ブログトップ

katachi ceramic studio info & daily

katachix.exblog.jp

寒くなりました

朝早く、と言うか 昨夜起き出して
小窯のスイッチをオン。

今日は本焼の窯を焚いています。

お昼過ぎに950℃になったらさらにバーナーの火を入れて
弱還元状態にする予定です。

それにしても、寒くなってきました。
寒いのは苦手ですが
窯たきに限っては楽な季節。
上手くいくとよいな~

今日焼いたものは今月末の「手造り市」に持って行きます。
今回は「なひや姉妹」として、数字入りの小さなバケツやおやつ皿など
日々の暮らしをちょっとだけ楽しくしてくれる新アイテムに挑戦しているので
お時間ある方はぜひ、雑司が谷の鬼子母神までのぞきにいらしてくださいませ。

また28日からの1ケ月間、西荻窪で「冬のおくりもの」展にも参加します。
こちらは7名の作り手たちが
今年1年の感謝の気持ちを込めて
いつもよりお求め易いプライスでご提供します。

「大切なひと」へ 気持ちを届ける贈り物。
少しでもお役に立てたらうれしい限りです♪


● 「手造り市」への「なひや姉妹」の次回出展は11月30日(日)


●「冬のおくりもの」展 11月28日(金)~12月27日(土) 
GALLERY Y NISHIOGI

d0133128_11543277.jpg
# by katachi_web | 2008-11-09 12:11

はらっぱ市

爽やかな秋晴れに恵まれた今日
なひや姉妹は谷中の『はらっぱ市』に
参加させていただきました。

d0133128_22225811.jpg

















なひや姉妹 初の野外イベントということで
参加前はちょっぴり不安もありましたが
手に取って見てくださる方々
つまり「使い手側」の方と直接お話できる
貴重な機会をいただきました。

例えば
軽い作品はすぐ割れたりするのではないか
粉引の作品は口元が欠けやすくないか
使用前の扱い方などなど
陶器に対する疑問をお持ちの方がいます。

「作り手側」のわたしたちは
それらひとつひとつの疑問にお答えしていく中で
普段コツコツやっている地味な作業に
アラタメテ意味を見出していきます。
そして、今後何を大切に作っていけばいいのかを
再確認することができるのです。

使い手あっての、作り手。

暖かな休日、温かい交流。

うれしいな。

はらっぱ市へお越しいただいたたくさんのお客様
主宰者・スタッフのみなさま
本当にどうもありがとうございました。

可愛くておいしいジンジャークッキーを買いにまた遊びにいきますね!

# by katachi_web | 2008-10-13 23:14

「真夏の出張海福雑貨」展

なひや姉妹の「ひ」を担う 平野美佳さんが参加する
「相模クリエイターヅ」が
「真夏の出張海福雑貨」展を開催中です。

d0133128_13382072.jpg














平野さん作 のお家。
箸置きとして使えますが
写真のように出窓に置いて眺めてもカワイイ♪


d0133128_13435217.jpg














こちらは うみふくさんの地図絵。
写真ではわかりにくいのですが細かい地図が
全体として「絵」になっています。
何に見えるかは
見る人の感性にゆだねられるところなのでしょうね。

たくさんのカタチがあって
すごく迷いましたが
額が変わっていたのと
「ハートとイヌ」という不思議なタイトルにひかれてこの作品を選びました。

作者の意図するところからは離れ
「ハートとイヌ」からは
心を射抜く とか
ラブ&ワンつまり永遠の愛とか、、、
いろいろ想像させられます。
まるで「俳句」のよう。
好みでした。

さっそく工房1階に飾ってみました。
いい感じ。


d0133128_1432583.jpg





















●「真夏の出張海福雑貨」展
  2008年8月6日(火)~10日(日) 11:00~19:00 (最終日は17:00まで)
  
