人気ブログランキング |
ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

<   2010年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

準備5

先日発見された
祖母の家・階段下のボロボロの扉。

襖屋さんが
がんばってくださり

今日、無事に退院してきました!


じゃん。


d0133128_1718827.jpg

















あら。

なんだかここだけが
キレイ過ぎ?

本当は茶系をお願いしたのですが
それだと取り寄せになるため
日曜日までに間に合わないらしく。

ま、穴が開いてないだけ
よしとしましょう!


それにしても
祖母の家は寒い。

みなさま
どうぞ暖かくしてお越しくださいね。

by katachi_web | 2010-11-18 17:20

C-コレ№8

本焼窯を一旦締め切らせていただきました。
次回は展示会終了後、27日(土)の予定。

作品展前
ラストの窯は
明日の
上絵窯となりそうです。


当たり前ですが
工房には現在
完成作品があふれてます。

これはチャンス?!
久しぶりにいってみましょう。
C-コレ№8です。

d0133128_22494167.jpg













C-コレ№8
会員 Mさん作 「テキスタイルそばちょこ」

土 : 大島耐火(白)
成型:電動ロクロ
装飾:下絵の具
釉薬:透明釉


コメント:

なぜ「そばちょこ」がカップコレクションに?
なんて細かいことは気にしないでね(笑

「そばちょこ」は万能カップですから。

信楽より白く上がる土に
オリジナルの色に調合した下絵の具が映えてます。

図案は
テキスタイルからヒントをもらったようで
明るくモダンな印象に仕上がりました。

写真左のカップの細い線は
撥水剤の効果を使って実現させたもの。
(詳しく知りたい方は後日ご質問ください)
細かい作業です。

透明釉は
内側しっかり浸しがけ
外側を軽く吹くことで
せっかくの絵が流れる心配も
内側の使用感を気にする心配もクリアしました。


作者の水曜午前会員のMさんは
今年の夏くらいにご入会いただいた方ですが
以前は別のお教室で長く作陶されていたそうです。
(陶房かたちはなぜかそういう方が多い)

今回
6年近いブランクがあってのロクロ成型。

その間増えたご家族の分も
揃えられたことがうれしい
幸せのカップです(だから、そばちょこです!









by katachi_web | 2010-11-18 00:02 | ● C-コレ

準備4

11月21日・22日の「かたち と ひよこ」。

会場は
何度も書いている通り
工房の隣の古い家になります。

昨年、7月にはここで「なひや姉妹」主催の
「手しごと展」を行ったので
会員の方はご存知だと思って
話してきましたが
新しく会員になった方の中には
「いったいあの古い家は何?」と
思われている方も
いらっしゃいますよね。

昨日、ご案内していて
ふとそんなことに気が付きました。
(相変わらず今更ですみません!



改めてざっくり説明すると
築60年のあの家は
4年前までなかじまの祖母・喜久枝の
住まいでした。

キクちゃんが亡くなってからというもの
周りでは
「いつあの家を壊すのか?」が
常に話題になっていて
なかじまひとりがそれに反対をし
何とか残す方法がないかを模索している
といったところです。

確かに
どこもかしこもボロボロ&隙間だらけ
家としては失格です。

これがもっと古ければ
古民家として建物の価値が出たのでしょうが
何もかもが中途半端でして。

でも元材木屋なので材料だけは丈夫
ところどころに大工さんの良い仕事が見てとれます。

壊すのは簡単だし
別の面では
その方がいいと思う気持ちも
正直あります。

でも
明確な理由はないけど
どうしても壊してはいけないって言ってます。
どこかが。


今度の展示会では
寒いし
汚いし
ギシギシ言ってご不便をお掛けすることも
あるかもしれません。



いらしていただく方に
少しでも
懐かしい気持ちや
こころ落ち着く感じを
味わっていただくことができたら

何より、みなさんの作品を「活かす役割」を
果たすことができたら

家もさぞ喜ぶことと思います。

みなさま、何卒ご理解の程
よろしくお願いいたしますm(- -)m



して
ここのところ
会場作りをぼちぼち始めている
なかじまですが

開催前1週間を切って
こんなところを発見してしまいました(汗


d0133128_204597.jpg


















階段下の物置の扉
こんなにボロボロ~

なんで今まで
これが発見されなかったかというと
板のようなものが立てかけてあって
見えなかったのです。

きっと、キクちゃんが隠していたのですね。

今日、襖屋さんに入院しました!

