

動き過ぎない、ようにしたいと思います。


不安に思っていると
ついついチョロチョロしちゃうから、、、


ま、とにかく
がんばりまーす。



おぢ





d0133128_22442029.jpg













せんせい、病院通いはいつまで続くか教えてよ~?!


看板犬見習い中のテトより






























by katachi_web | 2015-10-19 23:11 | ● 日々

かたち看板犬



あらら、気付けば
1か月も更新を
さぼってしまったわん。



え!わん?って
この歳で使っていいの?


と思われた、

そこのあなた。



これは、
これから話すことの
伏線なんですの。


いいですか
いつものおぢなら
出だしのところは

「にゃんと!気付けば1か月もさぼちゃったにゃ~」

とか
書いてるはずですよね。


それが


わん。ですよ、ワン。


ワンと言えば


そう、ワン子。


昔から大の猫好きだった
おぢは、


この夏
なぜか仔犬を迎えましたー


犬は、見るだけなら大好きでした。

でも、幼い頃に小指を噛まれたことがあり
触ったりするのは
実はちょっと怖かったんです。


それなのに
なぜ???


えーっと、きっかけは、


あ、
長くなりそうなので


詳しいことは、
水午後Tさんまでお願いします(笑)


それより
このワン子

とてつもなく
病弱でした。


最初から
呼吸器系で即入院。


今も
血液検査の結果だけ見たら
劇症肝炎ですか?ってくらい
肝臓の数値が悪いらしいです。


でも

手の掛かる子ほど可愛いは
ホントなんですね。


夜中の看病もツラいとは全く思わず
逆に、しっかりしなくちゃと
チカラが湧いてくる感じでした。

が、

この夏のおぢは、
重なる納期と
おじさん部門の新たなトラブルがぼっ発したことで
不覚にも体調を崩してしまいました、、、


結果、2000年に教室をスタートして以来
初めて(父の葬儀を除く)クラスをお休みさせていただくという事態に。


ご迷惑をお掛けしてしまった方々
本当に申し訳ありませんでしたm(--)m


以後、このようなことがないようにしていきますので
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


また、同時に、
今回のことは、身体からのSOSとも感じ
今後のワークバランスを考えるきっかけにもなりました、、、

そのことについては
心が決まりましたら、また聞いてくださいね。


とにかく、今日は
かたちの看板犬になる(なれるのか?)
ワン子をご紹介したく、、、


d0133128_2246548.jpg











テト(女の子)です。
よろしくお願いします!


かたち





≪ファミファミ通信≫
今生は諦めることにしました!
海月 一匹 またの世の足がかり


by katachi_web | 2015-08-29 22:50 | ● 日々

ワラ灰釉について


将来、最高気温40℃以上の日に
名前がつく日がくるのかな?


激暑日?
超猛暑日?


「明日は、猛暑日予報だよ」

「激暑よりまだラクね!」


なんて
会話、
そう遠くない気します?!




さてさて
タイトルの件です。


陶房にある
「ワラ灰釉」


ワラの灰がベースで真っ黒い釉薬なのに
焼成後は白くなる、伝統的な日本の釉薬です。


赤土に無造作にかけると
濃淡が美しく出て
根強いファンがいます。



それが

数か月前から
「混ぜにくくなった」という声を
よく聞くようになりました。


もちろん、以前から
沈殿しやすい釉薬ではありましたが

確認したところ

バケツの半分以上固まってしまっていて
柄杓で混ぜても
ウンともスンとも、、、
明らかに、以前とは違っていました。



早速、業者に電話をしたところ



すかさず
「混ぜやすくする薬を新たに
買うこと」を
ススメられました、、、


「そういうしくみか!」



思わず出てしまった
心の声でした(笑)



みなさま
本日そのお薬入れました!


次回からは
以前の仕様に戻っていますので
ご安心くださいね~




そして
昨日の写真です。

職人Kちゃんのお蔭で
なんのためのものだったか
今日、判明しましたm(- -)m


「ついこの間、撮ったやつじゃない」


自分大丈夫か
本気で心配しました、、、


でも


あのときはバタバタしてたからな(←いつもの言い訳)




おぢ





d0133128_21521389.jpg









































by katachi_web | 2015-07-25 23:33 | ● 日々

刻々



今日は、暑いだけでなく
不安定なお天気でしたね。


こんな日は、
土の乾燥のコントロールが難しく
絶対に目が離せません。




おぢのことなので
ちょっとくらい大丈夫よね、と
離してしまうことも多々ありまして、、、


今日も削り前の作品を外に干していたら
雨の音がして


ドキリ。


久々の
猛ダッシュでありました。
(昔のマンガの足が回転している画!)







d0133128_23334299.jpg

























写真は、
何のために撮ったのか
本人も全く記憶がない不思議なもの。
このシリーズが何枚もあります。


乾燥中の作品の目を離した最大の理由=P子(パソコン)のファイル移行中に、出てきました。


どなたか、わかる方がいらしたら
教えてください~(削除していいものか悩むところなので)


ちなみに

現在、P子は瀕死状態。



削りもそうですが
こちらの作業も一刻を争っています!?




かたち
















by katachi_web | 2015-07-24 23:37 | ● 日々