  ギャラリーサガン
  神奈川県相模原市相模大野6-18-11
tel:042-765-2908  

# by katachi_web | 2008-08-09 14:43

ひつじの笑顔


眠れない夜

ベタですがひつじを数えましょう。

d0133128_0465817.jpg















あら?みんな笑ってる。



なんて。

実はこれ、今制作途中の壁掛け用の『陶板』です。

ひつじに見えるのは「吉祥」の「祥」の字を篆書で書いてもらったもの。
これから朱色のサインを入れてもう一度、本焼の窯で焼きます。

このひつじたち、焼き上がっても笑っているといいな~♪


# by katachi_web | 2008-07-20 01:19

あと一歩

ここのところ楽しく(?)制作している
しましまシリーズがようやく
『上絵』の段階に入りました。


d0133128_1632226.jpg














これは絵付が終わって、最終工程である『上絵の窯』に入れられるのを待つ
お皿たち。
他に、そばちょこ・マグ・小物入れなどが『しましま』にされつつあります。

窯の中で上絵具が溶けると、現段階の色とは変化するので
それを想像しながら絵具をのせていくのですが
今回、わたしの中の出来上がりイメージは
魔法使いサリーちゃんに出てくるよしこちゃんの三つ子の弟 
とんきち・ちんぺい・かんたが着ていたセーターの色 、、、古っ。
# by katachi_web | 2008-06-26 17:09

アラタメテ陶芸

今朝は早起きして『古代文字研究』の講演会に参加してきました。
陶芸とはまた違った興味から行ったつもりだったのですが
現在出土している中国最古の文字は
BC5000年頃の『陶片』に残るものと知って感激!

『文字の始まり』は
生活の道具であった土器に
個人(または部族)の名前を入れたことだったのね~
などと古代人の生活に思いを巡らせ
陶の歴史をアラタメテ誇らしく思いました。


さらに

先日この工房で『一日陶芸教室』を取材いただいた
スポニチアネックスの
『Select for Men』の記事を拝見していたら
何だか「陶芸って楽しそうじゃない?」などとアラタメテ気付いたりして(笑)

制作に追われて忘れがちだった『遠くからの視点』をいただくことができた
シアワセな週末でした。
ありがとうございました。


●スポニチアネックス・セレクトフォーメン
# by katachi_web | 2008-06-22 18:04

元気にしてくれるもの 2

前回の「木の葉ねこ」
意外に反響いただきました。
わたしの飼いネコかと聞かれることが
多かったのですが、実は違うのです。

今年のお正月、どこからともなく「木の葉」を纏って現れ
うちとお隣の境でしばしくつろいでいたところを、パチリ。

また会えないかな~といつも気に掛けているのだけど
それからは「木の葉抜きの姿」すら見かけません。

だからあの猫はきっと、我が家歴代のネコが一匹になって
お正月の挨拶に現れたのね~と思ってます。ふふふ。

しかし「元気をもらって」と書いたからか
ネコの写真以外に楽しみはないのか?と
ご心配いただいたためか(笑)
「大丈夫?」と言ってくださる方もありました。

いろいろ言葉足らずごめんなさい!

わたしは至って元気に製作しております☆

そして、今日こそうちのネコです。

何度ブラシをかけても毛並みバサバサ
それもそのはず、なんと今年で24歳!!!

名前は妖怪、じゃない、ムースです。
変わり者(ネコ)ですが、愛しい存在です♪

d0133128_15484680.jpg

いつもウトウトしていて、、、












d0133128_15511837.jpg

反省。

# by katachi_web | 2008-06-12 16:14

元気にしてくれるもの

ちょっとバテ気味です。連日制作に追われております。

そんなときはあれだ。
こころの友の写真を見ます。



d0133128_2171763.jpg




























「木の葉ねこ」です。

今日も元気にしてくれてありがとう -chu☆


 
# by katachi_web | 2008-06-03 21:20

なひや会議 とそのお陰で再会☆の巻


今日は久しぶりの「なひや姉妹」会議でした。
(なひや姉妹はわたし中島を含む作り手3人からなる陶ユニットです)