間に合うといいな。

って
働けど働けど
こんなふうに
この家に吸い取られていく
なかじまなのでした~(笑

by katachi_web | 2010-11-16 20:55

準備3?

郵便物にきれいな切手が貼ってあるのを見ると
ちょっとうれしくなりませんか?

いや
元々は
わたし
全く関心ないタイプですし
今だって記念切手などを
買ったりはしません。

でも
人の心を運ぶ
という視点を知ったときから
少なくとも
頂いたときには
気が付くようになりました。


「切手は小さな美術館」
以前勤めていた会社の先輩Nさんから
教わったことのひとつです。

定期的に海外発送する郵便物に
「日本らしい切手を」と
工夫を凝らし続けた彼女。

ある日
某アメリカ支社に勤める日系人から
「こんな心配りをする人と会ってみたい」
と連絡が来たことが忘れられません。

他にも切手で挨拶をかわしているような
取引先が数社あると言っていました。

ちなみに
いつか書いた
誤字脱字を気にせず書くクセがついた
「校正おまかせ大作戦」は
このNさんと
役割を入れ替えながら
楽しんだ遊び?なので
切手以外はそれほど繊細な方では
なかったと思うのですが。
(つーよ様ごめんなさい。わたしと同じという意味です♪)

あれから10年以上。
今は一緒に仕事をすることはありませんが
教えていただいたことが
わたしの中に残っている限り
繋がっている気がして

きれいな切手を見つけるたびに
うれしくなります。



先日
「サインを見つけました」と
以前「なひや姉妹」の作品を買ってくださった
お客様からメールをいただきました。

そのコーヒーカップは
カップの飲み口側に
「718(なひや)」マークが
入っているらしいのですが
取っ手の付け根のところも
小さく「718」の押し印が
刻まれていることを
最近発見したとのこと。

小さなこだわりを
見つけてもらえるのは
大きな喜び。

ありがとうございました。


ええと
前置きとは思えないくらい
すっかり長くなりました。

タイトル的にはここからが本題です。

今週末の「かたちとひよこ」
会場準備の最後は
玄関を入ってすぐ正面の部屋。


d0133128_22183496.jpg















って、あら。
元と何ら変わってないので

準備なしの部屋でした。

by katachi_web | 2010-11-15 22:24

涙とめがね


楽しみにしているブログが
最近ちっとも更新されず。

なんだか悲しいなかじまです。
(ノД`)しくしく


ええと
出だしから泣いててすみません。

でも近ごろ
空気が乾いてるので
コンタクトレンズの目には
涙も必要なのでしょうか?



そういえば
先日、レンズを入れようとしたら
右目が痛くてできなかったので
久しぶりにメガネをかけました。

その日の午後
会員Iさんから言われました。

「メガネだと、できる風に見えますね」


聞きましたか?

できる風ですよ、できる風。

この、うっかりダメダメおぢさんが、ですよ。

当たり前ですが
生まれて初めてだったので
ものすごくうれしい。

今、新しいメガネを作ろうかと
真剣に考え中です(笑



そして
今日は朝から窯出し。

会員の方たちの作品と
なかじまの分が入っています。

なかじまのは
主に「なひや姉妹」ラインたち。

もうすでに納期が過ぎているものや
ギリギリのもの
11月末のイベントのコラボ用のものは

磨きや乾燥を経て
発送まで完了。

(残りはまだこれから焼きます)


d0133128_0152830.jpg














こちらは個人でご注文いただいたH家の角皿。
ナンバーはご家族所縁のものでしょうか。

可愛がっていただけるとうれしいな♪



d0133128_0251846.jpg

















昔の写真。
怖い!
彫塑の授業で作ったなかじまです。

by katachi_web | 2010-11-15 00:31

準備2

昨日の
「コーヒーの暖簾」の件
昨夜、本人曰く「酔っぱらい状態」の
会員Nさんから
メールをいただきました!

足立区千住元町
帝京科学大学のそばにあるお店だそうで

コーヒーの味は、、、
賛否両論とか(笑

それでも
本当に珈琲屋さんであることがわかってうれしい。
今度前を通ったら
ぜひチャレンジしてみたいと思います。

Nさん、早速の情報をどうもありがとうございましたm(- -)m


そして。

会場作りの続きです。

今日
午前と午後のワークショップの合間に
1階部分奥の部屋をやっつけました。

なんて。

ただ
飾ってあった自分の作品を
押入れに仕舞い込んだだけなんですけど。


d0133128_21474228.jpg













壁には
先日、やまもと先生に取り付けていただいた
ピクチャーレールがキラリ。






d0133128_21485558.jpg













アルミの箱は、作品を入れた押入れから出してきたもの。

何に使われていたものかわかりませんが
什器として使えそうですよね???

by katachi_web | 2010-11-13 21:55

準備スタート(今頃?)


昨日、家業の用事からの帰り道
気になるものを発見!


d0133128_15473947.jpg














信号待ちの車の中から撮ったので
わかりにくいですが

白いのれんにある文字は
どう見ても
「ラーメン」でなく
「コーヒー」ですよね?
逆さまだけど。


おいしいのかな?
たしかここは足立区になると思うので
どなたかご存知の方がいたら
教えてください。



さてさて
相変わらず
工房の窯はフル稼働でして

狭い工房内は
本焼を待つ作品で
あふれております。

そこで

会員のみなさまへ。
しばらくは展示会用に作っている方の作品を
優先とさせていただきます。
釉がけの順番とおりに焼き上がらないこと
どうかご了承くださいませm(- -)m



それにしても
「かたち と ひよこ展」の開催まで
あと1週間くらいなんですね(驚)

そろそろ会場作りもしなくては
いけないことに気が付いて
(まだそこ!?


本日、作品を乾かしている間
祖母の家へ。

ええと
まずは2階の日本間のふすまを
取りはずすところから。

築60年ともなると、家自体が傾いています。
なので、四枚のふすまそれぞれに
はずすことができる位置というのがあるのです(笑)

さらに、もし左右が逆になったりしたら
取り付けのとき、また大変なことに
なるので、そこも慎重に。


古い家は
クセを知って
仲良くお付き合いすることがが大切。

面倒だと思ったら最後なので
そこをイトオシク思わないとです。


d0133128_15541026.jpg














d0133128_15544775.jpg















ふすまをはずしたら
ちょっとはスッキリしたかな?



しかし。

途中、近所の方から
比内地鶏を頂いたので

今日の会場作りは
おしまい (へっ?

やっぱり筑前煮かな~♪

by katachi_web | 2010-11-12 16:02

イロイロ


今日のワークショップでは
午前・午後とも
キレイな色の「下絵の具」を使う方たちが。

下絵の具といえば
昔から呉須絵(紺色)や鉄絵(茶色)が
定番ですが
今はかなり色数が増えました。



でも、狙った質感の色を出すのは
意外に難しいのです。

ダマになりがちなので
濃度には気を使うし
場合によっては
透明釉を混ぜたりもします。


なかじまは修行時代から
なぜか相性が悪く(食わずキライ?