d0133128_2119086.jpg














まだ具体的な活動をここに書ける状態ではありませんが
何だか「新しい風」 吹いてきています。
わたしたち自身も楽しみ☆わくわくです♪

ところで。
ここ数日、今回の会議準備のためによくパソコンの前にいました。
元々超アナログなのでメールチェックすらままならないタイプですが
今度ばかりはPCとお友達で下調べや資料作りとがんばりました。
そして
その作業中、ご褒美のように「以前お世話になった方々」の活躍振りを発見!!

って、要は単に作業に行き詰まって脱線し、検索で遊んでいたら
懐かしく、愛しい人たちのHPやブログに行き当たっただけなのですが(笑)
とにかく
今はもうお会いする機会がなくなってしまったけれど
フィリピンに行く前のわたしを支えてくださった方々が前にも益して
がんばっていらっしゃることを知り、何だかとても胸が熱くなってしまった
訳なのです。

中でも「信じる道」をがんばり続ける「愛しい人」との再会は
ぼ~としたわたしに「覚悟」することの大切さを改めて気が付かせて
くれた気がします。

「なひや姉妹」の新プロジェクトも、そしてわたし自身も 

星、動き出しました!

# by katachi_web | 2008-05-22 21:38

明日は雨?

先週、突然 ”窯” の温度が上がらない~ っことに!
陶芸は窯が命、大変です。

急遽 大雨の中 窯屋さんに来て頂いたところ
なんと、温度を管理するコントロールパネルの中がまっ黒になるほど
コゲていてさらにびっくり!

最悪の場合、火事になっていたかもしれないとのこと。
あぶなかった、、、(わたしが言うと ちっともあぶない感じがしないと言われますが
これでもそのときはホントに慌ててたのですよーっ)

結局 コントロールパネル全体、さらには炉内のエレメンツ(電熱線)
までを取り替える「大手術」になってしまいました。
でも長年苦楽を共にしてきた 愛着ある窯ですから 修理できるうちは
使いたかったので直ってよかった、ほっとしました。

しかし喜んだのもつかの間
その後2回試してみたものの2回とも1,100℃弱のところで
またまた「エラー」の表示が、、、
(本当は1,250℃くらいまで上がるように設定しています)

う~ん、これはもしや寿命なのか?と思っていたところ
本日、窯屋さんから「新しいパネルは 窯の ”周囲” が熱すぎると
危険を知らせるエラーが出ます」
と教わりました、、、

窯の”周囲”が熱すぎるということは
つまり
窯場、狭すぎ???

確かに
窯とドアの間はわずか10㎝くらい
極小部屋です(下町です)、、、熱くもなります。

きっと、古いパネルの中がコゲていたのも
そのせいだったのでしょう。
判明です。

判明したまではよかったのですが、まだひとつ問題が!
窯場は今 2階の屋外にあります
ドアを開けたまま焼けば、熱くならなずにいいのでしょうが
雨の日は窯に ”雨” 、当たっちゃいます。
なんと言ってもドアから窯まで10㎝ですから(下町です)

問題は、湿度も窯に悪い影響を与えるということ。
窯に雨が直接当たるのは
たぶん、、、、ろ、論外です。

今日の午後、本焼 再スタートしました。
23時間くらい焼く予定です。
明日の予報はまさに雨、、、、
ええい、傘持って窯の前、立ちます!守ります!

っと言う訳で、ワークショップに参加してくださっているみなさま。
本焼が遅れてしまい、ご迷惑をおかけしておりまして
本当に申し訳ありません。
この場を借りて深く深くお詫び申し上げます。
もう少しで焼き上がりますので、もうしばらくおまちくださいませ~m(--)m



# by katachi_web | 2008-04-23 21:30