最後に使ったのは
3年くらい前
積み木や舟形の箸置きに
ちょこっとペイントしたくらい。


d0133128_23154781.jpg

















が、
この夏
展示会用の作品を作っていた会員Nさんから
「油絵」のような質感にしたいという希望を聞き

ああ、そう言えば
下絵の具ってものが
あったわねー
と思い出しました。


結局
その後、Nさんは下絵の具2色を使い
素敵な作品を完成させ

それを見た他の会員の方たちが
最近使い始めている
という流れとなっております。


今日のワークショップでは
何色かの色を混ぜて
オリジナルの色を生み出したり
他の技法と組み合わせて
ぐっと個性を際立たせたり。

またひとつ
可能性を広げられた気がしました。

そういう瞬間に立ち会えるのは
とてもうれしいもの。

これからも
いろいろなことにチャレンジできる工房で
ありたいなと思いました。


あ、そのためにも
なかじまの食わずキライが
工房内に反映しないように
気をつけなければ(反省

by katachi_web | 2010-11-10 23:55

間に合う予感


今日のお昼は
新潟からのお客様と一緒に。
(なかじまは普段昼食はいただきませんが
こんなときは別)

雪国では冬支度が進んでいるそうです。

東京は暖かい1日だったけど
今夜から冷え込むらしいし
そろそろ工房1階の暖炉に
煙突を取り付けようと思いました(笑)


d0133128_20195099.jpg



















(注:煙突も炎も薪も全部ニセもの。ただの電気温風機なので他の季節は棚として使ってます)



そして。
なんと昨日書いた「長石」が夕方
コレクト便で届きました!!!

すごい。
思いは通じました。

業者さんに感謝して
もうひとがんばり
してきます。


d0133128_20271489.jpg

by katachi_web | 2010-11-09 20:32

手紙と写真


いくつもの締め切りが重なる
この時期
釉薬の出発材料・長石の在庫が
不足していることに
ここにきて、気が付きました。

うわん、大変!

釉薬がなければ
完成しません。


しかも
この長石
ちょっと特殊なものを使っていて
松江の小さな業者さんから取り寄せています。

とてもよい方たちなのですが
のんびりモードなのが難でして

毎回注文のFAXを入れてから
商品が到着するまで
だいぶお時間かかります。

早速、事務所に電話を入れてみたものの
応答なし(そんなことが多い)

考えた末
注文のFAXに
短いお手紙を加えました。

今、急ぎの仕事があるのに
この長石がなくてとても困っていること
もしも早く送ってもらえたら
どんなに助かるか

何より、わたしはこの長石の「溶け具合」が好きで
他の長石じゃ代用できないってことなど

なんだか気持ち
込めちゃいました。

こんなに熱い手紙を書いたのは
何年ぶり?ってくらい。

しかも材料屋さんに。ふ。


たぶん
別の長石で代用したところで
他の人がみたら
違いは
あまりないかも、です。

でも、ものづくりとは
そういうこだわりの積み重ね。
ですよね?!

どうか間に合いますように(祈



そして。

今日のワークショップ
午前中には
ゲストがおふたり。

今月21・22日に行う工房の展示会に
共同出展くださる「ひよこスタジオ」のやまもと先生と
生徒さんの、うのさわさん。

うのさわさんは写真の道に進まれる方で
今日は
今度の展示会に出展する絵の元となる
「土」の連続写真を撮影しに
いらっしゃいました。

菊練やロクロ成型など
普段何気なくやっていることが
写真に切り取られるのは
なんだか不思議で
楽しい経験。

本当は撮影しているところの
写真をご紹介しようと思いましたが

どの写真が彼女の絵の原型になるのかが
わからないので
今日の写真はお休みにして
展示会まで待つことに。


やまもと先生のお蔭で
祖母の家のピクチャーレールも
完璧になったし

「かたちとひよこ展」
いよいよ楽しみになってきました!!!



d0133128_21464368.jpg
















d0133128_21473093.jpg



































by katachi_web | 2010-11-08 21:52